ラーメンWalker 全国TOP > ラーメンWalkerグランプリ2015 > 結果発表 > 都道府県部門(全国) 北海道・東北エリア

ラーメンwalkerグランプリ

47都道府県の旨い店を決定する「ラーメンWalkerグランプリ」を2015年も開催!
読者・WEBユーザー、そして百麺人の投票によるガチなランキング。

ラーメンWalkerグランプリ2015 結果発表

お待たせしました!「ラーメンWalkerグランプリ2015」のランキング結果を発表します。
2014年12月31日までにオープンした店舗を対象に、全国・新店・都道府県の各部門で、ユーザーと百麺人の投票によって選ばれた全国屈指の“ウマイ店”を大発表!ラーメンのプロ集団・百麺人たちの熱いコメントと共にお届けします!
※投票期間:2014年10月18日〜2015年5月30日

都道府県部門(総合)

北海道・東北

北海道

1位
麺屋 彩未

北海道札幌市豊平区

田中一明

豚骨にフワリと魚介を被せたフルボディのスープは、札幌の名店「すみれ」で修業を重ねた店主が創意工夫の結果、開発された傑作。チャーシューの上に載せられる「おろし生姜」の涼しげな風味がスープの風味をキリリと引き締める。 (田中一明

山本剛志

「すみれ」から暖簾分けされた、実力と名声を併せ持つ店。醤油味。塩味も非凡だが、味噌ラーメンの濃厚な味わいは、師匠にも勝るとも劣らない。北海道のみならず、全国からお客さんが集う名店だが、お客さんが並び始めると早めに店を開けるなど、真摯な姿勢で日々の営業にあたるご主人の姿勢が素晴らしい。 (山本剛志

札幌味噌らーめんのハイエンドモデルを味わいたいならココ。今や北日本最大の行列店であり、札幌らーめん界の不動の四番。味噌のみならず塩も醤油も満足度はかなり高い。(JUTAN)

森さやか

現在の札幌ラーメンを定義づけるような存在感のある一杯。味のブレのなさ。徹底した仕事は、13年通っているが、変わらない安定さを誇る。 (森さやか

あえて、後輩に上位を譲らさせていただきました…という意味で3位に。北海道ナンバーワンの味噌ラーメンであることは確か。店主のラーメンに対する気持ちも、他店から尊敬されるだけある、キングオブ北海道のラーメン店!(北川裕美子)/何度食べてもまた食べたくなる、札幌を代表する味噌ラーメン。豚骨ベースなのに、くどさはなく、ついつい飲み干してしまう一杯。(MARIKA)

2位
men-eiji HIRAGISHI BASE

札幌市豊平区

魚介豚骨が代表作ですが、実はあっさり系らーめん(塩・醤油)がオススメ。特に醤油スープのクオリティの高さはワールドクラス。らーめん店の枠を超えた創造力と先見性で、札幌らーめんシーンを力強くリードしている。(JUTAN)

森さやか

ラーメンに対する探究心の素晴らしさ。自家製麺や新しい味にもチャレンジする若い躍動感あるお店。これからも非常にたのしみ。 (森さやか

札幌・豊平区の超人気店。珍しさの中にも王道があるラーメンの数々は、研究熱心な店主の技の賜物。札幌のラーメン界を盛り上げようと頑張っている姿に脱帽(北川裕美子)

3位
我流麺舞 飛燕

札幌市豊平区

はんつ遠藤

ラーメン激戦区の豊平でも大評判。ラードや挽肉、野菜などを中華鍋で焼いてスープと合わせて煮込む手法ゆえ、コクと奥深さが秀逸。新感覚の札幌塩ラーメンなどが楽しめる。 (はんつ遠藤

素早くトレンドを取り込み、ニーズに合わせた客目線のらーめんで楽しませてくれる同店。注目は留萌産小麦粉「ルルロッソ」を使用した「飛塩」です。(JUTAN)

森さやか

白湯系は非常に増えていますが、その中でもダシの取り方、まろやかさは素晴らしいと思う。 (森さやか

今、札幌の鶏白湯スープのラーメンといえば、ここがはずせない。「飛塩」は、塩味なのに、どこか札幌味噌ラーメンを感じる味わいがあるのがすごい。限定ラーメンにも多くチャレンジしている姿勢も素敵だ。(北川裕美子)/濃厚なのに、無化調でヘルシーでクオリティの高い一杯と言っても過言ではない。どのメニューを食べても失敗しないのも嬉しい。(MARIKA)

4位
らーめん侘助

札幌市東区

森さやか

自家製麺と、スープのバランスの良さ。天然素材を使って、ここまでパンチを出すスープのこだわり。札幌のラーメン業界にも影響力のある一杯。 (森さやか

5位
コクミンショクドウ

北海道札幌市北区

はんつ遠藤

4種類の醤油ラーメンなどを提供するなど、創作的な1杯が味わえる。特に「白」は化学調味料不使用で、鶏で白湯スープを採った後に清湯に仕上げる、手間のかかるスープに、白醤油の爽やかなしょっぱさが活きる。 (はんつ遠藤

