ラーメンWalker 全国TOP > ラーメンWalkerグランプリ2016 > 結果発表 > 都道府県部門(全国) 四国エリア

ラーメンwalkerグランプリ

47都道府県の旨い店を決定する「ラーメンWalkerグランプリ」を2016年も開催!
読者・WEBユーザー、そして百麺人の投票によるガチなランキング。

ラーメンWalkerグランプリ2016 結果発表

お待たせしました!「ラーメンWalkerグランプリ2016」のランキング結果を発表します。
2015年12月31日までにオープンした店舗を対象に、全国・新店・都道府県の各部門で、ユーザーと百麺人の投票によって選ばれた全国屈指の“ウマイ店”を大発表!ラーメンのプロ集団・百麺人たちの熱いコメントと共にお届けします!
※投票期間:2015年10月18日〜2016年5月30日

都道府県部門(総合)

四国

徳島県

1位
中華そば 春陽軒

徳島市

はんつ遠藤

徳島ラーメン「茶系」の代表格。何も足さない、何もひかないという言葉がぴったりの、至極真っ当な、王道の徳島ラーメンが味わえる。 (はんつ遠藤

田中一明

濃厚な茶褐色を呈したスープは、豚骨に加えて鶏ガラも効果的に用いた動物系エキスの塊。それでいて、しつこくなり過ぎずスッキリとしたテイストを保持できる力量の高さは、老舗ならではの経験の成せる業だ。口の中でトロリと溶ける豚バラ肉の風味も絶佳。 (田中一明

山本剛志

徳島ラーメンの人気店。しっかり白濁した豚骨スープに濃厚な醤油ダレが入り。シコシコした麺に豚バラの醤油煮が加わる。生卵トッピングやライスをつけて、存分に楽しみたい一杯。 (山本剛志

小林孝充

徳島ラーメンの中でも特に黒みを帯びたスープが特徴的。豚骨スープに醤油の香ばしさが強く効き、甘みとしょっぱさのバランスが良い。肉も見た目に黒みを帯び味が染みてうまい。 (小林孝充

小野員裕

徳島ラーメンの中でも特に黒みを帯びたスープが特徴的。豚骨スープに醤油の香ばしさが強く効き、甘みとしょっぱさのバランスが良い。肉も見た目に黒みを帯び味が染みてうまい。 (小野員裕

2位
王王軒

板野郡

はんつ遠藤

濃厚な動物系スープはやや甘めの醤油味。見た目は茶系だが、醤油ダレに魚介系も加えているため、ほんのり魚介風味も漂う。接客もよくほのぼのとした雰囲気も魅力だ。 (はんつ遠藤

田中一明

豚骨を徹底的に炊き込んだスープは、ひと口啜った時の旨味の拡がり方が別次元の領域。こぢんまり感とは一切無縁なダイナミックさが売りだ。店の外にまで溢れ出す豚の匂いが、他店とは一線を画したパンチ力を生み出す原動力となっている。 (田中一明

山本剛志

徳島ラーメンの中でも醤油の色がしっかり出ているタイプだが、醤油の甘さやしょっぱさを抑えていて、豚骨スープの旨味がしっかりと楽しめる。 (山本剛志

小林孝充

徳島ラーメンの中でも茶色味が強く、豚骨の強さとタレががっつりと効き、非常に骨太な味わい。バラ肉をより楽しむためにも肉入りを頼みたい。 (小林孝充

小野員裕

徳島ラーメンの中でも茶色味が強く、豚骨の強さとタレががっつりと効き、非常に骨太な味わい。バラ肉をより楽しむためにも肉入りを頼みたい。 (小野員裕

はんつ遠藤

茶系の代表的1軒で新横浜ラーメン博物館にも出店。やや短めの麺がすすりやすい。トンコツ醤油で、生卵が合う。 (はんつ遠藤

田中一明

全国区の知名度を誇る超有名店にして、徳島ラーメンをご当地ラーメンとして全国に知らしめた立役者。甘辛いタレと豚骨スープを絶妙なバランス感覚でコラボさせ、柔らかな豚バラ肉を合わせた1杯は、徳島ラーメンのスタンダード。 (田中一明

