ラーメンWalker 全国TOP > ラーメンWalkerグランプリ2016 > 結果発表 > 都道府県部門(全国) 九州エリア

ラーメンwalkerグランプリ

47都道府県の旨い店を決定する「ラーメンWalkerグランプリ」を2016年も開催!
読者・WEBユーザー、そして百麺人の投票によるガチなランキング。

ラーメンWalkerグランプリ2016 結果発表

お待たせしました!「ラーメンWalkerグランプリ2016」のランキング結果を発表します。
2015年12月31日までにオープンした店舗を対象に、全国・新店・都道府県の各部門で、ユーザーと百麺人の投票によって選ばれた全国屈指の“ウマイ店”を大発表!ラーメンのプロ集団・百麺人たちの熱いコメントと共にお届けします!
※投票期間:2015年10月18日〜2016年5月30日

都道府県部門(総合)

九州・沖縄

福岡県

1位
らぁめんシフク

福岡市博多区

田中一明

2012年のオープン以来、 豚骨王国福岡における非豚骨系のトップランナーとして君臨し続け る実力店。同店の人気メニューは「塩らぁめん」。 鶏ガラと香味野菜を丁寧に炊き込んだダシは、 のど元を通過する刹那、類まれな清涼感を抱かされるもの。 上質なうま味がジワリと口内を癒す塩ダレの完成度もピカイチだ。 (田中一明

博多では珍しい取りベースのスープで、自家製麺とスープがマッチしていて非常においしい。場所は博多駅からかなり離れていますが押さえておきたい1軒です。(梶原孝夫)

角川

福岡県内で出す鶏スープベースのラーメンとしてはトップクラスの完成度を誇る店。他店が味を偵察にくるほどなんだとか。澄み切った色味のスープは、余計なものを入れずに鶏の旨味と塩でしっかりと味を調えている。鶏チャーシューも歯応え、味わいともに絶妙。(林 佑香)/もうすっかり人気店の仲間入りのシフクですが、塩ラーメンやはり旨いですね。自家製麺も日々改良しオープン当初よりツルモチ感が増しおいしくなっている印象です。立地はそんなに良くはないのですが、それが逆にわざわざ行きたい特別感になっています。(K)

2位
ふくちゃんラーメン 本店

福岡市早良区

本山順子

いつ食べてもやはりおいしい!と叫んでしまう、懐かしい一品。変わらないとんこつの香りはファンをほっとさせてくれる。 (本山順子

角川

王道店でありますが、15年以上ラーメンライターとして食べ歩きをしている私自身、まだこの店を超える豚骨には出会っていません。“流行り廃りのないシンプル豚骨こそ皆が行き着く味”ということを食べる度に実感します。濃度の異なる寸胴のスープを巧みにブレンドした甘味系豚骨スープが旨い。(K)

3位
安全食堂

福岡市西区

田中一明

多数の豚骨ラーメン専門店がしのぎを削る福岡においても、 開店前から長蛇の列ができる人気店として有名。 豚の背ガラとゲンコツのみをじっくりと煮込んだスープは、 他とは一線を画したあっさりながらもコク深い味わい。 ボリューム満点の「焼きめし」も、 是非とも戴いておきたい同店の名物だ。 (田中一明

山本剛志

博多市の郊外で人気の老舗。濃厚すぎないが力強く、まろやかな豚骨ラーメンの店。福岡ならではのサイドメニュー「かしわめし」も一緒に食べておきたい。 (山本剛志

小野員裕

「ラーメン」卓上にはバケツのような容器に、白ごまと紅しょう、好みで入れる。ももの焼豚に青ネギ、硬質な細麺で、豚オンリーのやや粘度のあるスープは意外にサッパリ飲み干せるほど、旨味充実のおいしさ。福岡でいちばん旨かったラーメン。 (小野員裕

スープは豚骨の香りがほどよく麺といい感じで絡んできます。チャーシューは厚めで、これが1杯600円なのだろうか?ネギも多めで非常にバランスがいいです。ラーメン600円で替玉が100円は最近では珍しいですね。人気店なのがよくわかります。(梶原孝夫)

4位
舞鶴麺飯店

福岡市中央区

本山順子

いくつかある麺の中でも黒胡麻担々麺が最高。値段の割に高級感もある。黒ゴマがふんだんに入ったスープがおいしくていつまでもレンゲを動かし続けてしまう。 (本山順子

角川

ドロッとした胡麻の濃厚さが特徴的な担々麺が650円と、コスパを含めて完成度が高い一品を出す店。中太の縮れ麺がスープに絡み、箸を持ち上げる時に重量感がある。胡麻の甘味に負けず、しっかりと後を引く辛さも健在。ほか、スーラー湯麺も程よい酸味がありおすすめ。(林 佑香)

5位
金田家

行橋市

泡ぶくスープが食欲をそそります。スープは濃厚で旨味がよく出ています。この濃厚スープが麺にまとわりつくように口の中へ。チャーシューも柔らかくおいしい。(梶原孝夫)

6位
丸徳ラーメン

久留米市

この店に来たら是非入り口左側のカウンターに座っていただきたい。大将が丁寧に仕事をされていつのがよくわかります。いろんなことにびっくりします。是非それをこの席で味わっていただきたいです。当然そのようなラーメンですので非常においしい。そして安い。久しぶりに感動しましたね。(梶原孝夫)

7位
ラーメン海鳴 清川店

福岡市中央区

角川

作り方によっては塩分が高めに感じられて好みが分かれる「魚介とんこつ」だが、豚骨、魚介のスープをそれぞれ絶妙な配分で合わせるダブルスープは、もはや万人に受け入れられる域といっても過言ではない。「海鳴食堂」に開設した製麺所で自家製麺に取り組んだことで、スープ、タレ、麺、具材がより一体感のある一杯となった。(林 佑香)

8位
来雷軒

久留米市

角川

老舗が存在感を放つ久留米では比較的新しい店ではあるのですが、出しているラーメン、裏通りにある店構えとも老舗の風格。余分な脂を取り除いた豚骨ラーメンのあっさり感は久留米随一だと思います。現在営業は昼の3時間のみ。高菜も激旨なのでぜひ試してもらいたい。(K)