一見塩と間違えてしまうほど、美しい黄金色のスープが特徴のしょうゆらーめん白が絶品。鶏の旨味が感じられる優しい味わい。(MARIKA)

6位
麺屋 菜々兵衛

札幌市白石区

繊細で、バランス感覚に優れた万能型らーめん店。自家製麺はもちろんのこと、同店のシンボルともいえる穂先メンマの味わいに、一目惚れ間違いなし。(JUTAN)

はんつ遠藤

あっさりとした魚介系醤油スープに、細い縮れ麺。懐かしさの中に、滋味溢れる味わいが広がっている。 (はんつ遠藤

田中貴

観光客相手の店が多い中、地元の人も「ここは別格」と認める味。甲乙つけがたい塩と醤油のみのメニュー。魚介の香るシンプルなスープにはこれ以外考えられ無いというほど自然にマッチしている麺。近年改装されたが、それを感じさせない佇まい。全てを極端にしないバランスの極み。日本有数の名店だ。 (田中貴

山本剛志

鰹節を中心にした魚介ベースの釧路ラーメンの味を、しっかりと受け継ぐ名店。澄んだ醤油色のスープに縮れ麺が映えた丼を見るだけで食欲をそそられる。 (山本剛志

港町の塩らーめんのステレオタイプなイメージに合致する、透き通った清湯スープが魅力。旨味たっぷりな鰹のスープに若い細ちぢれ麺がベストマッチ。(JUTAN)

8位
麺処 まるは BEYOND

札幌市豊平区

はんつ遠藤

独自の味を追求しだした長谷川さん。ネオクラシカル的な精度の高さが凄いも凄いが、つねに挑戦する姿勢にも敬服する。 (はんつ遠藤

数種の煮干しスープに豊かな香味と豚の旨味が効いた醤油らーめんがオススメ。一見、あっさりな切り口だが、終盤まで飽きさせない充実感をもたらす一杯。(JUTAN)

2014年は新店部門1位に輝いた店。20代の札幌で一番若いと思われる店主が作るラーメンは、若さを感じないしっかりした味わい。これからの味作りにも期待したい(北川裕美子)/父親譲りのセンスが光る一杯に脱帽。先代のレシピは味噌しか残っていなかったというが、あっさりとした塩も魚介の風味が効いた醤油も新店主の色が出ていて抜群に美味しい。(MARIKA)

9位
煮干らぁめん なかじま

札幌市北区

森さやか

煮干し100%のラーメンで、ここまでえぐみの少ないスープはすごいと思う。煮干しにもこだわり、夫婦で営むラーメンは、子どもや家族にも食べさせたい味。 (森さやか

1日限定数が決まっているが、いつも混雑。自分たちが作れるだけ…という無理のない姿勢で作られるラーメンは、安定感もあり、煮干し感のある、子供でも安心して食べられる絶品ラーメン(北川裕美子)

田中貴

豚骨と鯵の丸干しを別々の釜で取るホンモノのWスープに、焦がしラードというクセのある味。現代に新店として出てきても驚きと感動を与えるであろう独創性のある一杯を数十年前から提供していたという奇跡の店。 (田中貴

青森県

山本剛志

「津軽中華そば」を代表する1軒。あっさり・こくにぼのどちらも、煮干スープにかん水控えめの麺がマッチ。店舗により様々な個性も。 (山本剛志

金魚ねぶた

青森の煮干ラーメンを全国に発信すべくさまざまな活動の原動力。お土産ラーメン、カップラーメンにいたるまで青森を代表する店です。 (金魚ねぶた

はんつ遠藤

青森市内に数店舗を構え、全国にファンを増やし続ける。イチオシの「こく煮干し」は表面にギラギラと煮干し粉が輝くほど強烈だが、動物系のコクにフルサポートされ、意外にも爽やか。「あっさり」「つけ」「醤油ラーメン」など豊富なメニューも嬉しい。 (はんつ遠藤

山本剛志

店名通り「平子煮干し」が味の決め手。あっさりの「煮干し中華そば」、こってりの「豚骨煮干しそば」共に煮干しが存分に効いた味。青森の味を受け継ぎつつ新しさも楽しめる。 (山本剛志

金魚ねぶた

煮干に対する情熱、自ら麺を打ち店に立つ。ひとりひとりのお客様と顔の見える経営が、たくさんの方から指示されている。 (金魚ねぶた

はんつ遠藤

店名の如く、ひらこ煮干しなどの旨みが前面に。動物系でコクを加えた濃厚煮干し中華の「とんこつ煮干し(こいくち)」や、すっきりとした「煮干し中華そば(あっさり)」、国産黒豚背脂を合わせた「背脂煮干しそば(せあぶら)」など、どれも秀逸! (はんつ遠藤