山本剛志

徳島ラーメンの代表格として、新横浜ラーメン博物館にも出店した老舗店。醤油ダレの味をしっかりと打ち出し、濃すぎない豚骨スープに短いストレート麺が入って、テンポよく啜れる一杯。 (山本剛志

小林孝充

新横浜ラーメン博物館にも出店していた徳島ラーメンの代表格。広い店内にどんどん客が押し寄せる。旨味の豊かな豚骨のスープに固めに茹であげた細麺が合う。 (小林孝充

小野員裕

新横浜ラーメン博物館にも出店していた徳島ラーメンの代表格。広い店内にどんどん客が押し寄せる。旨味の豊かな豚骨のスープに固めに茹であげた細麺が合う。 (小野員裕

田中一明

創業は1999年と、老舗が多い徳島においては比較的歴史は新しいが、徳島ラーメンの名門『春陽軒』で修業した店主の腕は、老舗に勝るとも劣らないものだ。美しい茶褐色を呈したスープは、切れ味鋭いタレの存在感が光る、修業元譲りの絶品。 (田中一明

山本剛志

徳島ラーメンの人気店。滑らかな豚骨スープに甘辛さを持った醤油ダレが合わせられている。バラ肉の醤油煮も濃い味付けで、麺量が控えめな事もあり、生卵やライスをつけたくなる一杯。 (山本剛志

小林孝充

春陽軒の出身らしく、黒みを帯びたビジュアルは春陽軒に通じるものがある。豚骨の濃度は徳島の中でもかなり高く、醤油も効かせてそれぞれが強めのところでバランスが取れている。 (小林孝充

小野員裕

春陽軒の出身らしく、黒みを帯びたビジュアルは春陽軒に通じるものがある。豚骨の濃度は徳島の中でもかなり高く、醤油も効かせてそれぞれが強めのところでバランスが取れている。 (小野員裕

かなり濃い目の味付けで、甘辛さの旨味があるいわゆる徳島ラーメンの王道の味です。(N氏)

5位
王者-23

徳島市

はんつ遠藤

名店『王王軒』出身。鶏ガラとトンコツをじっくり煮込んだ呼び戻しスープは、5分に1回混ぜ続ける手間をかけ、コクが幾重にも重なった重厚感あり。徳島では珍しく、豚バラ肉のほか、柔らかいロールチャーシューも載る。 (はんつ遠藤

徳島ラーメンの進化系。濃厚なスープはまさに王者の味。(N氏)

山本剛志

「うだつ」で知られる脇町(現:美馬市)で人気の徳島ラーメン店。濃厚な豚骨スープに乗せられるのは、豚バラ肉ではなく厚切りの煮豚チャーシュー。食べごたえは抜群。 (山本剛志

小林孝充

遅めに行くと売り切れてしまっている徳島ラーメンの人気店。スープの色こそあまり濃くはないが、飲んでみると力強い味で驚かされる。厚みのあるチャーシューなのも特徴。 (小林孝充

7位
王将

吉野川市

山本剛志

白濁の豚骨スープには、油もしっかり溶け込んでいて独特の香りを立たせている。たっぷり乗ったモヤシのシャキシャキ感や、厚切りのチャーシューの存在下院も嬉しい。 (山本剛志

8位
麺屋 藤

那賀郡

山と川に囲まれた場所にある都会的なラーメン。すべてのラーメンにおいてレベルが高い。(N氏)

はんつ遠藤

小松島で老舗のラーメン店。白系の代表格だが、店舗も綺麗になり、入りやすい。 (はんつ遠藤

田中一明

徳島ラーメンの系統の一つを構成する、いわゆる「小松島(白系)」の代表格。旨味が舌先を優しく撫でるような独特の味わいは、同系の持ち味だ。「徳島ラーメン=茶系」という固定観念を根底から覆す、ラーメンマニア必食の一杯だ。 (田中一明

