スマートスピーカーがラーメン店を教えてくれる!? LINE Clovaに便利スキルが登場

2019年07月05日

 LINEが開発したAIアシスタント「Clova」にて、東京都内のラーメン店を検索できるスキルを公開しました!
スキルの名前は「ラーメンWalker」。その機能を紹介します!

地名と味の種類を指定するだけでラーメン情報がLINEで届く!

 スキル「ラーメンWalker」は、LINEのスマートスピーカー「Clova Friends」に向けたサービスです。
使い方は簡単で、まずはLINE Clovaのアプリをスマートフォンにインストールします。次にアプリ上のスキルストアから「ラーメンWalker」をLINEに友だち追加。あとはClova Friendsに呼びかけてスキルを起動し「(例)新宿区の味噌ラーメンを教えて」と話しかければ、23区と市のラーメン店を教えてくれます。これは便利!


 指定できるラーメンの味は醤油、塩、味噌、豚骨、担々麺の5種類です。LINEへの友だち追加が済んでいれば、Clovaが見つけてくれたラーメン店の画像、メニュー名と価格、Webサイト「ラーメンWalker」での店舗ページへのリンクが送られてきます。
ラーメンの画像からお店の場所まで、わざわざ手入力で検索する手間が省けるのが特長です。

スキルストアでスキルを探すときは「ラーメンWalker」のロゴマークが目印。「友だち追加」をタップしてLINEに登録!

実際にスキルを使ってみると……

では実際にスキルを使ってみましょう!
Clova Friendsに「ラーメンWalkerを起動して」と話しかけるとスキルが立ちあがります。「渋谷区の醬油ラーメン」という具合に地区と味の種類を指定できますが、「渋谷区のラーメンを教えて」のように、地区だけを指定することも可能です。その場合は味の種類はランダムに。
反対に味の種類のみ指定することもでき、その場合は地区がランダムになります。


ラーメンの画像、メニュー名、価格と店舗情報がLINEで送られてきます!


 こちらがLINEのスクリーンショット画面です。試しに味の種類は指定せず「渋谷区のラーメン」とだけClova Friendsに伝えると……しっかりとお店の情報を送ってくれました! もちろんスマートスピーカーとして「おすすめのラーメン店は○○です」としゃべってくれます。


 目的地と食べたい味の種類を指定するもよし。ラーメン通なら味の種類だけ指定して、あとはスキルがランダムに弾き出した場所へ“ラーメンプチ旅行”をするもよし。お店探しのツールとして、LINE Clovaのスキル「ラーメンWalker」はラーメン好きの良きパートナーになること間違いなし!