田中貴

2002年に初めて訪れた時は、ラーメンの観念が変わったと心底思った。その後何度も訪れているが、毎度煮干全開スープに衝撃を受ける。 (田中貴

山本剛志

煮干しをひたすらに煮出したグレーのスープは煮干しのクセも力も強い。クセになった人がリピートする名店。 (山本剛志

金魚ねぶた

現在の濃い煮干ラーメンのルーツになってる店。ここの味が今の青森のラーメンを広げた。店主のラーメンに対する拘りは門外不出としてるところにも魅力あり。 (金魚ねぶた

家族経営で長年煮干しスープの味を守ってきたこだわりに注目!荒削りの煮干しスープは、濃厚の一言。スープだけでなく、メンマも絶品!(土井祐希)

4位
つけそば なりや

青森市

5位
○大しらはる

青森市

山本剛志

あっさりで魚介系を強く効かせた「煮干しラーメン」と、鴨白湯ベースの「つけ麺」。どちらも美味しくて満足できる一品。 (山本剛志

6位
みそラーメンの峰

弘前市

津軽味噌ラーメンの老舗。生姜が効いた甘目のスープは、今までに味わったことがない味わい! 野菜がタップリ入っているのも魅力。(土井祐希)

6位
原食堂

青森市

金魚ねぶた

こっそり佇む町の食堂ですが、ラーメンが定評あり。人気は天ぷら中華です。海老天があっさり煮干スープと融合します。スープカレーラーメンもおすすめ。 (金魚ねぶた

昔ながらのさっぱりとした中華そばが人気の老舗。シンプルなエビ天もおいしい。(土井祐希)

田中貴

青森出身の元宝塚男役で百麺人でもあった凜華せらさんに教えてもらった店。キリッと煮干しが立ったスープ、細平打で柔らかめの自家製麺。美味でごさいます。 (田中貴

8位
丸山らーめん

青森県五所川原市

金魚ねぶた

ラーショからさまざまなラーメンをつくる中で、試行錯誤しながら納得いくラーメンができた。繁盛店を切り盛りする家族のサービスも評価あり。 (金魚ねぶた

9位
青森大勝軒

青森市

金魚ねぶた

大勝軒で師匠の足を、ここ青森で広げるとともに味噌・煮干やオリジナルにも指示を得ている。特に青森にんにくを使ったカップラーメンが開発された。 (金魚ねぶた

秋田県

1位
中華そば 一球

秋田市

77

自らを煮干狩人と名乗る店主の細部にまでこだわる魂の一杯。秋田県で煮干の「極」と称されるラーメンは開店から1年で秋田の中心部で行列を作る大人気店に! (77

2位
NOODLE SHOP KOUMITEI

秋田県横手市

77

洋食屋ならではの技術をラーメンに注ぎ込んだ秋田の既存のラーメン店には無かった一杯はフリークはもちろんライトなラーメンファンを虜に。お店の雰囲気も抜群に良くデートにもお勧めのお店! (77

77

麺ありきというこだわりの自家製麺に無化調の素晴らしいスープ。優しさ溢れる店内の心地良さにリピーターが相次ぐ! (77

4位
RAMEN MOSH

大仙市

田中一明

2012年のオープン以来、めきめきと実力を上げ、今では県内有数の人気店にまで上り詰めた。豚骨を筆頭に、動物系の重厚な旨みが終始一貫、丼を支配。魚粉で徐々に魚介成分がスープに浸透していくサマが面白い。 (田中一明

77

無骨なまでにレギュラーメニューにこだわるMOSHはいつ何時もブレることの無い濃厚スープを求め今日もDIVE!ロックテイストな夫婦が営む店内の独特な雰囲気も人気のアクセント。 (77

はんつ遠藤

黒を基調としたシックな店内に意気込みを感じる。継ぎ足しの濃厚スープは、意外にもバランスと爽やかさが活きる。「ラーメンも料理」と捉え、化学調味料を使用しないこだわりもいい。カネジン直送の麺も、スープとの一体感あり (はんつ遠藤

5位
自家製麺 伊藤

秋田県仙北市

山本剛志

煮干しを存分に効かせた澄んだ醤油味。パツパツの自家製細麺が印象に残る。長期休業からの復活で、角館にまた煮干しが強く薫る。 (山本剛志

はんつ遠藤

祝復活!世界各国を旅行してきたご主人による1杯は、さらに個性的というか、まるでゴムのような独特の麺に、煮干しがぶわっと効いた醤油スープに。 (はんつ遠藤

6位
マルタマ

横手市

山本剛志

「元祖十文字中華そば」を掲げる老舗。蕎麦っぽさも感じる細縮れ中華麺が和出汁のきいたスープとマッチ。お麩に染みたスープを味わうのも楽しい。 (山本剛志

田中貴

夏に行くなら名前からして涼しげな「冷っこい(ひゃっこい)中華」もおすすめ。 (田中貴

7位
トラガス

湯沢市

田中一明

看板メニューである「みそらーめん」は、修業先のひとつである都内の人気店「ど・みそ」の味を、創意工夫によりブラッシュアップ。圧倒的なコクと旨みを有する味噌の存在感に、味噌ラーメンに対する概念が覆されること必至だ。 (田中一明