小林孝充

創業65年という徳島ラーメンの超老舗。その場所から小松島系ともいわれるラーメンは白みが強く、豚骨のコクがありながらもあっさりとした味わい。 (小林孝充

小松市系ラーメンの雄。じんわりとした甘しょっぱさがある味が美味。(N氏)

小林孝充

徳島ラーメンの中でもスタンダードな構成で、色が濃い目のスープながら意外とあっさりとしていて飲みやすい。その親しまれやすい味により県外にも進出を果たしている。 (小林孝充

香川県

1位
虎右ヱ門

三豊市

山本剛志

全国に名を轟かせた名店「はまんど」の姉妹店。「はまんど」「讃岐ラーメン」やつけ麺などが揃っている。麺類だけでなく、豊富なサイドメニューも用意して夜は呑める店に。 (山本剛志

小林孝充

香川で全国的に名の知られたはまんどの姉妹店。イリコをガッツリと効かせたスープにうどんを思わせる歯ごたえのある麺。背脂が入りスープがマイルドになる「はまんど」も良い。 (小林孝充

2位
欽山製麺所

香川県高松市

はんつ遠藤

ラーメンに魅せられて追求するうち、自家製麺室をキチンと作るほど麺にのめりこんだご主人に敬服。「さぬきの夢2009」を使用した太平打ち縮れ麺に、国産丸鶏や魚介を使用したダブルスープ。化学調味料を使用しない真面目さもいい。 (はんつ遠藤

田中一明

うどんの街「高松」において、黙々と本格派の鶏白湯魚介ラーメンを提供する良店。上質な国産の丸鶏を徹底的に煮込んだスープは、口の中で鶏が飛び跳ねるような感覚を抱かされるフルボディの味わい。麺はもちろん、「さぬきの夢」を用いた自家製だ。 (田中一明

山本剛志

濃厚な鶏白湯をベースに、魚介ダシを合わせた「鶏そば」を基本に、辛口やマー油入りメニューも揃えている。自家製の太平縮れ麺の存在感は、讃岐うどんを思わせつつも中華麺らしい食感を持っている。 (山本剛志

3位
小浜食堂

観音寺市

はんつ遠藤

香川の素朴な食堂。うどんとラーメンが有名。ラーメンはほのぼのとした味わいで、輪切りのちくわも良い雰囲気を醸し出す。 (はんつ遠藤

山本剛志

家庭的な雰囲気を持つ食堂。うどんに負けない人気を集めているのが中華そば。うどんダシを活かした若干甘めのスープに滑らかな麺がマッチしている。 (山本剛志

4位
明神そば

高松市

はんつ遠藤

はまんど出身。あっさりとした醤油スープの中華そば、鶏ベースで白湯スープの明神そばが2枚看板。ともにバランスの良い仕上がりでレベル高し。 (はんつ遠藤

田中一明

褐色に染め抜かれたスープは、豚骨をはじめとする動物系素材を徹底的に炊き上げたもの。やや厚めに添えられた液状油の存在感も相まって、ひと口啜る度に、スープの栄養分が胃袋へと流れ込むのが実感できる。 (田中一明

山本剛志

讃岐を代表する名店での修業経験を持つご主人。鶏をメインに豚骨も加えた「明神そば」と、イリコなどの魚介系素材が加わった「中華そば」のどちらもがハイレベル。 (山本剛志

小林孝充

かつてはまんどの支店で店長を務めた店主。中華そばはイリコを効かせた澄んだスープではまんどを想起させるがより動物系を強めに出している。明神そばは白濁スープになりオリジナルな一杯。 (小林孝充

5位
上海軒

仲多度郡

山本剛志

戦前からの長い歴史を持つ四国有数の老舗。イリコダシを存分に効かせて澄んだスープには、軽く加えた豚骨がアクセントになっている。自家製の白い細麺も含めて、新しそうに見えて伝統を保った一杯。 (山本剛志

小林孝充

現在の場所に昭和11年に移転してきて創業はさらに前と言う超がつく老舗。見た目はかなりシンプル。スープはかなり澄んで非常にあっさり。自家製の麺が白くしなやかでうまい。 (小林孝充

