ラーメンwalkerグランプリ

47都道府県の旨い店を決定する「ラーメンWalkerグランプリ」を2014年も開催!
読者・WEBユーザー、そして百麺人の投票によるガチなランキング。

ラーメンWalkerグランプリ2014 結果発表

お待たせしました!「ラーメンWalkerグランプリ2014」のランキング結果を発表します。
2013年12月31日までにオープンした店舗を対象に、全国・新店・都道府県の各部門で、ユーザーと百麺人の投票によって選ばれた全国屈指の“ウマイ店”を大発表!ラーメンのプロ集団・百麺人たちの熱いコメントと共にお届けします!
※投票期間:2013年10月18日〜2014年5月30日

新店部門 : 総合11位〜30

11位
中華そば 維新商店

神奈川県

金谷 亮佑

神奈川のラーメン界を牽引してきた麺や維新の新ブランドは、醤油を効かせ背脂と鶏油を効果的に重ねたスープとランダムな歯触りの自家製麺が織り成す完成度の高い一杯。 (金谷 亮佑)

金谷 亮佑

主張のあるもちもちの手打ち麺に、鶏ガラながら、パンチのある味わいのスープが合わさる。少し甘味を感じるスープは、ほっとする味わい。ワンタンなども絶品。 (金谷 亮佑)

山本剛志

醤油味で、じんわりとした旨みが広がるスープの中華そばを出す店が横浜駅近くに開店。 (山本剛志

角川

とにかく麺がうまい。ユズ塩やつけ麺なども充実。(公文哲)

12位
店側の都合により店名公表NG

東京23区

角川

生醤油の旨みがストレートに伝わる、雑味のないスープ。細麺は喉ごしが良く、一気にすすり上げると麺に絡む鶏油と共に醤油の香りがフワっと口に広がる。柔らかくも中心に適度な歯応えを残した鶏チャーシューも絶品。(多田恵)/ロックな店主とは対照的な繊細で上品な「らぁめん」。「2号らぁめん」、「塩らぁめん」いずれもスープを最後まで飲み干してしまうほど。まっすぐで正直なストレートな麺、旨味を閉じ込めたチャーシュー、味が染み込んだメンマ。具材のどれもがおいしい!(田口亜弥)

13位
麺絆 英

山形県

はんつ遠藤

東京の『東池袋大勝軒』本店で修業し、地元の鶴岡で独立。つるりとした冷たい麺に、滋味溢れる優しい甘辛酸っぱいつけ汁が合う。途中から「焼き石」を汁に入れれば、再度、熱々に! 朝7時~は「朝らーめん」を提供中。 (はんつ遠藤

阿部崇憲

東池袋大勝軒の系譜を受け継ぐラーメン屋さん。つけめん、ラーメンは、地元産の醤油を使用し、地元の人にも受け入れやすい味にカスタマイズ。山形県では数少ない朝ラーを提供。庄内地方のラーメン屋さんの若手リーダー格としての素養十分。 (阿部崇憲)

渡辺直樹

東池袋大勝軒・山岸一雄氏の薫陶を受けた店主。「地域に愛される店になれ」との教えから、地元鶴岡の素材(醤油等)も使ってラーメンを提供。煮干しをきかせた朝ラー、大勝軒仕込みのつけめん、ともにハイレベル。 (渡辺直樹

角川

本店の味を受け継いだスープや麺はもちろん、酢の卓上サービスや焼き石など本店にはない独自の工夫が光ります。現状の味に満足せずさらに上を目指そうとする店主の並並ではないラーメン愛と、アメニティやトッピングのサービスなどお客さんへの配慮を感じられる店づくりが素敵。(後藤悠里奈)

14位
ストライク軒

大阪府

はんつ遠藤

ふすかけとぬんぽこ店主同志のコラボ店は両者の良さが炸裂。ストライク、シンカーともに秀逸な仕上がりだが、特にシンカーの鶏白湯&蛤風味が超絶凄い。 (はんつ遠藤

田中一明

「ストレート」と「シンカー」。保守と革新の2種類のラーメンを提供する、今、大阪で話題沸騰の新店。中でも「シンカー」は、鶏白湯にハマグリの滋養味を加えた前代未聞の意欲作。このストライク軒が今後、関西圏のラーメンシーンに与える影響の大きさを考えると、期待の武者震いが止まらない。 (田中一明