9位
来来

福岡県飯塚市

田中一明

営業時間は、長くとも2時間弱。 暖簾や看板など目印となる標識も一切存在しない、 文字どおり隠れた名店。 丼の底まで見通せるような動物系ベースの淡麗スープは、 丼を両手でつかんでゴクゴクと飲み干せてしまうほど上質。 ダシをしっかりと支える塩の甘みも、 食べ手の胃袋をしっかりとキャッチ。 (田中一明

塩ラーメンにように見えますが、豚骨ラーメンです。 麺は博多のラーメンよりはちょっと太めで、ちょっと柔らかめの茹で具合ですが、この柔らかさがスープにベストマッチですね。シンプルなラーメンですので、卓上はコショウしかありません。(梶原孝夫)

10位
ふくちゃんラーメン 英美

福岡県宗像市

角川

福岡市田隈にある「ふくちゃんラーメン」で修業した店主が、同店の味を確かに受け継いでいる。ラーメンの作り方やトッピング、サイドメニューまで基本的に本店のものがベースとなっているが、より透明感があり、しつこさがない英美のラーメンは、出店1年目で独自の一杯にたどり着いている。(林 佑香)

佐賀県

1位
一竜軒

佐賀県唐津市

はんつ遠藤

濃厚でトンコツの髄まで器に沈む系統だが、余計な油分が無く、ギトギトよりもとろみ重視。潔いほどのトンコツスープにやみつき。 (はんつ遠藤

田中一明

佐賀ラーメンシーンにおける不動のエース格。 豚骨の持ち味を知り尽くした店主が創り上げるスープは、 雑味や過剰なうま味が皆無。 啜ると舌全体から味覚中枢に沁み込んでいくような滋味深さは、 未だ他店の追随を許さない水準。 (田中一明

田中貴

豚骨を強火で炊き出し、髄の旨味を抽出する荒々しい豚骨ラーメンとは全く正反対、良質な旨味成分を丁寧に引き出した至極の一杯。存分な期待をして店に行っても、それをはるかに超える感動を得られるだろう。 (田中貴

山本剛志

濃厚だけどしつこくない、白濁豚骨スープが、市内で絶大な人気を誇る唐津の老舗店。ラーメンとチャーシューメン、おにぎりとごはんに絞り込んだメニュー。 (山本剛志

小林孝充

決してそこまで濃厚でコッテリなスープというわけではないのだが、飲むと豚骨の旨みがしっかりと感じられて非常にピュアな味わいのスープで美味い。 (小林孝充

佐賀老舗店、九州を代表するレジェント店・人気店です!豚ゲンコツと鶏ガラで奏でるハイブリッドスープは豚と鶏のいいとこどり!(MASA.城島)

山本剛志

宮崎ラーメンの人気店。豚骨だけを長時間かけて煮こんだ濃厚スープを、呼び戻しで仕上げる。骨が持つ旨みだけをひたすら重ねる「こってりトンコツ」がオススメ。「あっさりトンコツ」を提供する朝営業も開始した。 (山本剛志

小林孝充

店名はちょっとイロモノ系っぽさがあるがそのラーメンは実にマジメ。メニューは多くいずれもおいしいがやはりこってりトンコツを。呼び戻し方式のしっかりした豚骨スープのラーメンが出てくる。 (小林孝充

小野員裕

「こってり」醤油の切れのある濃厚な旨味と仄かな甘みの凝縮された豚骨スープ、歯切れのいいストレートの細麺とよく絡み旨い。焼き豚は香ばしくしっかりとした味が付いていて旨い。また焦がしニンニクを入れるといい。 (小野員裕

2位
いちげん

佐賀市

はんつ遠藤

ゲンコツのみを使用し、3つの寸胴を駆使したトンコツスープは、濃厚な口あたりながら、意外にもバランスが良く、上品な仕上がり。生たまごの甘みも絶妙に合う。漁師直送の風味が秀逸な佐賀華海苔をぜひトッピングしたい。 (はんつ遠藤

山本剛志

佐賀市の名店で修業し独立。豚のゲンコツだけをひたすら煮込んだ重厚で力強い豚骨スープ。油もしっかり感じるがスープとのバランスも取れている。季節限定トッピングの「海苔」があれば必食。 (山本剛志

小林孝充

店主は非常に研究熱心で佐賀のラーメンをけん引する存在。その豚骨スープは濃厚ながらも丁寧に作っているのがわかるきれいな仕上がりで、飲みやすく感じるほど。 (小林孝充

羽釜で作り上げ独特な技法で作り上げる豚骨スープはまたしっかりとした豚骨の旨味があり地元は勿論だが全国のラーメンファンも注目するラーメン店です!(MASA.城島)

2位
黒木食堂

宮崎市

はんつ遠藤

半世紀続いた食堂&精肉店が、ラーメン店へとリニューアル。豚ゲンコツのみを用いた継ぎ足しスープは、丁寧なアク取り&油取りで、コクがありながら、まろやか。自家製の香味油もふわりとただよう。優しく醤油が染み込んだ豚バラチャーシューも絶品! (はんつ遠藤

山本剛志

元々は精肉店と併設したラーメン店だったが、移転してラーメン専門店に。豚骨や豚肉へのこだわりはそのまま。メニューに「ひれかつラーメン」があるのもその名残か。 (山本剛志

小林孝充

あっさりとした飲み口のよい茶濁の豚骨スープに細めのストレート麺、細もやしにやわらかいチャーシュー。これぞまさしく正統派の宮崎ラーメンという味わい。 (小林孝充

3位
再来軒

延岡市

田中貴

宮崎を代表する老舗人気店。さらりとしたスープだが、しっかりどっしりと髄の旨みを感じる。雑な盛り付けも地元の人が気負わず日常的に食べている雰囲気を感じさせ、この街に触れられたようで個人的には楽しい。 (田中貴

山本剛志

まろやかな豚骨スープが人気の、延岡の老舗ラーメン店。卓上にニンニク醤油漬がなかったり、胡椒がラーメンにかかっているなど、「宮崎ラーメン」との相違点も見られる。 (山本剛志