77

味噌ラーメンにこだわりを持つ大行列を作り出す県内屈指の人気店。突発的な限定メニューやハイセンスな店内装飾、県内屈指のインパクトを持つ店主にも注目! (77

8位
中華そばde小松

秋田県大仙市

77

昨年春、突如現れた淡麗系の大本命。鶏の優しいスープはまさにうっとり!週末は池袋hululu謹製の限定麺使用でそちらも大人気! (77

9位
らーめん 萬亀

秋田市

田中一明

秋田ラーメンシーンに旋風を巻き起こす風雲児。「つけめん」「油そば」などのガッツリ系メニューの人気が特に高く、太めの麺を用い、カエシの味にエッジを利かせるなど、要所を押さえた味わいに常連が量産されている。 (田中一明

77

進化を続ける若き店主が奮闘の秋田を代表する大人気店。隙の無いその一杯に中毒者続出! (77

山本剛志

煮干しの味わいを感じる中華そば、塩、味噌それぞれにファンがいる。昼のみ営業ながら行列もできる人気店。 (山本剛志

77

県外にも根強いファンを持つ秋田県北部の実力店。香ばしさと酸味が繰り出すそのスープは1度食べるとその虜に。何百キロ離れていようと恋しくなるラーメン! (77

山形県

1位
赤湯ラーメン 龍上海 本店

山形県南陽市

はんつ遠藤

辛みそを徐々に溶かせば、次第に辛さが増していく。青海苔も良いアクセントになっている。 (はんつ遠藤

山本剛志

歴史ある店から生まれた「辛味噌ラーメン」。赤い辛味噌はニンニクと唐辛子で結構辛いので、スープに溶きながら適度な辛さで楽しむ。太縮れ麺も食べごたえあり。 (山本剛志

2位
旅館 琴平荘 中華そば処

山形県鶴岡市

はんつ遠藤

旅館の大広間で味わう1杯は、もはや殿堂入り的存在。「中華そば」というネーミング゙がぴったりの1杯は動物系と魚介系のバランスがとても良く、シンプルで飽きの来ない味ながら、ややしょっぱめ&熱々ぶりでとても印象に残るスープ。自家製の細い多加水手もみ縮れ麺もぴったり。 (はんつ遠藤

田中一明

荒ぶる日本海を借景とした旅館の一画で、期間限定で提供される幻のラーメン。魚介を主役、鶏を準主役に据えたスープの旨味は、無意識のうちに喉元に吸い込まれていくように感じるほど、徹底的にナチュラル。 (田中一明

山本剛志

ラーメン好きの旅館の主が、秋から春にかけて、昼限定で中華そば屋を開業。大広間で食べる中華そばは、庄内に広まるラーメンのスタイルをしっかり感じる、あっさりしたスープを自家製中太縮れ麺で勢いよく啜れる。 (山本剛志

田中貴

ここの他、本店、ルーツの店を含めて食べ歩きたくなったほど魅力的なラーメン。そして遂に2015年秋、山形ライブ&ラーメンツアーを決行! (田中貴

動物と魚介のバランスの良いスープ。余分な脂を落としたあっさりとした背脂が程良いコクを加えている。数種類の小麦粉をブレンドしているという、こだわりの力強い自家製麺は食べ応えがある。(多田恵)/強い歯ごたえの極太自家製麺、強烈な煮干しのスープ、トッピング、店主のお人柄、全てが魅力!(後藤悠里奈)

4位
麺武者

山形県新庄市

山本剛志

東京の名店で修業したご主人によるニューウェーブ店。魚介系と動物系をブレンドしたスープは口当たりがまろやかで、不自然な旨みも感じない。 (山本剛志

5位
麺辰

山形県山形市

はんつ遠藤

自家製麺の真剣さが、鶏中華や担々麺など様々なメニューに映える。座敷や個室まであり、広々として、家族連れでもゆったり。 (はんつ遠藤

田中一明

店主は、ラーメンのためなら寝食すら惜しむ職人の鑑。「中華そば」「担々麺」などのベーシックなメニューの完成度も高いが、数量限定で提供される「とっつぁんらーめん」のスープから抽出される煮干しエキスの旨みの詰まり具合は、県内屈指。 (田中一明

7位
拉麺二段

山形県長井市

はんつ遠藤

ほんのり甘めの動物系スープに煮干しがガンガンに効いている男煮干ラーメンがイチオシ。煮干し油も作って合わせている。プリプリとした自家製縮れ麺もいい。まさしく男気溢れるラーメンが楽しめる。 (はんつ遠藤