加藤昌史

鶏白湯にハマグリの「シンカー」と、鶏ガラ醤油の「ストレート」。なんで今まで誰も思いつかなかったのっ? と言いたくなる一杯ですね。 (加藤昌史

組長

醤油(ストレート)塩(シンカー)2種類で勝負されていて、いずれも満足度高し! (組長

角川

2つの人気ラーメン店が2種のラーメンで勝負するコラボ店。やはり安定感のある醤油味のストレートがおすすめ。「いいチューニングしましたね!」といいたくなる味わい。(高田強)

15位
ふくろう

愛知県

憲俊

あっさりみそに絡みを好みで少しずつ溶かしていく。辛さが程良く味噌との相性抜群。店員さんの優しさもグッド! (憲俊

山本剛志

名店「龍上海」出身のご主人が、山形県赤湯の醤油ラーメンと辛味噌ラーメンの味を名古屋へ。ややあっさりした味噌スープに、ニンニクも入った辛味噌の組み合わせが東海地方では初めてのスタイル。 (山本剛志

角川

あっさりしたスープにからみそをとかしながら食べるので味変が楽しめるのが◎(岡本伸幸)/ベースの味噌のスープはあっさり。辛味噌を溶かして味の変化が楽しめる。(森山裕子)

はんつ遠藤

じゅわっと押し寄せる煮干し風味に動物系の旨みがバランス良く覆いかぶさっている! (はんつ遠藤

田中一明

「煮干しラーメンが好きで、いつか地元の栃木で店を出したかった」という店主の夢が、2013年6月、ようやく叶った。煮干しの癖をも個性へと変え、誰しもが煮干しという食材に魅力を感じてもらえるよう、煮干し濃度を変えた3種類のメニューを用意する。 (田中一明

てつやKN

昨年オープンした 煮干しラーメンの専門店。濃さも 限定のhard、 normal、easyと選べます。賽の目に切られたメンマや、刻み玉ねぎが 煮干しスープとの相性もいいです。ファミコン世代の心揺さぶる ドット文字や 替え玉のネーミングにも注目。 (てつやKN

角川

一口目から一杯に広がる煮干しの香りと旨味は、このままスープだけ飲み干したいという衝動に駆られるほどの完成度。(小貫和洋)/あっさりしてると感じる一口目から、箸を進めるごとにコクが増す。食べ終わるのが残念に感じるくらいあとを引く。(木原悠策)

17位
鶏湯ラーメン ばふ。

武蔵野多摩

ZATSU

優しくふくよかな鶏の風味と旨味が口いっぱいに広がった後から貝特有の旨味がやってくる。角がなく淡い味わいながらも香味油の適度なこってり感と貝の旨味で物足りなさを全く感じさせないスープで無化調ならではのキレがあって、メチャクチャ美味しい。 (ZATSU

角川

名前の通り、鶏のうま味を全面に押し出したスープがウリ。なかでも、鶏とろだく麺は、超濃厚&ドロドロのスープながらくどさはなく、麺の味もしっかりと感じられる。バジルの効いたトッピングのチャーシューなど、細部までこだわりが感じられる。(嶌村優)

18位
自家製麺SHIN

神奈川県

金谷 亮佑

本当に美味しい味を追求する店主が生み出す一杯は、麺にフランスパン用粉を配合するなど既成の枠に囚われないスタイルを展開。気さくな接客も魅力です。 (金谷 亮佑)

角川

フランスパン粉を使った麺の食感は最高。(渡辺哲也)

19位
良温 Ra-on

茨城県

はんつ遠藤

「軍鶏脂拉麺(塩)」が秀逸。じっくりと溶け込んだ鶏スープに酔いしれる! (はんつ遠藤

田中一明

店主と客とがカウンターを介して向かい合う距離感を感じさせない空間。「油を提供前に徹底的に排除し、スープ本来の旨味を味わってもらいたい」という店主。そんな言葉の端々に食べ手への配慮がにじみ出る。店主の真摯な姿勢が、足しげく通うリピーターを大量発生させている。 (田中一明