小林孝充

延岡を代表するラーメン店。豚骨スープはあっさりとしつつも非常にコクがあり、脂身の少ないチャーシューとの相性が良い。この店のために延岡まで行く価値がある。 (小林孝充

3位
来久軒

武雄市

はんつ遠藤

武雄温泉で数十年。その評判ぶりはまずスープに現れる。豚頭のみを用いた白濁スープは、釜を4つ用いて、4段階の工程を経て完成する。無理に混ぜたりしないため、ざらつきがなく、ミルキーでいて後味すっきり。そして、優しい口当たりの特注中細ストレート麺も、なめらかで美味。 (はんつ遠藤

田中貴

マイルドな豚骨スープは、四段階の工程を八日間かけ仕込むそう。創業以来40年、妥協を許さない実直なラーメンを提供し続ける人気店。 (田中貴

小林孝充

武雄温泉にある人気の老舗ラーメン店。ラーメン自体に派手さはないが、豚骨のスープはあっさりとしながらもクリーミーな飲み口で安心して食べられる1杯。 (小林孝充

丁寧に旨味が重ねられた豚骨スープは滑らかかつクリーミーな一杯佐賀ラーメンを代表する人気店です。(MASA.城島)

4位
風来軒 加納本店

宮崎市

田中貴

全国のラーメンを食べ歩く人たちにとっては、“あの”無鉄砲の修業先ということで有名。日本一の濃厚豚骨の原点を感じさせる一杯。 (田中貴

小林孝充

宮崎ではあるがどちらかと久留米を思わせるシンプルかつ濃厚な豚骨ラーメン。数多くの有名店がこの店から輩出されているのも、この店の実直な作り方があってこそだろう。 (小林孝充

4位
幸陽閣

佐賀市

田中貴

閉店した一休軒本店の流れを汲むお店。どっしりとした骨の旨味を存分に感じられるトロミあるスープは絶品。佐賀を代表するラーメン店だ。 (田中貴

山本剛志

市内で人気の店。スープは濃厚な豚骨ベースだがくどすぎず、まろやかで飲みやすい。生卵を入れれば更に滑らかさを増す。 (山本剛志

はんつ遠藤

ラーメンを作り続けて30数年。幅広い年齢層に支持される1杯は、ゲンコツを用いて羽釜で炊き、継ぎ足しながらも爽やかで優しい甘さも活き、まさに滋味溢れる。 (はんつ遠藤

羽釜豚骨で奏でる絶品スープはあっさりとながら髄からくる芳ばしいコクがまたクセになる一杯。(MASA.城島)

5位
栄養軒

宮崎市

山本剛志

宮崎ラーメンを代表する老舗。濃厚な豚骨スープに中太麺をあわせている。卓上にニンニク醤油漬とたくあんが置かれているのも宮崎ラーメンの特徴。 (山本剛志

小林孝充

かなりの老舗であり宮崎でも高い人気を誇る。あっさりとした飲み口の豚骨スープは旨みがあり、自家製の麺がそのスープをまた引き立てる。 (小林孝充

山本剛志

豚骨ラーメンが主流の宮崎県内では珍しい、鶏ガラと魚介主体のあっさりラーメンの店。塩と醤油味のラーメンは、自家製の細麺と旨みあるあっさりスープにマッチしている。 (山本剛志

6位
大臣閣

佐賀市

田中一明

マイルドな豚骨ラーメンが主流である佐賀において珍しい、 超濃厚豚骨スープが同店のキラーコンテンツ。 動物系のエキスで表面に泡立ちすら生じたスープは、 頭の先からつま先まで豚骨エキスに覆われており、 比類のないガツン度の高さを誇る。いわゆる「濃厚民族」 にとっては、極楽浄土のような1杯だ。 (田中一明

山本剛志

郊外にありながら人気の店。濃厚で味付けもしっかりした豚骨スープがインパクト絶大。中太ストレート麺も力強く、スープに負けていない。ラーメンだけでなく焼肉も提供している。 (山本剛志

超コッテリスープと言えばこちら濃厚でコクもしっかりと豚骨マニアもあしげに通う名店。(MASA.城島)

7位
来々軒

小林市

田中一明

鳥栖のエース格。 同地は白濁豚骨ラーメン発祥の地である久留米から地理的に近いこ ともあり、 同県の一般的な豚骨ラーメンとは一線を画した濃厚豚骨系を提供す る店舗が多い。同店は、そのような店舗の中でも、 ダシとカエシのバランスの良さで定評あり。 スープ表面が泡立つほどの豚骨濃度に、ノックアウト必至だ。 (田中一明

8位
盛多や

佐賀県鳥栖市

田中一明

ストロングなうま味を有する濃厚豚骨系の久留米と、「生卵入り」 がオーダーできる佐賀ラーメンとのハイブリッド。 豚骨ラーメンの基本に忠実なてらいのない1杯を提供するが、 特筆すべきは、その価格。ワンコインでお釣りがくる価格で、 ここまで上質な1杯を提供できる力量には驚きだ。 (田中一明

8位
麺処 Kojima屋

宮崎市

はんつ遠藤

背割りのトンコツ&鶏ガラを用いて、アクを丁寧に取り除きつつ、長時間弱火で炊いたスープは、琥珀色に輝いている。純正のラードを用いたネギ油で、ふくよかなコクも。「熱いものは熱く」がコンセプトどおり、アツアツの1杯が楽しめる。 (はんつ遠藤

9位
秀ちゃんラーメン

杵島郡

はんつ遠藤

平成元年創業で2代目が店を守る。豚頭を用いた継ぎ足しスタイルのトンコツスープは、嫌な臭みが無く、適度なマイルドさと豊かな香りが楽しめる。特製一味塩などで味わう鉄鍋を用いたギョーザも、野菜たっぷり。 (はんつ遠藤

あっさりとながらコクがしっかりとした豚骨スープ!こだわりの「シルキーな極細麺」は喉ごしよく豚骨スープとの相性抜群。福岡ラーメンショー2015にも出店。佐賀は勿論九州の注目店です!(MASA.城島)

山本剛志

宮崎ラーメンの老舗「栄養軒」の元オーナーが看板を弟子に譲り、自ら新店を立ち上げ。メニューも味も栄養軒から受け継ぎ、往年の味を守るこの店のファンも増加中。 (山本剛志