8位
麺絆 英

山形県鶴岡市

ラーメンに馴染んだ山形県民でも受け入れやすいつけ麺。少し酸味のあるスープなど大勝軒の特徴をそのままに、地元産の醤油を使用することで「山形の味」に昇華させている。(多田恵)/のど越しのいい麺と、甘みのあるつけダレが相性抜群。店主が新メニュー開発に向ける熱意も並々でなく、今後も期待。(後藤悠里奈)

10位
いさご食堂

山形県山形市

まさに「昔ながらの一杯」。あっさりながらもコクがある鶏ダシのスープが絶品。(後藤悠里奈)

10位
栄屋本店

山形県山形市

冷しらーめんの先駆け。キリッと冷えたスープは、カツオ節や昆布の優しい味わいをベースに丸みのある味わい。丁寧にとった牛のダシがやみつきにするようなコクをプラスしている。(多田恵)

岩手県

1位
柳家 本店

盛岡市

田中一明

「キムチ納豆ラーメン」で有名な同店は、近隣県にも支店を展開させる破竹の勢い。特製納豆味噌がインパクトを放つ1杯は、大粒の納豆と味噌の組合せが、ラーメンの新たな在り方を提案。自家製麺とスープの相性も抜群。 (田中一明

岩手のラーメンと言えば柳家。「ナニコレ珍百景」でも紹介されたレアチーズキムチ納豆は絶対的おススメ。食べれば食べるほど病みつきになります。(明酒香)

はんつ遠藤

特製納豆味噌の香りとキムチの甘辛酸っぱい風味が絶妙な「キムチ納豆」がイチオシ。玉子&豚もやし炒めも載り、豪快なる味わい。 (はんつ遠藤

田中貴

キワモノとしか言いようのないキムチ納豆ラーメンを定着させたという驚きの店。自家製麺に使う小麦も自社農場で育てるというのも驚き。 (田中貴

2位
中河

盛岡市

田中一明

盛岡屈指の名店は、創業以来、中華そば1本で勝負。鶏ガラベースのスープの旨味は深遠で、節の香味と相まって、食べ進めるにつれコクが増幅。細麺とスープが、仲睦まじい夫婦のような相性を誇る「死角なし」の名作。 (田中一明

はんつ遠藤

じんわりと優しさ溢れる醤油スープに、これまた優しさ溢れる女性スタッフたち。潔いほどにシンプルだが、何度もリピートしたくなる凄さが溶け込んでいる。 (はんつ遠藤

田中貴

美しい。ラーメンにも店内にも無駄な物が一切ない。ここには必要なものしか存在しないのだ。 (田中貴

激辛好きなら誰もが行ったことあるであろう路山。オープン当初よりは辛さは控え目になってはいるけども、メニューの豊富さと美味さは変わらず。どのラーメンにもミニライスが無料で付きます。(明酒香)

4位
好誠

岩手県盛岡市

柳家系列の中でも、まったくジャンルの違う店舗と言ってもいいのではないだろうか。煮干しの濃厚スープは絶品。麺は太麺、細麺が選べ、文句なしに美味い!病みつき度は高く、高頻度で通うファンが多い。(明酒香)

5位
らーめんの千草

久慈市

はんつ遠藤

あっさりとした鶏ベースのスープは滋味溢れるという表現がぴったり。細めのちりちりとした柔らかい麺との相性も抜群。気が付けばスープまで完飲しているほど。 (はんつ遠藤

6位
二代目正太郎

岩手県盛岡市

本店である正太郎よりも好きなスープ。同じメニューではあるが、若干違いがある。激辛ラーメンの鬼平10丁目が大好きでよく食べるが、どちらも美味しいけども、どちらかというと二代目正太郎のスープの方がスープ感があって好み。中華そば系も絶品。(明酒香)

7位
たらふく

宮古市

田中一明

透明度の高い魚介スープの中を、縮れが強い太麺が所狭しと泳ぐビジュアルは、一目ぼれしてしまいそうな優美なフォルム。麺を啜り上げると、イリコの鮮烈な旨味を載せたスープが口を伝い、至福の境地を約束。 (田中一明

あっさり系が食べたいときに行くお店のひとつ。店主のきまぐれ期間限定で復活した麻婆ラーメンは、麻婆好きの私の中のランキング上位に入った。枝豆豆腐を使っているのがポイントだ。透き通ったトロトロスープも病みつきになる。(明酒香)

本当ならば1位にしたいお店。が、ここを1位にすると毎年1位になってしまうので、あえての6位で。本場の長浜ラーメンを食べたことはないが、それはさておき、盛岡人の舌をうならせている。飲み屋が建ち並ぶ繁華街にあるということもあり、営業は夜のみ。連日行列だ。とにかく、丁寧に作られたスープが絶品。麺の茹で加減も抜群。今ではトッピングも充実している。(明酒香)