わっちメン

軍鶏脂醤油が美味しいです。さらっとしたスープに鶏の美味しさががつんと詰まっていて、臭みがない良い香りがします。柔らかい軍鶏チャーシューもスープと合って美味しいです。ネギも軍鶏も地元産なのが魅力です。 (わっちメン

角川

カウンター席は店主との距離がとても近く、一対一の真剣勝負をしているかのような程良い緊張感がある。茹で時間激短のパッツン麺・鋭角的なスープともに、攻撃的で荒削りの感じがあり、好みが分かれる。(吉田修)/麺は細ストレートの全粒粉、チャーシューは二種類で弾力のある一枚とホロホロの一枚の対比が面白い。スープは意外と動物感弱めの印象で塩分もほどほどで優しい味。(越智龍二)

20位
あらとんブッチャー

北海道

あらとんのセカンドブランド店。トンコツ専用の特注麺を使っているのがこだわり。濃厚トンコツが食べられる店は珍しいのでは。 (投票コメント)

角川

インパクトのある店名なのに、ラーメンはすごく繊細。(デヴォン山岡)

21位
らー麺 あけどや

千葉県

はんつ遠藤

クリーミーな味噌ラーメンが特に秀逸。マスカルポーネが隠し味に加わっていて、まろやかながら深みのある味噌風味が楽しめる。 (はんつ遠藤

河内優美子

フレッシュなチーズが隠し味だなんてオシャレなお店。ルーツは八千代のパンケさんとの事なのでベースはしっかりした味噌ラーメン。期待度一番星です。 (河内優美子

角川

千葉を代表する味噌ラーメン店の「らーめん パンケ」と「拉麺 阿修羅」の流れをくむ正統派。(馬場毅典)

22位
ハレルヤ HARERUYA

北海道

JUTAN(じゅうたん)

誰からも愛される「やさしさ'優先」の「煮干し中華そば」ワンコインでこのクオリティの高さは「どの世代の」方々にも納得していただけるだろう。 (JUTAN(じゅうたん)

角川

味はもちろんワンコインランチなどのコストパフォーマンスが高いところが魅力。(半田拓馬)/クリアなのに奥深い風味が職人技。ワンコインの至福。(デヴォン山岡)

組長

博多一風堂で19年も豚骨一筋に進んでこられた店主さんの豚骨集大成の逸品が頂けます。潮とんの塩と豚骨の併せ加減が同業の皆さんも唸らせているようです!(笑) (組長

中野耕史

純粋に豚骨の旨さを楽しめる豚骨ラーメン。魚介と豚骨のコラボ「潮とん」や、トマトと豚骨のコラボ「トマとん」も楽しい。基本の味の完成度が高いので、遊びも楽しめるんだろうと思います。 (中野耕史

24位
博多ラーメン よねちゃん 【閉店】

東京23区

髙橋伸太郎

アッサリでサラサラの豚骨スープ。関東ではコッテリでドロドロの豚骨が本場と思われがちだが、実はこれが本場で食べられているもの。この味は関東ではまず食べられない。 (髙橋伸太郎)

25位
つけ麺海鳴 平尾店

福岡県

ハニー

鶏の白湯スープですが、しっかり味のつけダレです。様々な種類があるので行くたびに楽しめる!! (ハニー

角川

オリジナリティ溢れる新感覚なつけ麺に拍手! ほかでは食べられない味だと思う。(森絵里花)/魚介スープのイメージが強い海鳴ですが、鶏を使ったスープ、しかもつけ麺が美味しかったのは衝撃。酸味が絶妙な隠し味になっています。(岩崎洋明)

26位
麺屋KABOちゃん

東京23区

はんつ遠藤

ラーメン好きが昂じて店主になった窪川剛史さん。大山鶏などの鶏スープと、煮干しやサバ、かつおなどの魚介スープを別々に取って合わせる清湯の醤油スープは、懐かしさの中に旨みが泳ぐ。オーブン仕立ての焼豚も香ばしくて美味! (はんつ遠藤

田中貴

年配の方も多い庶民的な商店街に、優しい味わいの中華そばと、店主KABOちゃんの笑顔はあっという間に馴染んだ。中でも、その名の通り数種のスパイスと味噌を合わせた〈スパイシー味噌中華そば〉は、思わず唸ってしまう美味さ。ラーメンのみならず、あらゆる料理を食べ歩く店主ならではのセンスが光る。 (田中貴