10位
田の久

唐津市

田中貴

近くの一竜軒とは真逆、茶色く濁ったワイルドさ全開の豚骨ラーメン。ここに行くなら、人気のチャーハンも頼んで欲しい。骨粉のザラつきも感じさせるスープと、しっかり炒められたチャーハンとの相性は抜群。お腹いっぱい大満足間違いなし。 (田中貴

10位
麺屋とまと 宮崎店

宮崎市

はんつ遠藤

鶏ガラベースにトマトソースが合わさったスープは、まるで洋風パスタ。オリーブ油の深みがさらなるコクを加える。トッピングのパルメザンチーズとの相性もぴったり。麺も自家製で、豆乳とウコンも練り込まれ、健康的。 (はんつ遠藤

長崎県

1位
げんこつ家

長崎県雲仙市

麺也

豚骨と丸鶏で炊き出した呼び戻しスープに、醤油と塩のみで調味したスープ。油の粒子が複雑な紋様を描くスープは、毎回表情が違い、伸びのある旨味や沈み込むような滋味深さを感じさせてくれる。畑瀬食品の中麺は、スープに合わせて、コシを残した普通麺から柔めにまで調整される。小振りにカットされたチャーシューも、わずかな味付けながら、パリっとしておいしい。毎回、スープの表情の違いを楽しむ事ができる名店。 (麺也

2位
長崎楼

大村市

山本剛志

豚骨をしっかりと煮出して、こってりさせすぎないが力強いスープに仕上げている。長崎駅裏で営業していた人気店が大村市へ。まろやかさを増す「生玉子ラーメン」も人気。 (山本剛志

麺也

大村駅裏から始まり、現在は松原にあるお店。武雄・来久軒での修業経験があるとの事で、以前は屋号も同名であった。濃厚豚骨→クリーミー豚骨と変遷を経て、現在はタレが強めに効いた豚骨ラーメンになっている。その日の強弱によるものと思われるが、魚介の風味が漂うという日もあるという噂。が、自分は実際には経験しておらず、タレ故に詳細な味の構成は不明。下味を強めにつけたチャーシューもおいしく、ツルっとした中麺の一杯。 (麺也

3位
思案橋ラーメン

長崎市

はんつ遠藤

ラーメンもあるが、オススメは「ちゃんぽん」。さらりとした白濁スープに、海鮮&野菜がたっぷり。優しい味わい。 (はんつ遠藤

小野員裕

「バクダンチャンポン」ちゃんぽんは長崎伝統の彩り、パイタンスープに各種野菜だが、その中心にニンニクペーストがトッピング。モッチリの太麺とともに食べると想像通りのちゃんぽんながら、このペーストを溶くと、まさに爆弾のように味が変化して、パンチのあるラーメンに早変わり。 (小野員裕

4位
一勝軒 興善町店

長崎県長崎市

小野員裕

長崎にある博多風の豚骨ラーメン。あっさりとしながらコクがあるスープにシコシコの細麺が合う。優しい味わいで量も少なめなので、ライスと餃子がセットになったものがお勧め (小野員裕

5位
香蘭

長崎県佐世保市

はんつ遠藤

ちゃんぽん、皿うどんを作り続けて約半世紀。以前は地下街にあったが、佐世保駅の高架下へと移転した。豚と鶏の両方を用いた白濁スープはクリーミーで、コク豊かな味わい。定番の豚肉、エビ、イカ、野菜などのほか、冬の時期は牡蠣も入る。 (はんつ遠藤

6位
らーめん砦

佐世保市

はんつ遠藤

佐世保に突如現れた、高レベルの貝白湯ラーメン。ホタテなどの優しい風味が下支えし、唯一無二の仕上がりになっている。 (はんつ遠藤

麺也

マテ貝メインの貝白湯スープは、ミルキーで芳醇なおいしさ。パスタ麺っぽい食感の良い中麺との相性も良い。アオサ・ベーコンなどのトッピングも楽しめる。クラムチャウダーにヒントを得たのかもしれないが、店主の料理人としてのセンスは、抜きん出ているのではないだろうか?その他にも創作ラーメンをいくつも作られている。 (麺也

7位
薩摩ラーメン

南島原市

麺也

島原半島の南端、口之津港近くにある薩摩。薩摩十字と屋号からもわかるとおり、こちらは鹿児島ラーメンを提供する。店主は「昔ながらの鹿児島ラーメン」と語り、鹿児島の地で食べるラーメンとは趣きが少し違う清湯豚骨。スープは金色に澄んでおり、塩ッ気は強めながらも、じんわりとした滋味淡麗な旨味がある一杯。島原半島の南端にこれ程の一杯を出すお店があることが驚きである。 (麺也

8位
かんしゃく魂

長崎市

山本剛志

白濁豚骨スープに細麺をあわせたラーメン。店名の「かんしゃく魂」は、球状でトッピングされる「辛味噌」。これを溶く事で、豚骨スープの味わいも変わり、最後まで飽きずに食べられる。 (山本剛志

9位
四海楼

長崎市

はんつ遠藤

ご存じ、長崎ちゃんぽん発祥店の1杯は、クリーミーな優しい白湯スープに、ぷるりんとした麺がぴったり。フロアーからの眺望の良さも素晴らしく、何度訪れても楽しい。 (はんつ遠藤

10位
ラーメン家 政

長崎市

山本剛志

横浜の家系ラーメン店の流れを汲み、長崎では珍しい豚骨醤油味のスープを看板に。関東でも珍しい「あえそばつけめん」など、新しい味にも注目したい。 (山本剛志

麺也

横浜家系の流れを汲む、長崎駅前のラーメン店。鶏油の風味漂う、油分の高いスープ。中太の平打ち麺。大判の海苔やホウレン草、チャーシューもおいしい。店長がいる日は、さらにおいしくなるという噂は多分本当だと思う。 (麺也

熊本県

1位
幸帝ラーメン

菊池市

山本剛志

豚骨スープにニンニクチップを乗せるなど、熊本ラーメンのスタイルを守りながら、深みある豚骨スープが滑らかを持ち、喉越しの良さもプラス。次世代に進化する熊本ラーメンの姿を見せている。 (山本剛志