6位
らーめん晴れるや

香川県高松市

田中一明

高松市の郊外に位置するが、多少のハードルを押してでも食べに行きたい、同県屈指の実力店。鶏、豚など、動物系素材を用いたラーメンの創作能力に優れ、メニューに応じて、キメ細やかに濃度や旨味の表現方法を変えている。 (田中一明

7位
拉麺 ひらり

高松市

はんつ遠藤

ホテルやビストロで研鑽を積んだ店主ならではの、和と洋の融合的ラーメン。イタリア産ホールトマト使用の特製ソースの甘みとピリ辛テイストがいい。そこにモッツァレラチーズとジェノベーゼがコクと彩りを添える。長めの平たい手もみ麺も、すする楽しみが。 (はんつ遠藤

山本剛志

住宅街に構えたスタイリッシュな店は女性にも好評。人気メニューの「トマチリ」は背脂も加わった動物系のスープにトマトの酸味が絡んで、ひと味違いながらラーメンらしさを損なわない一杯になっている。 (山本剛志

7位
讃岐そば りんや

丸亀市

田中一明

香川県の中でも特にうどんの勢力が強い丸亀の地において、イリコを駆使した上質な淡麗ラーメンを提供する隠れた実力店。黄金色に輝くスープの中を悠々と泳ぐ麺。その佇まいは、まさに一線級のラーメンの表情そのものだ。 (田中一明

山本剛志

イリコダシを中心に、昆布、鰹節、鶏ガラを使って澄んだスープは独特で、かん水を使わない自家製中細麺の食感も合わせて、「讃岐そば」を名乗るのも納得の個性が感じられる。 (山本剛志

山本剛志

大阪の名店で修業して、綾歌町の田園地帯に開店。店内は子供連れにも優しい明るい雰囲気に座敷席もあり。魚介系素材を活かして後味がじんわりと楽しめる独創性高いラーマン各種が楽しめる。 (山本剛志

10位
ラーメンジャイアン

香川県綾歌郡

はんつ遠藤

串焼きの名店『次男坊』宇多津店は、実は『ジャイアン』としてラーメンも提供中。「讃岐最強豚骨拉麺」と銘打たれたコラーゲンたっぷりのトンコツ醤油スープは、野菜や魚介も加わり、実はヘルシー。伸びにくい麺も自家製で、4種類の小麦粉をブレンド。 (はんつ遠藤

小林孝充

香川では珍しい魚介を効かせた豚骨に背脂を浮かせたというスタイル。自家製の麺を合わせている。かつては二郎リスペクトというメニュー名だった二郎風のラーメンを出しているのも面白い。 (小林孝充

愛媛県

1位
ひかり食堂

四国中央市

田中一明

四国4県の中でもトップクラスの実力を誇る超優良店。鶏と魚介を見事にバランスさせた清湯スープの「中華そば」、鶏白湯スープを濃度を上げ過ぎず、絶妙なさじ加減に仕上げた「鶏塩そば」が、同店の2大看板メニュー。胃袋が許すのであれば、2杯とも食べておきたいところだ。 (田中一明

山本剛志

食堂の二代目が、旨味調味料に頼らずに国産素材を中心にしたラーメン専門店にリニューアル。鶏と魚介系をブレンドしたスープはじんわりとした旨味が広がるもの。 (山本剛志

小林孝充

店主は香川のはまんどの常連だったそうでメニューなどからその影響を感じさせる。あっさり系である基本の中華そばは鶏の旨味にあふれており、それを魚介のダシがやさしく支えている。 (小林孝充

2位
真木食堂

上浮穴郡

山本剛志

愛媛県から高知県へ抜ける国道沿いに佇む、老夫婦が営む食堂。うどんなどもあるがお客の目当ては中華そば。鶏の旨味にイリコダシを効かせたスープは独特で驚かさせる。 (山本剛志