角川

ラーメン経験がない元ブロガー店主だが、それを感じさせないレベルの高さ。けっして目新しさはないが、丁寧に旨味を抽出した魚介・鶏ガラのWスープは、最後の一滴まで飲み干したなる。(河合哲治郎)

阿部崇憲

煮干無風区の東根市に登場した無化調煮干ラーメン屋さん。ニボニボスープに力強い太麺で味、量ともに満足。 (阿部崇憲)

渡辺直樹

「煮干し、太麺、大盛り無料」。山形で今売れる味をマーケティングしたようなラーメン。豚肩ロースの大判チャーシューも美味。 (渡辺直樹

角川

煮干しがっつりのラーメンだが、温度管理を徹底して炊いたスープは苦味や臭みがなく、飲みやすい。煮干し好きには物足りないかもですが、煮干し系が苦手な人は煮干しダシラーメンのイメージが変わると思います。(後藤悠里奈)/濃厚な煮干しの香りと、動物系のコクのある味わいが絶妙に合うスープがポイント。(須藤裕子)

はんつ遠藤

どろりと濃厚な鶏白湯ラーメンだが、後味すっきり。平打ち麺もしなやかな仕上がりで、程よくスープを持ち上げる。 (はんつ遠藤

山田香菜子

B`zファン必見。新店にして行列あり。最近好きになった鶏そば、鶏のうまみが良く出ていてクセになる。 (山田香菜子

29位
浜田山

静岡県

はんつ遠藤

魚介スープと豚骨スープのダブルスープが織りなす、上質な旨み。自家製麺も数種類あり、メニューによって組み合わせるこだわりもすごい。 (はんつ遠藤

やいしょー

とにかく美味しいです。魚介豚骨は少し濃いめのスープで重く感じるかもしれませんが、ガッツリ食べたい人は満足できます。また、重いのが苦手な女性には塩ラーメンもお薦めです。替え玉には、ゆで時間を考慮してか細麺を使用するなど、心配りも嬉しく、違った食感も楽しめます。 (やいしょー

山本剛志

東京の人気店「渡なべ」出身で早くも行列店に。魚介豚骨らーめんは力強い味でイチオシ。ややあっさりしつつ、生姜も効かせた醤油ラーメンも味わい深い。 (山本剛志

角川

「東池袋大勝軒」と「渡なべ」で修業した濃厚スープの「魚介豚骨らーめん」は、とろみのある魚介系の醤油スープにタマネギとメンマがアクセント。鶏油が効いた「塩らーめん」も絶品。麺は自家製麺でスープによって変えており、魚介豚骨には中太ストレート麺、塩らーめんは中細ちぢれ麺を使用。どこかイチローに似た店主の熱い人柄もイイ!(田口亜弥)/どの味もご主人の思いが詰まっている。もちろん味も二重丸。穂先メンマの柔らかい食感も良い。(野口珠紀)

30位
らーめんゴルジ

千葉県

はんつ遠藤

ようやく店内もできたが、基本的に屋外でラーメン。その開放感も楽しいが、濃厚だが後味の良いトンコツ醤油背脂系ラーメンもいい。 (はんつ遠藤

百麺人ロッキー

日本で最も猛獣を知り尽くした男が手掛けるラーメンは、野性味溢れるテイスト。地元SPF豚の厳選豚骨スープと、ドンブリいっぱいに覆われたフレッシュな背脂が美味。古代豚のエンテロドンを再現した巨大チャーシューの「ロッキーチャーシュー麺」も美味しい。 (百麺人ロッキー

角川

ちょっと遠方ですが、背脂の最高のうま味を楽しめます。動物の保護施設でもあるので、隣の動物たちも見られ、動物園に遊びに行く感覚で楽しめます。(栗山春香)

最近チェックしたラーメン店

最強ラーメン雑誌

ラーメンWalker

ラーメンWalker2018

2017/9/22(金)第1弾
2017/10/19(木)
2017/11/24(金)
2017/11/25(土)

ご意見をお聞かせください

ご意見ありがとうございました。
いただいたご意見には必ず弊社スタッフが目を通します。個々のご意見にはお返事できないことをあらかじめご了承ください。

返信を希望されるお客さまはコチラ