小林孝充

上品ながらもコクのある豚骨スープは非常に旨みのバランスが良く、焦げ茶色のニンニクチップが香り良い。熊本ラーメンの進化型ともいえるラーメンを提供している。 (小林孝充

2位
火の国文龍 総本店

熊本市東区

はんつ遠藤

風来軒の出身にして、熊本でもトンコツ醤油で大盛況。「アクが決め手」というトンコツスープは、濃厚だが脂は少なく、却ってトロミが前面に出てまろやか。辛し味噌を徐々に溶かしてピリ辛テイストも楽しめる。 (はんつ遠藤

田中一明

熊本ラーメンの規格を大幅に逸脱する超濃厚豚骨スープが評判を呼 んでいる人気店の総本山。「文龍とんこつ黒」は、 そのスープの表面に大量の背脂が降り注ぎ、 コッテリ系を好む若者を中心に高い人気を誇っている。 九州エリアの店舗としては珍しい縮れ麺を用い、 スープの持ち上げを狙う工夫も買いだ。 (田中一明

山本剛志

関西の濃厚豚骨で知られる「無鉄砲」で修業し、熊本ラーメンとは異なるスタイルの濃厚豚骨ラーメン。豚骨醤油ベースのスープには、豚骨のクセも油も入ってパワフルで、人気店に。 (山本剛志

小林孝充

かなり高い豚骨の濃度のスープ。こってりを選ぶとそのスープが見えなくなるぐらい脂がたっぷりとかかってきてインパクト十分。ニンニクの効いた辛みそがまたこのラーメンにあう。 (小林孝充

3位
マルイチ食堂

熊本市中央区

はんつ遠藤

いっぷくラーメンの別ブランド。繁華街らしく夜~深夜までの営業スタイルで、飲む前、飲んだ後などに楽しめる。自慢の一杯は、天草大王鶏の旨みがじんわりと出た塩スープ。芳醇なる味わいが楽しめる。 (はんつ遠藤

田中一明

同県の地鶏である「天草大王」 のガラ等を用いた塩ラーメンを提供。 塩の上品な甘みとコクがフックとなった淡麗スープと、 麺肌滑らかな自家製麺との組合せは同県では珍しく、 数多くのリピーターを生み出している。好みに応じて、 麺の太さをチョイスできる心配りもうれしい。 (田中一明

小林孝充

熊本で初めて塩ラーメン専門としてだしたお店。天草大王を使った黄金色のスープは鶏の旨みが豊か。張りのある自家製の麺もおいしくするっと食べられる。 (小林孝充

小野員裕

「天草塩」鶏ガラだけの清らかなスープは鶏の旨味と香味油などと合わさり、複雑にしてサッパリとした味わい、塩ダレの味わいもエッジが効いている。ストレート麺もこのスープによく絡んだバッチリ。 (小野員裕

4位
天琴

人吉市

田中貴

玉名の天琴には1998年以来5回ほど訪れているが、昨年ようやくこちらにも。通常のラーメンにはマー油が入っており、無料で焼きニンニクがトッピングできるが、さらに卓上には生のニンニクと、醤油漬けのニンニクまで置いてあるニンニクづくし。そもそもウマいスープにどんどんニンニクを足していく楽しさ。 (田中貴

小林孝充

玉名ラーメンの人気店。あっさりながらもコクのある豚骨ラーメンで、最後にニンニクチップを入れるか聞いてくる。このニンニクチップがこのラーメンの肝なのでぜひ仕上げに入れてみて欲しい。 (小林孝充

5位
桂花 本店

熊本市中央区

田中一明

昭和30年に創業し、全国各地に店舗を有する「桂花」 の総本店。今般の震災の影響により暫く営業を休止していたが、 地元の方々に美味しいラーメンを届けたいとの想いから、 本年4月26日から営業を再開。 数多くのラーメンフリークを虜にしたコク深い豚骨スープと太肉は 、本店でも健在だ。 (田中一明

小野員裕

白湯スープにマー油。ニンニク風味の香ばしい味わいがいい。歯ごたえのいい中太のストレート麺がよく絡み旨い。東京でも食べられるが、本店は塩気がやや強いような気がするが思い過ごしか。 (小野員裕

6位
好来ラーメン

人吉市

はんつ遠藤

やりすぎ感すら漂う真っ黒なマー油がかかったトンコツスープに驚くが、食べるほどに香ばしさと旨みが伝わってくる。 (はんつ遠藤

田中貴

オリジナルの〈にんにくベース〉と呼ばれるペーストが入った黒いスープで有名だが、一般的な熊本ラーメンの倍近く入る自家製麺も、しなやかでコシの強い食感で絶品。人吉のもう一つの名店『天琴』もここの麺を使用している。 (田中貴

山本剛志

人吉市を代表する老舗で、全国に多くの有名店を輩出している。メニューはラーメン一品だけでトッピングもない。力強い豚骨スープにマー油が一面にかけられている見た目に驚かされる。 (山本剛志

小林孝充

なんつッ亭など名店を生み出した人吉の有名店。表面を真っ黒いマー油が多い見た目からインパクト十分。そのマー油により非常に香ばしいこの店ならではの味わいになっている。 (小林孝充

7位
熊本大黒ラーメン

熊本市北区

山本剛志

地元で人気を集める熊本ラーメンの店。濃すぎないが滑らかな口あたりに、しっかり茹でた中太麺がマッチしている。 (山本剛志

小野員裕

「ラーメン」スープは熊本伝統のパイタンに、ちょい薄い色合いのマー油。濃厚に見えるがけっこう軽やかな口当たり、香ばしい焦がしニンニクの風味がアクセント。コシの強いストレート麺によく絡みつき旨し。 (小野員裕

8位
てしお ベジポタ専門

熊本市中央区

はんつ遠藤

看板メニューのクラブポタージュヌードルがイチオシ。ベジポタスープに、あさりの旨みが凝縮している。ベジスープヌードルも美容と健康に良いと評判。 (はんつ遠藤

9位
大将軍

熊本市中央区

田中一明

美しいクリーム色が見目麗しい豚骨スープは、 比較的あっさりとした食べ口でありながら、 ふくよかなコクが印象的。 豚バラ肉を36時間かけて煮込んだチャーシューは、 口の中で淡雪のように溶ける全国クラスの逸品で、「 こちらのチャーシューなら何枚でも食べられる!」 と太鼓判を押す人多数。 (田中一明

