ラーメンWalker 全国TOP > ラーメンWalkerグランプリ2016 > 結果発表 > 都道府県部門(新店) 北海道・東北エリア

ラーメンwalkerグランプリ

47都道府県の旨い店を決定する「ラーメンWalkerグランプリ」を2016年も開催!
読者・WEBユーザー、そして百麺人の投票によるガチなランキング。

ラーメンWalkerグランプリ2016 結果発表

お待たせしました!「ラーメンWalkerグランプリ2016」のランキング結果を発表します。
2015年12月31日までにオープンした店舗を対象に、全国・新店・都道府県の各部門で、ユーザーと百麺人の投票によって選ばれた全国屈指の“ウマイ店”を大発表!ラーメンのプロ集団・百麺人たちの熱いコメントと共にお届けします!
※投票期間:2015年10月18日〜2016年5月30日

都道府県部門(新店)

北海道・東北

北海道

1位
中華そば カリフォルニア

北海道札幌市白石区

山本剛志

東京で修業し、価格を抑えながらも本格的な「中華そば」と「煮干そば」を提供。澄んだ見た目の中に自然な旨みが凝縮されていて、新店とは思えない完成度の高さ。 (山本剛志

小林孝充

怪しい外観と店名ではあるが、ラーメンは非常に正統派。煮干しの効いたラーメンがなんとワンコイン。無化調で仕上げ、東京の八王子から麺を仕入れるなどこだわりもすごい。 (小林孝充

小野員裕

「煮干そば」具はバラの焼豚2枚に、メンマ、カイワレ、長ネギ。すっきりとした潔いデコレーション。スープはけっこう強めな煮干風味ながら、上品な味わいに仕上がっている。中太ストレート麺はシコシコとした食感。これ500円は破格。 (小野員裕

森さやか

東京の柴崎亭の味が丁寧に引き継がれている淡麗系ラーメンで、500円というワンコイン、コスパ高い!透き通るスープからは想像がつかないほどにしっかりとした出汁と、ツルツルの麺がおいしい。ビジュアルも美しい一杯。  (森さやか

角川

淡麗中華そばブームの中でも、群を抜いたレベルの高さ。(片岡容子)/この店も煮干しスープのラーメン、中華そばが食べられる。一番の魅力は、500円というコストパフォーマンス。東京仕込みのあっさりとしたラーメンは、行列ができるほどの人気。老若男女、安心して食べられるのも魅力。(北川裕美子)

2位
らーめん札幌直伝屋

北海道札幌市中央区

山本剛志

札幌ラーメンを知り尽くしたオーナーが、古き良き札幌の味わいを守りながら、新しい技も活かした「味噌・醤油・塩」の三味を提供。徐々に深まる味わいに個性を感じる。 (山本剛志

角川

進化した元祖札幌味噌ラーメン。(片岡容子)

3位
ラーメン ツバメ

北海道札幌市中央区

森さやか

飛燕のセカンドブランドだが、本店と違い昔風ラーメンを提供。チャーシューもおいしく、全体のバランスもいい。なるとが彩りを添える懐かしいけど、しっかりしたスープに魅力を感じる。 (森さやか

角川

煮干し肉中華そばという、あっさりでありながらも、バラ肉がたっぷりのる魅力的な一杯が食べられる店。煮干しを打ち出した店だが、鶏白湯で人気な我流麺舞 飛燕のセカンドブランド店。店主の創作意欲が、セカンドブランドを出すきっかけに。(北川裕美子)/飛燕の鶏系も大好きですが、豚清湯が主体の一杯は、煮干しが程よく香り、コクがありながらもついつい最後まで飲み干してしまう完成度の高い一杯です。(MARICA)

青森県

1位
麺屋 遊仁

青森県五所川原市

金魚ねぶた

若い店主のラーメンへの研究で他にはない丁寧な一杯。限定の「鯛ラーメン」は絶品。 (金魚ねぶた

2位
らーめん 砂小屋

青森県青森市

金魚ねぶた

自家製麺が定評あり。 (金魚ねぶた

3位
西中華そば店

青森県青森市

金魚ねぶた

煮干しメインの店。 (金魚ねぶた

秋田県

1位
柳麺 多むら

秋田県能代市

田中一明

店主は、都内の有名店で研鑽を積み十分な実力を蓄え、郷里である能代に凱旋。透明感のあるスープとスタイリッシュなストレート麺の組合せは、東京仕込みのネオクラシック。 (田中一明

77

オープン直後より県内外より注目を集めたと言っても過言では無いルーキーにしてメジャーリーガー。既にうまい一杯も更にブラッシュアップを重ねる欲無き探究心で止まらぬ進化が! (77