10位
直利庵

盛岡市

田中一明

「中華そば」も提供する、わんこそばの名店。鶏ガラをベースに蕎麦ダシを加えたスープは、一般的なラーメンのスープとは一線を画した節ベースの分厚い甘味が光る。スープを受け止める細めの縮れ麺の食感も秀逸。 (田中一明

はんつ遠藤

わんこそばが人気のそば店だが、中華そばも秀逸。懐かしき味わいの醤油スープに癒される。 (はんつ遠藤

田中貴

お蕎麦屋さんの中華そばの最高峰。そばつゆのようなあっさりとしたスープが、チャーシューの脂が溶け出すことによってラーメンに様変わりするのだ! (田中貴

10位
白龍 

盛岡市

田中一明

盛岡ご当地麺のひとつである「じゃじゃ麺」の元祖。きしめんのような平打ち麺に肉味噌、刻みきゅうりを絡めていただく1杯は、素朴ながらも淡い味噌の芳香がフックとなって箸を持つ手が止まらない。 (田中一明

はんつ遠藤

ラーメンなのかという話もあるが、ラーメンWalkerに載っているので。うどんのような、じゃじゃ麺は独特の肉味噌が合う。チータンタンもオススメ (はんつ遠藤

宮城県

1位
麺組 【移転】

宮城県岩沼市

はんつ遠藤

イチオシの「しょうゆ」は見ただけで美味しさが押し寄せてくる。ふわりと沸き立つ湯気とともに、魚介の香ばしい匂いが伝わってくる。ベースの動物系に覆いかぶさるように映える魚介テイスト、そして硬めでのど越しの良い細麺。完成度が高すぎるほど高い1杯。 (はんつ遠藤

田中一明

創業以来、一貫して宮城ラーメンシーンのトップを独走。鶏ガラと魚介が交錯し旨味の黄金律を描き出すスープは透明度が高く、素材の華やかな香りが鼻腔を心地良く刺激。シコッとした弾力性豊かな麺の評判も名高い。 (田中一明

山本剛志

醤油ラーメンは魚介の味がじんわりと伝わり、味噌ラーメンは味噌の甘みをトッピングした辛味が引き締める。限定もハイレベルなので要チェック。 (山本剛志

gaiahiro

煮干と鶏ガラが絶妙のコンビネーションわ、しなやかさと食べ応えを両立した麺が見事(^-^) (gaiahiro

醤油、味噌、塩、いずれもバランスよいですね。自家製麺になってから、さらにポテンシャルがあがった感があります。まず間違いのないラーメン店です。店主・沼田さんのラーメンへ取り組むマジメな姿勢にも脱帽です。宮城ナンバーワンの麺匠です。(板元義和)/全国各地から取り寄せた鶏、豚、魚貝の厳選資材を丹念に煮出し、素材のうま味を最大限に引き出したスープで宮城ラーメン界をけん引する。複数の種類を使い重層的に味を構築したスープと、粉から厳選した自家製麺が見事に融合し、懐かしくも洗練された味わい。 (近松優季) 

2位
中華そば 嘉一

仙台市青葉区

山本剛志

店主は岩手県久慈市の「千草」で修業、鶏だけのスープはじんわりと奥深い。鶏油がかけられチャーシューも鶏。鶏づくしで後を引く一杯を。 (山本剛志

gaiahiro

神々しいほどに”鶏どり”しく香りたつスープ。週一でも行きたくなる珠玉の一杯。 (gaiahiro

3位
らーめん 本竈

宮城県仙台市宮城野区

はんつ遠藤

ゲンコツ、地鶏、節類など豊富で安全な食材を用いたスープは絶品。特に「塩味」は内モンゴル産の塩がやさしく伝わってくる。海老ワンタンもぷるぷるで美味。 (はんつ遠藤

山本剛志

魚介系が効いてあっさりした醤油・塩味がメインだが、辛さが苦手でない人ならば担々麺も試してみてほしい。 (山本剛志

透き通った黄金色のスープは魚介系をベースにした和風出汁で、豚、鶏のうま味とコクとのバランスがよい。麺は低加水の中細ストレート麺で、スープとの絡みが良好。自家製のワンタンは柔らかい皮に丸ごと包まれたプリプリの海老が単品で注文したくなるほどおいしい。(近松優季)

4位
杉のや

宮城県名取市

田中一明

大海の王様「鯛」を駆使したスープは、着丼した瞬間から魚介の芳香が宙を舞い、食べ手の食欲を無尽蔵に刺激。「鯛めし」に残ったスープをぶっ掛けて、茶漬けとしていただくと、優雅な鯛の二重奏が堪能できる。 (田中一明

タイだしの上品なラーメンと細麺の丹精なラーメン。いつ食べても安心して味わえる澄んだスープで、魚ダシのうまさが存分に楽しめます。(板元義和)