小野員裕

「ラーメン」ここもパイタンにマー油、「大黒」同様に濃厚そうだが、あっさりとしたスープ、しかもクリーミーな口当たり。固めに茹でたストレート麺と相性良く、トロトロの焼豚も旨い。具も豊富でボリューム満点。 (小野員裕

10位
いっぷくラーメン

熊本市南区

はんつ遠藤

王道中の王道的な熊本ラーメンで、丁寧に作られたというイメージ。また、熊本では珍しく、縮れ麺タイプのつけめんもあり、辛味と味噌の活きたオリジナルテイストのつけ汁が楽しめる。そしてなんといってもご夫婦のアットホームさがいい。 (はんつ遠藤

山本剛志

自家製のたまご麺が人気の新進ラーメン店。げんこつと豚頭を使った豚骨スープと、人気の地鶏「天草大王」を使った鶏ガラスープをメニューにより使い分けている。 (山本剛志

小林孝充

いろいろメニューはあるが豚醤麺(とんじゃんめん)がより豚骨の濃度を感じられる。自家製の麺や2種類用意されたチャーシューなど随所にこだわりを感じる。 (小林孝充

大分県

はんつ遠藤

別府名物の冷麺、温麺のほかラーメン、中華そばもラインナップ。特に人気の「冷麺」は、牛スープの醤油味で、清涼感もただよう。やや太めのむにゅっとした弾力のいい麺は、もちろん自家製。キャベツキムチが載るのも珍しい。 (はんつ遠藤

山本剛志

別府冷麺・温麺・中華そば・とんこつラーメンの、4種類の麺メニューを揃える店。それぞれのメニューにファンが多い。鶏と魚介のスープを使った中華そばは大分では珍しいスタイルだが、丁寧に作られている。 (山本剛志

田中一明

大分の知られざる御当地麺「別府冷麺」を提供する名店。 カエシがクリアに響く清湯スープと、 そば粉を用いたゴムのような食感との麺のコラボは、 伝統の味でありながらも斬新だ。 スープのテイストを徐々に引き締めるキムチキャベツも、 心憎いギミック。 (田中一明

2位
香蘭

佐伯市

田中一明

近年、首都圏に進出を果たした大分佐伯ラーメンの老舗。 ゴマ、ニンニク、胡椒の3点セットが、 食べ手の胃袋に激烈に訴求するスープは、 濃厚極まりない豚骨醤油系。全国各地を見渡しても、 他に類を見ない独特のジャンキーさに、この味を求めて、 遠方から足を運ぶファンも数多い。 (田中一明

田中貴

しょっぱくて、油っこくって、ニンニクパウダーとコショウどっさり。こんなのウマいに決まってる。ラーメンをここまで振り切った形で提供するこちらの店主は天才的である。日本中のラーメンを食べ歩く楽しさを再認識させられた感動の一杯。 (田中貴

山本剛志

東京でも話題を呼んだ「佐伯ラーメン」の代表的な老舗。胡椒とニンニクが強烈にきいてスープはやや少なめ、麺の茹で加減やスープの味付けは日によって変化していくので、その変化も楽しみたい。 (山本剛志

小林孝充

佐伯のラーメンの代表格。甘めの豚骨スープは麺が上に出るぐらい少な目に入ってきて、そこにニンニクパウダーや胡椒がたっぷりかかる。このラーメンを初めて食べた時は衝撃的だった。 (小林孝充

3位
らーめん ふらり

別府市

山本剛志

関東でラーメン店を営んでいたご主人が別府へ。豚骨スープと鶏ガラスープをメニューで使い分けている。「豚骨醤油ラーメン」と「中華そば」をメインに、つけ麺や味噌ラーメンも提供している。 (山本剛志

小林孝充

別府で待ちが出来、早じまいもある人気店。ラーメンの種類はいくつもあるが、それぞれにしっかりと個性をつけながらも完成度が高く驚かされる。できればいくつものメニューを試してほしい。 (小林孝充

山本剛志

豚骨スープに野菜ポタージュを加えた「2号ラーメン」は、とろみとこってり感が両立して個性的な一杯。細ストレート麺を引き上げれば、そのポタージュが麺に絡みついて独特な後味を楽しめる。 (山本剛志

小野員裕

「とんこつ醤油」豚骨といっても鶏のガラと一緒に抽出したスープはサッパリとして円やかな口当たり。ストレートの細麺、バラの焼豚はしっかりと下味が付いていて美味。まったく飽きのこないおいしさ。 (小野員裕

6位
一骨家

大分市

山本剛志

濃い豚骨ラーメンを出すことで人気の店。背脂や鶏油を加えず、豚骨だけを煮出して濃厚に仕上げた事で、インパクトに溢れて独特な一杯が楽しめる。 (山本剛志

小林孝充

大分において髄の旨みを引き出した濃厚な豚骨ラーメンを提供している。チャーシューを炙る香りが店内に漂い、そのチャーシューがまたラーメンの中で良いアクセントになっている。 (小林孝充

7位
なべさん

別府市

はんつ遠藤

けっして濃厚ではないが、優しい中に忘れられないコクが溶け込んでいる。大分の老舗な1軒。 (はんつ遠藤

山本剛志

屋台からの長い歴史を持つ、別府市で代表的な存在の豚骨ラーメンの老舗。特注の釜で豚骨を丁寧に炊き出しつつ臭いは出さず、食べごたえがあって心地よい一杯。 (山本剛志

小林孝充

昔からの大分の人気店。あっさりとした味わいのスープに白くてたおやかな麺がおいしい。普通のラーメン以外でもちゃんぽんや味噌入りもまたいい。 (小林孝充

8位
青龍軒

杵築市

田中一明

本年、暘谷に移転した人気店。 豚骨成分が濃厚な久留米ライクなラーメンを提供。 スープを煮込む際に、豚ガラなどはもちろん、 鶏ガラを織り交ぜることで、 豚のみでは表現し切れない複層的なうま味を演出。 このスープに合わせるのは、久留米ラーメンの特徴である中細麺。 (田中一明