2位
二球

秋田県秋田市

77

人気店「一球」待望の2号店は早朝から営業やメニューが若干コンセプトを変えつつも一球のスピリッツはそのまま味わえます。 (77

3位
麺屋 the さとう

秋田県秋田市

77

まろやかな無化調スープに美しいビジュアルの一杯にうっとりするファンの支持を集める県中心部に現れた新店! (77

山形県

1位
中華そば 琴の

山形県鶴岡市

はんつ遠藤

名店『琴平荘』出身の店主の作る一杯は、鶏の旨み、煮干しなどの芳醇な香りが合わさった醤油スープで、爽やかでいて、ふくよかな余韻が残り、丁寧な仕込みの後が感じられる。京都の「麺屋棣鄂」から直送の中細平打ち縮れ麺との相性もぴったり。 (はんつ遠藤

田中一明

全国屈指の行列店である『琴平荘』店主からの薫陶を受けてオープンした人気店。『琴平荘』仕込みのスープに、ソフトな食感が持ち味の多加水麺の組合せ。麺は、京都の名門製麺所である「棣鄂(テイガク)」から取り寄せるこだわりよう。 (田中一明

小野員裕

「中華そば」あっさり・・・名店「琴平荘」で修業した新店。「中華そば」あっさり、こってりのいずれかから選択。黄金色に澄み切ったスープ、これが美味、鶏ガラ、乾物のほのかに香る極上スープだ。やや硬質で若干ウエーブのある中太の平打麺の食感心地よく、スープとベストマッチ。 (小野員裕

2位
ラーメン 風林火山 鶴岡本店

山形県鶴岡市

はんつ遠藤

山形・鶴岡に初のG系ラーメン店が登場! 豪快なボリューム、存在感のある太麺がいい。だがスープは濃厚ながらも、意外にもバランス良く、まろやかクリーミーで後引く味わい。ヤサイ、ニンニク、ショウガなど個別カスタマイズができるのもうれしい。 (はんつ遠藤

3位
支那そば 無双庵

山形県山形市

角川

山形では珍しい海老そばを味わえる新店。スープの材料にバナナを使うなど、店主のユニークなアイデアが随所に光る。煮干しの風味をガッツリきかせた「にぼGそば」もおすすめ。(加藤亜佳峰)

岩手県

1位
栗林

岩手県盛岡市

若い御主人が頑張っているこだわりのお店。メニューは鶏そば(醤油)、鶏そば(塩)、じゃじゃ麺のみ。濃厚な鶏白湯とたっぷりの節を使ったタレからなるスープはまったりとして旨し。低温調理されたチャーシューは噛み締めるとジュワリと旨みが!ゴリゴリの極太メンマもザクッと歯切れよく。麺はツルツルの細ストレート。小さめで深い丼と白湯の油膜のおかげで最後まで熱々なのもうれしいです^^(麺ライザー)

2位
三十六番

岩手県盛岡市

岩手では希少な朝ラーの出来るお店さんです。朝ラーは支那そば、朝煮干し、豚醤油、コツコツ醤油の4種類を朝7時から11時まで。450円〜650円と安価で食べられるが、 チャーシューや味玉、麸などもしっかりとトッピングされ、手抜き無してお得!そして旨い!店名にもなっているコツコツ肉は6時間コツコツと煮込んだコラーゲンたっぷりの豚バラ軟骨で、トロリと旨い。(麺ライザー)

3位
バードメン

岩手県北上市

盛岡の人気店「踊ろうサンダーバード」の姉妹店の二郎インスパイアのお店さんです。そびえるモヤシタワー、極太麺をワシワシと喰らうそれは正に二郎系ですが、背脂多めでも見た目よりあっさりと食べられます。1度食べるとまた食べたくなる〜^^食べやすいので女性にもお勧めの出来るお店さんです。(麺ライザー)

宮城県

1位
店側の都合により店名公表NG

宮城県黒川郡

田中一明

宮城のラーメンシーンをけん引する超実力店のセカンドブランド。鶏・豚の肉をじっくりと丁寧に煮込んだスープのコク深さは、特筆に値する。大蛇のような極太麺との相性も、申し分ない。 (田中一明

小野員裕

「醤油ラーメン」は、澄み切った醤油スープは若干塩辛さが立つキレのいい旨味。麺はツルツルで歯応えのしっかりした平打ちの縮れ麺、低温調理の焼豚も柔らかくいい味わいで、この歯ごたえのいい麺と頬張るとバッチリ。 (小野員裕

角川

新店とはいえ、あの名店の2号店。新たな試みが見事に成功している。「塩」「醤油」とも高いレベルにあり、ことにそのスープは味わい深い。(板元義和)