3位
水田商店

愛媛県松山市

はんつ遠藤

東京で修業を積み、地元に凱旋。トンコツなどを用いて2日がかりで仕上げる深みのあるスープは、マー油の香ばしさと共に、ヤミツキになる。自家製の細ストレート麺も、“かため”“ばりかた”など指定可能だ。昭和的な木の温もりただよう店内もGOOD。 (はんつ遠藤

4位
ワたナベ商店

今治市

5位
ramen.bar lavrar

松山市

はんつ遠藤

名店『瓢太』の長男、加藤正喜さんが切り盛り。「ラーメンバル」がコンセプトで、ラーメンとお酒、一品料理が楽しめる。ラーメンは鶏ガラと豚皮で採った、甘さ控えめの醤油味。やや細めの特注麺とのバランスもぴったり。 (はんつ遠藤

山本剛志

久留米の名店「大砲ラーメン」の関連店として、松山市民の人気を集めている。久留米の味をそのまま味わえる「まろやか系」と、更にこってりさせた「こってり系」のどちらも楽しめる。 (山本剛志

小林孝充

久留米の名店である大砲ラーメン出身者の店。基本のラーメンもあるがおすすめはこってり系である分校ラーメン。本場を思わせる濃厚な豚骨スープにカリカリがよく合う (小林孝充

山本剛志

久留米の豚骨ラーメン店で修業したご主人の店。修業先譲りの豚骨スープはこってりでもあっさりでも楽しめる。町おこしの為に開発された「今治ラーメン」も提供している。 (山本剛志

小林孝充

松山分校と同じくこちらも大砲ラーメン出身者の店。おすすめは特製ラーメン。スープの飲み口は軽めだが、豚骨の旨味はよく出ており、丁寧にとっているのを感じさせる。 (小林孝充

8位
ラーメン亭

愛媛県西条市

8位
麺屋 武吉

愛媛県今治市

小林孝充

東京の超有名店である麺屋武蔵出身者の店。武蔵と同じくラーメンにあっさりとこってりと用意しているがスープから作り分けているとか。研究熱心さを感じられるお店。 (小林孝充

山本剛志

伯方島に佇む食堂。全国的に知られる「伯方の塩」を使ったラーメン各種を楽しめる。食堂なので定食やサイドメニューも豊富で、気軽に楽しめる雰囲気を出している。 (山本剛志

小林孝充

塩の名産地である地元伯方の塩を使った塩ラーメンを提供している。塩が良いため角がたたずにやわらか。魚介がたっぷりはいっており、その旨味を塩が引き立てている。 (小林孝充

高知県

1位
ラーメン 二星

高知市

山本剛志

高知の繁華街の一角で、ご主人が一人で頑張る人気店。味は常に向上を目指して頻繁にリニューアルされている。手揉みした自家製麺がスープに馴染んでいる。 (山本剛志

店主のこだわりがストレートに伝わってくるラーメン。スープも麺も◎!(土佐のはちきんT.K.)

2位
まゆみの店

須崎市

はんつ遠藤

かつては子供相手に100円でお好み焼きを提供していたお店だが、現在は鍋焼きラーメンのみ。やや甘めな鶏醤油スープに伸びにくい細ストレート麺が合う。生卵を途中で溶かして食べるとまろやかさが加わりさらに美味。2008年にはカップ麺も監修した。 (はんつ遠藤

田中一明

ラーメンウォーカー殿堂入り店舗である『橋本食堂』に勝るとも劣らないクオリティの高さを有する、ご当地麺「鍋焼きラーメン」の実力店。『橋本食堂』がダシで食べさせるタイプだとすれば、こちらはタレの旨味で食べ手をけん引するタイプだ。 (田中一明

山本剛志

須崎市名物「鍋焼きラーメン」が楽しめるのはラーメン店だけではない。こちらはお好み焼き店ながら、醤油味だけでなく、塩味やカレー、キムチなどの様々な鍋焼きラーメンを楽しめる。 (山本剛志