5位
麺匠ぼんてん

仙台市宮城野区

山本剛志

素材の旨みを引き出して滋味あふれるスープが人気。あっさりした醤油・塩味、鶏白湯もある。 (山本剛志

gaiahiro

醤油の旨味、塩味が引き立ったスープ。中太麺との絡み具合が絶品(^-^) (gaiahiro

6位
五福星

仙台市泉区

はんつ遠藤

醤油が香るスープに、つるりとしたシルク入りの自家製麺などラーメン自体が美味なのはもちろん、心あたたまるご夫婦の接客も見事。震災ではボランティアに一生懸命、イベントにも積極的と、熱き心が映える。 (はんつ遠藤

山本剛志

自然な旨みを集めたスープに滑らかな麺をベースに、様々の味を楽しめる名店。いつ行っても丁寧な接客で、店員一人一人が自在に、的確に動いている。 (山本剛志

gaiahiro

醤油の甘い香りがほんのりと香る。魚介&動物系の出汁と醤油のコクが凝縮されたスープ。コシのあるしっかりとした麺。胃袋他五感を満足されてくれた一杯(^-^) (gaiahiro

時々、五福星の肉そばやつけ麺が無性に食べたくなります。無化調ながら、インパクトのある個性的味を、高いレベルで出し続けています。店主の早坂さんの人柄もあって、魅力的なラーメン店になっています。宮城で一度は食べなければいけない店でしょう。(板元義和)/スープのベースは豚骨に生姜、煮干に節のダブルスープで、麺は強いコシと安全性を合わせ持つ店主開発のシルク麺。シルクを練り込んだ麺はツルツルのモチモチで、食感ものど越しも心地よいうえに、体のことも考慮した「食事」としてのラーメンに心温まる。(近松優季)

7位
麺 密くろ

宮城県仙台市青葉区

7位
満月 定禅寺通店

宮城県仙台市青葉区

山形県酒田を代表する「満月」の2号店。酒田ラーメン自体の県外進出が初めてということで、大きな注目を集めた。スープは淡麗で、煮干し×鶏ガラがベース。自慢の自家製麺との相性も◎。芸術的な薄さともいえるワンタンは、つるん、とろんと、薄絹のように滑らかな口当たりで、バランスのとれた1杯。(近松優季)

9位
麺や遊大

黒川郡

はんつ遠藤

気が付けばもう3年。鶏ガラ主体で豚骨も用いたとろみの良い白湯スープは、タレに白醤油や塩、昆布などを用い、味に深みが。しょうが風味も絶妙だ。手間のかかった鶏チャーシューや、たっぷり野菜などのトッピング、サイドメニューの鶏から揚げにもこだわる。 (はんつ遠藤

10位
麺房 大喜

仙台市太白区

福島県

1位
麺処 若武者

福島県二本松市

田中一明

福島ラーメンシーンを盛り立てる若手店主の代表格。提供するラーメンも、既成の枠にとらわれない天衣無縫の発想が活かされる。中でも、冬季に提供される限定メニュー「極上上湯麺」は、中華の手法を応用して創られた上湯スープの旨みが底なし。 (田中一明

山本剛志

中華料理店で修業したご主人がラーメン・つけ麺にも全力を注ぐ。限定メニューもしばしば登場する。福島のラーメンを盛り上げるべく活動し、時にはアメリカでラーメンを作る事も。 (山本剛志

高橋わな美

「青森シャモロック」シリーズは国内外から厳選した様々な食材から篤と旨味を抽出、麺も?油と塩で異なる物を使い分けるなど尋常でないこだわりで作られた看板メニュー。福島県産食材に拘った「福島鶏白湯」は国内はおろか海外のイベントでも軒並み売上一位を獲得。また他のラーメン店や地元酒蔵とのコラボメニューの開発など「ラーメンで福島を発信」を信念とし、高品質で革新的なメニューを世界に向け展開しつづけている。 (高橋わな美

はんつ遠藤

千葉や東京の中華料理店で修業を積んだ店主が、地元でオープン。僕のイチオシは担々麺。動物系の清湯あっさりスープに、自家製の芝麻醤や自家製ラー油。具にカシューナッツ、ザーサイ、芽菜などが刻まれており、四川料理的味わいがいい。 (はんつ遠藤

2位
はせ川

喜多方市

田中一明

徹底的に鶏にこだわり、啜った瞬間に鶏感がダイレクトに感じられるスープ。これが、『はせ川』を喜多方屈指の名店にまで押し上げた、最大にして最強の武器だ。日曜限定で暖簾を黒に変えて営業する「黒はせ川」の人気も上々。 (田中一明

3位
とら食堂

白河市

山本剛志

白河ラーメンを代表する名店。青竹打ちで仕上げた自家製麺は、コシを感じながらふんわりとした喉ごしも。すっきりしながらじんわりと広がるスープには、鶏と豚の旨みを持つ。県内を中心に関東にも出身者を多く輩出している。 (山本剛志