2位
中華そば まるたけ

宮城県仙台市宮城野区

はんつ遠藤

一晩水だししてしっかり煮干しが効きつつもえぐ味のない「あっさり」もいいが、話題騒然なのが「こいにぼ」。3種類の煮干しはもちろん、ミキシングした煮干ペーストも加えたニボニボ感がすごい。動物系不使用スープゆえ、意外にもさわやか。 (はんつ遠藤

田中一明

首都圏において一大ブームを巻き起こしている、超本格煮干しラーメンが堪能できる。「あっさり」と「こいにぼ」の2種類を作り分けるが、とりわけ「こいにぼ」は、セメント系と呼ばれるニボラーの最先端。 (田中一明

角川

煮干しラーメン専門店で、上品なあっさり、旨味あふれるこいにぼ、いずれもいい味に仕上がっている。煮干しのエグミがあまりなく、煮干し初心者にも食べやすい。(板元義和)

3位
荒町商店中華そば ふじやま

宮城県仙台市若林区

はんつ遠藤

鶏ベースに大量の煮干しが溶け込んだ醤油スープは、さらに追いサバの風味も加わり、力強き味わい。黒バラ海苔も存在感と風味を醸し出す。そのままでも美味な「味付替玉」も。あっさり煮干しラーメンの「白ふじそば」も評判。 (はんつ遠藤

福島県

1位
自家製麺 うろた

福島県福島市

山本剛志

「えなみ」のネクストブランド店。貝出汁の塩味と、鶏100%の醤油味を基本に、創作性の高い様々なメニューを揃えている。お洒落な店構えもあって、女性客も気軽に並ぶ人気店に。 (山本剛志

高橋わな美

2015年末にオープン。福島の人気店「えなみ」「くをん」に続く3号店。貝出汁のこれでもかと言わんばかりの香り高さとガッツリ感はシェルラーでも他に類を見ないキレ。全粒粉を加えた艶めかしい細ストレート麺もこれ以上ない好相性。豪華な載せ物、多彩なチャーシュー類は次第に溶けだす肉汁が全体に旨味を加味する。食の本能を刺激するような大胆さと計算高さ、手間と努力が結集されたおそるべきラーメン。 (高橋わな美

2位
中華蕎麦 こばや

福島県福島市

田中一明

食材の「地産池消」にこだわる「たなつもの」グループの一翼を担う。店主が製粉所の関係ということもあり、麺には絶対の自信を持つ。粉から創り込む麺の啜り心地は抜群だ。 (田中一明

山本剛志

小麦、醤油、豚、鶏だけでなく、海苔までも福島県産の厳選食材を使う意欲的な新店。じんわりした動物系の旨みに醤油も香り、煮干中華蕎麦には手揉み太麺、中華蕎麦には中細ストレート麺を使い分けている。 (山本剛志

高橋わな美

人気店たなつものSHOKUDOUのオーナーが開業。素材はすべからく厳選した福島県産食材。麺にしても小麦の栽培から監修し、自家栽培・石臼自家製粉・自家製麺。幅広く食の事業を行う店主の情熱を結集したメニューが並ぶ。メニューの一つ「煮干中華そば」はこれでもかとばかりに濃度ほとばしるも、エグみは魔法のごとく皆無。じっくり・ゆっくりと石臼で生成され、香り高くモチモチとした太麺は、ふんだんにスープを絡めとる。 (高橋わな美

3位
手打 手綱

福島県白河市

田中一明

二郎系と喜多方系の2種類を同時に提供する郡山の新鋭。ご当地ラーメンの聖地・白河エリアで「朝ラーメン」を提供するという営業形態も、ラーメン好きにとっては朗報。 (田中一明

情報提供お待ちしてます!

お気に入りのラーメン店を掲載してほしい!!
開店したばかりのラーメン店を知っている!!
そんなラーメン情報を教えてください

未掲載店・新店情報・その他情報提供

最近チェックしたラーメン店

最強ラーメン雑誌

ラーメンWalker

ラーメンWalker2017

2016/10/27(木) 第2弾

3エリア発売!!

最強ラーメン電子ブック

スマホに入れて持ち歩こう!

ラーメンWalker

ラーメンWalker2017
電子版

2016/11/11(金) 第2弾

3エリア配信!!

※ご注意
クーポンや応募券、一部記事・写真は
掲載されません。

ご意見をお聞かせください

ご意見ありがとうございました。
いただいたご意見には必ず弊社スタッフが目を通します。個々のご意見にはお返事できないことをあらかじめご了承ください。

返信を希望されるお客さまはコチラ