ラーメンwalkerグランプリ

47都道府県の旨い店を決定する「ラーメンWalkerグランプリ」を2015年も開催!
読者・WEBユーザー、そして百麺人の投票によるガチなランキング。

ラーメンWalkerグランプリ2015 結果発表

お待たせしました!「ラーメンWalkerグランプリ2015」のランキング結果を発表します。
2014年12月31日までにオープンした店舗を対象に、全国・新店・都道府県の各部門で、ユーザーと百麺人の投票によって選ばれた全国屈指の“ウマイ店”を大発表!ラーメンのプロ集団・百麺人たちの熱いコメントと共にお届けします!
※投票期間:2014年10月18日〜2015年5月30日

新店部門 : 総合1位〜10

山本剛志

町田の人気店「進化」が駅前に支店を出店。「鯵煮干塩そば」など、本店にはないメニューで個性を発揮している。 (山本剛志

蹄和行

町田を代表する塩の名店が繰り出した大注目の支店。本店とは違うアプローチが随所に見られるが、個人的には「淡口醤油らーめん」の岩海苔やアオサの使い方が印象に残った。より駅近となった行きやすさもマル。 (蹄和行

人気店の支店が繰り出す新たなラーメン「鯵煮干の塩そば」が絶品。本店は塩味が人気で、それをさらに進化させたラーメンが味わえる。ベースのスープに、長崎県産のアジのうま味をプラス。ワサビを加えると途中で味の変化も楽しめる。(嶌村優)          シンプルだが単なる“あっさり”ではなく、しっかりとしたコクがあって素晴らしい。まろやかな塩の味わいやパッツリと歯切れのいい麺も旨く、完成度が非常に高い塩ラーメン(折笠隆)

2位
アンタイ NOODLES

武蔵野多摩

蹄和行

JR青梅線・中神駅のほど近くにオープンしたお店。鶏の旨味を魚介の風味で優しく包み込むような、琥珀色の美しいスープが絶品。全体のバランス感が素晴らしい。 (蹄和行

バランスのとれた醤油ラーメンが人気。鶏清湯、豚骨、魚介のトリプルスープは、最後に入れる煮干し油で調整。トッピングのこだわりの豚と鶏のチャーシューは、店主の丁寧な仕事が光る。喉ごしのいい麺と、スープ、具、麺のバランスを考えた究極の一杯。(嶌村優)        煮干し油がふわり香りつつも、飲めば動物系の旨味がしっかり効いたトリプルスープ。麺はもちろん、チャーシューや具のネギに至るまで、丁寧な仕事が光る(折笠隆)

3位
中華そば 葉山

東京23区

山本剛志

山形県庄内地方出身のご主人が独学で地元の味をイメージ。自家製麺は、茹でる直前に青竹打ちを加えて力強さと滑らかさを同居させている。 (山本剛志

松本桂汰

2014年に最も衝撃を受けたお店のひとつが、牛込柳町にお店を構える「葉山」。オーダーが入るごとに青竹で踏まれる喉越し豊かな麺と、別々の鍋で抽出された無数のスープを直前で合わせて完成させるその一杯は、新店とは思えない、まさに他に類を見ない味わい。店主の人柄含めてオススメです。 (松本桂汰

注文ごとに青竹で踏み、さらに手揉みするちぢれ麺のプリプリの食感でたまりません! 3つの小鍋+αを駆使して味を作り上げるこだわりのスープとの相性も抜群。この仕上がりが完全に独学だというのだから驚き。優しくも重厚な旨味が押し寄せる一杯です!(近松優季)

4位
ラーメン 巌哲

東京23区

山本剛志

大阪の名店「麺哲」出身のご主人。澄んだスープが味わい深い「醤油」、鮪をスープでソテーした味がクセになる「鮪塩」を始め、豊富なメニューのどれもがハイレベル。 (山本剛志

5位

北海道

森さやか

清湯・白湯、2種類を使い分ける鶏スープの新星。これからの季節限定メニューも注目している (森さやか

とにかく鶏のスープが絶品。白湯はクリーミーで、清湯はコクを残しながらもすっきり。とにかく「鶏」にこだわってるのも魅力。麺作りにも気合が入ってる店主もすごいと思います。(北川裕美子)/新得地鶏を使用した旨味たっぷりのスープは、こだわりの醤油と絶妙にマッチしていて丁寧な下ごしらえが感じられる一杯。トッピングの鶏がたっぷりなのも嬉しい。(MARIKA)

