Ginza Noodles むぎとオリーブ

Ginza Noodle MUGI TO OLIVE
Ginza Noodles むぎとオリーブ

Address

東京都中央区銀座6-12-12 銀座ステラビル 1F
Ginza 6-12-12 Ginza Suterabiru 1F, Chuo-ku, Tokyo

Tel

03-3571-2123
+81-3-3571-2123

Access

東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座」駅 A1出口から徒歩3分
Tokyo Metro Hibiya Line Toei Asakusa Line "Higashi-Ginza" station A1 3-minute walk from the exit

Seats

15席(カウンター席のみ)
15 seats (counter seating only)

Twitter

https://twitter.com/mugiori

WeRamen

Ginza Noodles むぎとオリーブのラーメンを食べた皆さんからの投稿
Ginza Noodle MUGI TO OLIVE Photos&Movies

SNSで投稿する場合は「#ramen_cp」と「店名」をつけてください。
Please post your ramen photos or videos with “#ramen_cp” and the ramen shop name.

View this post on Instagram

蛤SOBA@むぎとオリーブ ミシュラン2016ビブグルマン受賞の銀座のラーメン店「むぎとオリーブ」 蛤SOBAというネーミングから、蛤と魚介の濃厚な出汁を想像していたが、いやいやあっさりと上品な味わい。 ともすればこれ、お吸い物やん?くらいのあっさりすっきりとした出汁。醤油ダレもキリリとは立っておらず、やんわり香る程度。 正直、一口目は物足りなく感じてしまった。 麺は細角麺ストレート。スルスルとすすれる上品な麺。麺が多く感じたけど、逆にスープが少なめなんだね。 低温調理で柔らかしっとりとした鶏胸肉のチャーシューも味わいは優しい。三つ葉ともよく合う。 結ばれているのは蒲鉾で、白い棒のようなものは茹でた?長芋。どちらも優しい味わい、優しい歯応え。 蛤は小ぶりなものが6〜7個くらい入っていたかな? 一貫して上品かつ優しい一杯。 このまま終わってしまうと、正直全然物足りないのだが?とか思っていた自分が恥ずかしい。 すぐに、ここからがこの一杯の真骨頂なのだと思い知らされる。 ここのお店、店名に「オリーブ」とあるように、テーブルには特製のオリーブオイルが置いてあり、そのオリーブオイルをかけて味変を楽しむ仕掛けなのだ。 これが本当に凄かった。 『上品なお吸い物のようなスープにオリーブオイルなんて入れたらバランス総崩れにならない?』という疑問は見事に打ち砕かれ、ニンニクの香りを移してあるオリーブオイルがスープと融合する事で物足りなさが全く無くなり、むしろこれが完成形と言わんばかりの相乗効果を生む。 いや大げさな表現だけど本当なの。 香り高い海苔との相性も抜群。旨い。 更にオリーブオイルを追加し、一気に飲み干してしまった。 一口目は物足りなく感じたが、食べ終わる頃には心地よい満足感に満たされる。 食べ進める中に起承転結がある素晴らしい一杯。 次は蛤、鶏、煮干しのトリプルスープにも挑戦したい。 御馳走様でした。 #むぎとオリーブ #蛤SOBA #銀座 #食レポうるさい #食レポくどい #でも食べてる時はこんな風に一口一口いつもずっと考えてる #ramen_cp

A post shared by Sou Matsui (@sou_frdm) on

View this post on Instagram

#むぎとオリーブ #ginza #tokyo #ramen

A post shared by Pang Kok Keong (@chef_pang) on

more