9位
炎王ラーメン

大分市

はんつ遠藤

特に繁華街の都町店は深夜に本格的豚骨ラーメンが味わえると大評判。10数時間煮込んだスープは、濃厚だが嫌な臭みが無く、食べやすい。特製の辛味だれもベストマッチ。スープと絡んだ低加水の細麺を啜るほどに、至福の時が。 (はんつ遠藤

はんつ遠藤

大分で本格的つけ麺を提供し、話題騒然。自家製の中太ストレート麺は、そのままでも味わい深い、むちむちタイプ。鶏をメインに使用したつけ汁は、内モンゴル産の塩のしょっぱさとミネラルの旨みがあり、麺と爽やかに絡まる。 (はんつ遠藤

宮崎

※今回の発表はありません

鹿児島県

1位
ラーメン専門 鷹

鹿児島市

田中貴

椎茸の風味と甘みのある澄んだ醤油味の中華そば。鹿児島ラーメンといえば一般的に豚骨をイメージするが、鹿児島ラーメンの味なのだ。この一杯を食べに地元の客が引っ切りなしに訪れる。 (田中貴

小野員裕

「ラーメン」最初に出される鹿児島伝統の沢庵をいただく。独特なラーメンの作り方で醤油ダレに中太ストレート麺を入れてからスープを注ぎかき回すスタイル。豚骨と鶏ガラのやや白濁したサッパリスープは毎日食べても飽きのこない味わい。 (小野員裕

2位
マルチョンラーメン店

志布志市

小林孝充

志布志にありひっきりなしに客が訪れる人気店。自家製と言うやや平たい麺はもちっとした食感で九州では珍しいタイプながらおいしい。スープはやや甘味があってコクのある。 (小林孝充

3位
ラーメン小金太

鹿児島市

田中一明

鹿児島随一の繁華街である天文館エリアに軒を構える同店は、 創業1990年。同エリアにひしめく老舗と較べれば、 相対的に新しい店に属するものの、豚骨、鶏ガラをベースとし、 ショウガ、 タマネギ等の香味野菜にリンゴ等の果実を加えたスープが、 数多くのリピーターを生み出している。 営業時間も明け方までと長く、飲んだ後の締めにも最適だ。 (田中一明

田中貴

鹿児島〆ラーメンの人気店。濃すぎず薄すぎない豚骨、鶏ガラのマイルドなスープが飲んだ後にちょうどいい。初めて鹿児島を訪れる人に安心してオススメ出来る店。 (田中貴

小林孝充

豚骨や鶏がらメインのスープはさらりとしつつもしっかりとコクがあっておいしい。ラーメンは結構量があるが、SサイズやSSサイズも用意してくれているのがうれしい。 (小林孝充

はんつ遠藤

昭和43年創業で、中休みも無く、営業時間も長く、3階まであるので、入りやすく、まさに鹿児島のソウルフード的味わい。あっさりとした懐かしさのただようスープに癒される。 (はんつ遠藤

田中一明

昭和43年に創業した、 同県を代表する老舗のひとつ。 豚骨と鶏ガラを丁寧に炊き上げたスープは、食欲をそそる半透明。 創業当時から敢えて味を変えず、現在では、 創業当時に通った常連の子や孫が新たな客として店に足を運んでい る。「このスープにこの麺を」と、朴訥な中太麺を合わせる。 (田中一明

小林孝充

豚骨と鶏がらで白濁はしているもののかなりあっさりとした味わいのスープで飲みやすい。やや太めの麺も特徴的。焼きねぎがスープに程よい香ばしさを与えてくれる。 (小林孝充

小野員裕

「ラーメン」まずは鹿児島伝統の沢庵をいただく。豚と鶏ガラから抽出した白湯スープはコクがありまたあっさりしている、焦がしネギの風味がアクセントで、コシのあるストレート麺によく絡む、野菜もちょっとそえられているのもいい。 (小野員裕

5位
とんぼラーメン

垂水市

はんつ遠藤

水にこだわり、食材にこだわる。その意気込みがラーメンに現れている。まろやかなスープに自家製麺のするっとした感じがぴったり。息子さん夫婦も手伝い、和気藹々なる雰囲気。 (はんつ遠藤

6位
Noodle Laboratory 金斗雲

鹿児島市

田中一明

「金斗雲」の屋号にちなんで、 各種麺メニューに「雲」の字を配するなど、 食べる前からセンスの良さを感じさせる。 こんがりと炙りが入った刻みチャーシューが、 深遠な動物系のコクを蓄えたスープと、 力強く握手を交わす1杯は、思わず「美味い!」 と感嘆の声を上げたくなってしまう驚異的な完成度を誇示。 (田中一明

小野員裕

「白雲」滑らかでコシのある自家製中太ストレート麺。やや白濁したスープは高味油に揚げネギ、生の玉ねぎがアクセント。角切りの焼き豚も美味。 (小野員裕

7位
こむらさき

鹿児島市

はんつ遠藤

椎茸の効いたあっさりトンコツスープに、しなやかな優しい細麺。キャベツも載る独特のスタイルはオリジナリティ度抜群。 (はんつ遠藤

田中一明

創業は昭和25年。純白の麺肌を呈した蒸し麺が、 柔和な口当たりを有する豚骨ベースのスープと違和感なく馴染む。 食べ応えのあるチャーシューとヘルシー感満点のキャベツのコンビ が、箸休めとして八面六臂の活躍を見せる。 シイタケの華やかな香味が、味の決め手。 (田中一明

小野員裕

「黒豚チャーシュー入り並盛」麺はカンスイを使っていない真っ白なもので、その味わいはどこか強いコシのあるビーフンを食べているようだ。鹿児島伝統の豚と鶏、野菜から抽出した白濁したスープはあっさり、とにかくここでしか味わえないラーメン。 (小野員裕

8位
三養軒

鹿児島市

田中貴

鹿児島ラーメンの一つの文化である黒味噌のラーメンを、地元の人が〆の一杯として食べに来る名店。豚骨の濃厚さじゃなく、味噌の濃厚さが飲んだ後に妙に食べたくなる。 (田中貴