はんつ遠藤

白河ラーメンの元祖。自家製の手打ち麺の独特の食感、透き通る醤油スープの潔さ、そして正真正銘の焼き豚など、威厳すら感じる堂々たる1杯を堪能できる。 (はんつ遠藤

4位
らぁめん たけや

福島県福島市

高橋わな美

2013年オープン。無添加を金看板とし、鶏の滋味溢れる淡麗スープと、それにじわりと味わいを加味する特製チャーシュー、低加水の細麺でまとめあげた端正なラーメンを提供する。竹林を意識したという美しい盛り付けや、店内の古めかしくも静謐な雰囲気が繊細なラーメンとマッチしておりなんとも言えない居心地の良さがある。軽やかで香ばしい「やきめし」も要チェック。 (高橋わな美

無化調ながら、旨味あふれる醤油スープは完成度高し。鶏油をアクセントにし、魅惑の味を出す。羽田製麺の極上の麺との相性もよい。(板元義和)

5位
自家製麺くをん

福島市

高橋わな美

山盛り野菜の濃厚ガッツリ系をはじめ、辛味の効いた爆盛りつけ麺、追いカツオと極太ちぢれ麺が印象的な中華そば、強烈な脂と濃度でギリギリの線を攻めるジャンク系混ぜソバなど、県内随一のパワフルなメニューを展開する。若者にも絶大な人気を誇り、はっちゃけた雰囲気の反面、レギュラーメニューの日々のブラッシュアップや、一風変わった限定創作メニューの開発など、味の向上とお客を楽しませるサービスに余念がない。 (高橋わな美

はんつ遠藤

福島「えなみ」の2号店。「クラシカルを目指す」とシンプルに構成された1杯だが、自家製の極太手もみ縮れ麺や、とんこつや煮干しなどと油の効いた醤油スープは圧倒的な存在感あり。チャーシューも分厚くて大満足。 (はんつ遠藤

6位
HOME

福島市

7位
坂内食堂

喜多方市

山本剛志

チェーン店「坂内小法師」と提携しているが、この店は醤油の味付けが薄く、あっさりしたスープをしっかりと楽しめる。チェーン店で食べた人もこちらで食べてほしい。太麺にバラチャーシューも魅力あり。 (山本剛志

高橋わな美

喜多方ラーメンを代表する言わずと知れた名店。モチモチ食感と確かな甘みを感じる多加水麺、柔らかくジューシーな自家製チャーシュー、絶妙な強さの塩味スープ。食べ応えもたっぷりで、いつまでも食べていたいと感じてしまう。本家ならではの圧巻のクオリティ。 (高橋わな美

田中貴

朝7時の開店とともに、朝日が差し込む店内で啜る一杯は感動もの。 (田中貴

7位
あじ庵食堂 【移転】

福島県喜多方市

9位
喜一

喜多方市

朝ラーから行列ができる人気店。まろやかな塩、コクのある醤油、いずれも滋味深い味。喜多方ラーメンのもちもち多加水麺は健在ながら、スープは他の追随を許さない極上の味。(板元義和)

はんつ遠藤

もちろん化学調味料不使用。芳醇な醤油スープに、ぷるるんとした縮れ麺が高レベルでタッグを組んでいる。 (はんつ遠藤

10位
たなつものSHOKUDOU

福島県福島市

山本剛志

熟成肉や無農薬の玄米など、自然が育てた食物をいただけるレストラン。稲庭中華そばを使ったラーメンも、もちろん無化調で自然素材から作り上げた一杯。 (山本剛志

高橋わな美

オーガニックを根幹に、栄養バランスと伝統製法にこだわり抜いた美しいラーメンを提供、女性にも人気を誇る。素材は契約農家から仕入れた高品質な物を使用、それらの旨味をフルに引き出すシェフの技量で、弾けるような新鮮野菜の甘みなど、食材の新たな味覚に気付かされるはず。麺は秋田稲庭伝統製法の喉越し艶やかな乾麺に、自社ブランドのたなつものオイルを配合した香り豊かな特別製。 (高橋わな美

情報提供お待ちしてます!

お気に入りのラーメン店を掲載してほしい!!
開店したばかりのラーメン店を知っている!!
そんなラーメン情報を教えてください

未掲載店・新店情報・その他情報提供

最近チェックしたラーメン店

最強ラーメン雑誌

ラーメンWalker

ラーメンWalker2018

2017/9/22(金)第1弾
2017/10/19(木)
2017/11/24(金)
2017/11/25(土)

ご意見をお聞かせください

ご意見ありがとうございました。
いただいたご意見には必ず弊社スタッフが目を通します。個々のご意見にはお返事できないことをあらかじめご了承ください。

返信を希望されるお客さまはコチラ