小林孝充

須崎市にある鍋焼きラーメンでは橋本食堂と並ぶ代表格。鍋焼きラーメンでバリエーションを用意している。スープは醤油色が濃いがその使って醤油ゆえか飲んでみると甘みが強い。 (小林孝充

3位
麺屋 なかひら

高知市

はんつ遠藤

高知のこだわり味噌と四万十ポークなどの食材を用いた「土佐前味噌ラーメン」は、赤味噌、白味噌、鰹味噌あり。高知名物の、大ぶりのトンカツが載った1杯に大満足だ。自家製太麺もぴったり! (はんつ遠藤

山本剛志

三種類の味噌ラーメンをメインに提供している。高知県内で提供する店が多い「みそカツラーメン」もメニューに並んでいて、揚げたてのトンカツと味噌味のスープ、黒胡椒が相性よく絡んでいく。 (山本剛志

4位
土州屋

高知市

はんつ遠藤

いわゆる青葉インスパイア。だが鰹で有名な高知のため、香り高き鰹風味が味わえると評判。また、単に東京スタイルを模倣するだけでなく、ごまと柚子の辛いそば、などオリジナリティのあるメニューも提供している。 (はんつ遠藤

田中一明

土佐の名物であるカツオをしっかりと利かせた1杯は、鶏ガラ、豚骨をはじめとする動物系素材の介添えも相まって、口の中で魚介素材と動物素材の旨味がせめぎ合う、立体感のある味わいを創出。スープを余すところなく持ち上げる中太縮れ麺も、メリハリ豊かな啜り心地。 (田中一明

山本剛志

豚骨と鶏ガラを使った濁りあるスープに、鰹節を主体にした魚介系スープが力強く絡んでいく。軽く縮れた中細麺がスープに馴染み、高知では新しい美味しさのラーメンになっている。 (山本剛志

5位
来々軒

宿毛市

田中一明

高知県最先端の街・東宿毛。同エリアの「顔」として君臨する同店のラーメンの特徴はズバリ、惹きの強い甘みだ。豚骨等を炊き込んだスープからは、動物系特有の香味が立ち上り、タレの甘みと相まって、レンゲを持つ手を止めさせない。 (田中一明

山本剛志

創業半世紀を迎えた高知の老舗店。化学調味料を使わず、自然の食材だけで組み立てたスープはじんわりとした旨味あり。自家製の中太麺はモチモチした食感が楽しめる。 (山本剛志

小林孝充

標準のラーメンで900円を超えるという周りの店よりもかなり高めの設定になっているが、その分化学調味料を使わないなどラーメン作りにはこだわりを見せている。 (小林孝充

7位
たんぽぽラーメン

高知市

7位
ちゅるちゅる

高知市

はんつ遠藤

高知県須崎市名物の鍋焼きラーメンが、高知市内で味わえる! 今は亡き『谷口食堂』リスペクトの鶏醤油スープは、まさに熱々。大ぶりカットのコリコリとした親鶏の煮鶏の食感もいい。〆にごはんを投入するとさらに美味! (はんつ遠藤

7位
丸太小屋

高知市

あの素朴さでどうしてあんなにもおいしいラーメンなのか不思議なぐらい。(土佐のはちきんT.K.)

10位
旭軒 本店

高知市

情報提供お待ちしてます!

お気に入りのラーメン店を掲載してほしい!!
開店したばかりのラーメン店を知っている!!
そんなラーメン情報を教えてください

未掲載店・新店情報・その他情報提供

最近チェックしたラーメン店

最強ラーメン雑誌

ラーメンWalker

ラーメンWalker2017

2016/10/27(木) 第2弾

3エリア発売!!

最強ラーメン電子ブック

スマホに入れて持ち歩こう!

ラーメンWalker

ラーメンWalker2017
電子版

2016/11/11(金) 第2弾

3エリア配信!!

※ご注意
クーポンや応募券、一部記事・写真は
掲載されません。

ご意見をお聞かせください

ご意見ありがとうございました。
いただいたご意見には必ず弊社スタッフが目を通します。個々のご意見にはお返事できないことをあらかじめご了承ください。

返信を希望されるお客さまはコチラ