6位
濃麺 海月

千葉県

百麺人ロッキー

店主の北村さんは県内の有名店「まるは」で店長を任されてきた方。活火山のマグマの如く限界まで煮込まれた煮干濃麺HVは、固めに茹でられた麺との相性がヘビメタ級ナイス。ライブハウスみたいな厨房と客席とのタイトな一体感が海月の大きな魅力。 (百麺人ロッキー

村田智宏

あの濃厚ハイブリットスープはぜひ味わてください!衝撃です! (村田智宏

「麺屋あらき」「らーめん処 ○は」の人気店で修業した店主が、濃厚な創作ラーメンを提供する。3種の煮干しを駆使するなど、テクニック豊富。(大高利文)

7位
製麺rabo

東京23区

田中貴

支那そば、中華そば、らーめんとメニューに三種あるのは店主一流の冗談かと思いきや、それぞれ別のスープを使った全く味わいの違う一杯。あっさり魚出汁の支那そば、丸鷄を贅沢に使った中華そば、動物系と魚介の濃厚ならーめんと、実際食べると、それぞれその名に相応しい味。そしてどれもが抜群にウマい。素晴らしい! (田中貴

松本桂汰

初台の名店「嗟哉」の元店主が充電期間を経て新たに勝負をかける「製麺rabo」。淡麗系のルックスからは想像ができないほど鶏の旨味が濃縮された珠玉の醤油スープと、別棟の製麺室で毎日打たれる極上麺はまさに至極の味わい。夜はゆっくりと飲めるのも嬉しい。 (松本桂汰

8位
らぅめん 愛ごや

愛知県

はんつ遠藤

春日井の名店『ありがた屋』から独立。一見、濃厚に思える白濁スープは、トンコツスープよりも魚介系スープを多く合わせるため、後味すっきり。麺も自家製にこだわる。半円型の珍しき器も楽しい。 (はんつ遠藤

たいこ

デュラム小麦を使ったと言う麺は、ラーメンとして太めの平打ち。歯応え良くブツッと切れ、らーめんが麺を食べる料理だと改めて楽しませてくれます。 (たいこ

有名麺学校出身だが、自家製麺、無化調に取り組む意欲的な姿勢は素晴らしい。(江本博文)

かつき

豚骨のまぜそばって珍しい!トッピングが何種類もあり自分だけの1杯を見つけたい! (かつき

横山太一

こってりを追求した一杯。これでもかというくらい麺に絡む超濃厚スープは破壊力抜群。がっつり食べたい時はいつもここに来ます。小僧と小娘のチャーミングな人柄も魅力たっぷりです。 (横山太一

10位
らーめん 大木

東京23区

山形牛の甘味と旨味がじっくりと引き出された繊細なスープと、プリプリの麺の相性抜群。(多田恵)

10位
竹末東京プレミアム

東京23区

栃木の名店が東京に進出。L字型のカウンターでは店主が目の前でラーメンを作り上げる“ライブ感”が楽しめる。店主のロックな装いとは真逆の洗練されたスープは滋味深く丁寧な一杯。(穐本みゆき)

九州の有名店で修行した店主による本当の久留米ラーメンが食べられる店。博多ラーメンや長浜ラーメン、またはそれに似た曖昧な豚骨ラーメンの店が多い中、九州人が納得する久留米ラーメンを食べられる貴重な店。(高橋 伸太郎)

情報提供お待ちしてます!

お気に入りのラーメン店を掲載してほしい!!
開店したばかりのラーメン店を知っている!!
そんなラーメン情報を教えてください

未掲載店・新店情報・その他情報提供

最近チェックしたラーメン店

最強ラーメン雑誌

ラーメンWalker

ラーメンWalker2018

2017/9/22(金)第1弾
2017/10/19(木)
2017/11/24(金)
2017/11/25(土)

ご意見をお聞かせください

ご意見ありがとうございました。
いただいたご意見には必ず弊社スタッフが目を通します。個々のご意見にはお返事できないことをあらかじめご了承ください。

返信を希望されるお客さまはコチラ