9位
のり一

鹿児島市

田中一明

創業は戦後間もない昭和24年。今般、 同店で修業した方の手による「乃の一」 が都内にオープンしたことにより、 同店の味が首都圏でも気軽に味わえるようになった。豚骨、 鶏ガラのWスープに塩、醤油のみで風味付けしたスープは、 喉元を穏やかに刺激する動物系の息吹が心地良い。 純白の色合いが優美な中太麺の佇まいも好印象だ。 (田中一明

小林孝充

深夜までやっている人気店。飲んだ後に食べる人が多いのか、澄んだスープの非常にあっさりとした味わいのラーメンで、胃にもやさしくすーっと入っていく。 (小林孝充

10位
バガボンド

鹿児島市

田中一明

屋号の「バガボンド」とは、英語で「さすらい人」 という意味合い。豚、 鶏等の動物系スープが主流となっている鹿児島においては珍しい、 本格派の動物+魚介系濃厚つけ麺が、同店不動の看板メニューだ。 うどんのような極太麺は、強靭なコシを誇り、 スープと真っ向からせめぎ合う。 (田中一明

沖縄県

1位
Stripe noodles

中頭郡

はんつ遠藤

アルコール類も人気なラーメン&BARは、『ソラノイロ』宮﨑千尋氏プロデュース。鶏メインでカツオが香るスープは、丸島醤油の芳醇さも活き、ガーリックマッシュバターで味の変化も。高級アメリカ牛ステーキも美味。 (はんつ遠藤

山本剛志

あっさりしたスープに醤油の香りが広がる「中華そば」を基本に、沖縄ならではの「ステーキラーメン」も提供。すっきりした中にしっかりした旨味が残る「トマトベジソバ」も是非食べてみてほしい。 (山本剛志

小林孝充

東京の有名店「ソラノイロ」の店主宮崎氏によるプロデュース店。ステーキラーメンは噛みごたえのある大きなステーキが上にドンと乗ってきてインパクト抜群。 (小林孝充

2位
リュウキュウ58 ※閉店

沖縄県那覇市

はんつ遠藤

モダンかつお洒落な店内には、琉球王国「万国津梁の鐘」銘文の掲示が。クリーミーでこっくりとした味わいの鶏白湯スープは、化学調味料不使用。細めでつるりとした自家製麺や、地産地消のコンセプトもGOOD! (はんつ遠藤

山本剛志

ラーメン店が少なかった沖縄県にラーメンブームを巻き起こした店。豚骨をあっさり煮出した「おとこ味」と、澄んだスープに入った昆布の旨味が沖縄そばを思わせる「おんな味」の2種類は今でも価値ある一杯。 (山本剛志

4位
亀かめそば

那覇市

5位
てんtoてん

沖縄県那覇市

小林孝充

市街地からは離れたところにあるが行列もできる人気店。靴を脱いでみなゆったりと食事を楽しんでいる。木灰そばは自家製の生のものでもっちりとした食感が他の店のものとはまったく異なる。 (小林孝充

6位
自家製麺 三竹寿 【閉店】

沖縄県那覇市

はんつ遠藤

東京で修業をつんだ店主。あの「豚骨醤油魚介魚粉つけめん」が沖縄でも人気なのにまず驚いた。太麺も地元の沖縄製粉の小麦粉を数種ブレンドした自家製麺で、ガツンとインパクトのある仕上がりだ。 (はんつ遠藤

山本剛志

東京の人気店「六厘舎」出身で、沖縄県では希少なつけ麺専門店。極太麺に合わせる豚骨魚介のつけ汁は濃厚で、つけ汁に浸けて啜ればインパクトを楽しめる。 (山本剛志

小林孝充

東京にあるつけ麺の有名店である六厘舎で修業したという店主。自家製の麺は太く力強い食感。茶濁のスープには魚粉が浮き、その太い麺にしっかりと絡んでくる。 (小林孝充

7位
麺や偶 もとなり

那覇市

はんつ遠藤

特注の斬新な器にも驚く。鶏メインで牛や豚も用いた醤油スープは、片口イワシのほか、当日朝に様々な魚介も加えて仕上げる真剣ぶり。自家製の中細麺もしっかりとした食感が楽しめる。 (はんつ遠藤

山本剛志

東京のラーメン店で修業したご主人が手がける「麺や偶」は店ごとにメニューが異なるが、豚骨をドロドロに煮出した「濃厚もとなり」の濃さには驚かされる。 (山本剛志

小林孝充

東京の有名豚骨ラーメン店で修業しており、沖縄では珍しい濃度の高い豚骨ラーメンをウリにするお店。表面には軽く脂も浮く。角煮状のチャーシューが入ってきて、これが食べてみると柔らかい。 (小林孝充

8位
波布食堂

那覇市

9位
琉球新麺 通堂 知花店 【閉店】

沖縄県沖縄市

小林孝充

元は新横浜ラーメン博物館にて一風堂の河原氏プロデュースで始まった店だが、今や沖縄で着実に根付いてきている。コクがありながらも優しい味わいの男味、すっきりした味わいの女味のどちらもおいしい。 (小林孝充

10位
首里そば

那覇市

はんつ遠藤

独特のテコの原理を用い、完全手打ちでかんすいを加えた平打ち麺の独特のコシに惹かれる。豚やカツオなどで取ったダシも、爽やかな中に旨味がただよい、後引くおいしさ。 (はんつ遠藤

小林孝充

沖縄そばの代表格ともいえる名店。店内に入ると鰹節のいい香りが漂い、食べる前からおいしいのがわかる。そのダシで食べさせる麺は平たくかなり強めの触感を持っている。 (小林孝充

最近チェックしたラーメン店

最強ラーメン雑誌

ラーメンWalker

ラーメンWalker2018

2017/9/22(金)第1弾
2017/10/19(木)
2017/11/24(金)
2017/11/25(土)

ご意見をお聞かせください

ご意見ありがとうございました。
いただいたご意見には必ず弊社スタッフが目を通します。個々のご意見にはお返事できないことをあらかじめご了承ください。

返信を希望されるお客さまはコチラ