ラーメンWalker

煮干しの名店「中華そば 児ノ木」が動物系スープを使ったホルモンラーメンに挑む!

LINE

 都内の人気ラーメン店が、「ラーメンWalker東京2022」(発売中)の読者のために、月に1回ずつ限定麺を出す「プレミアム限定麺」がいよいよスタート! 今回のテーマは「元気になれる一杯」。読者はもちろん、店主、生産者などさまざまな人が喜び、楽しめる一杯を創作。レギュラーメニューでは味わえない意外なメニューも多く、各店の個性あふれる限定麺が登場する。

 1回目となる21年10月は煮干し100%スープで人気の「中華そば 児ノ木」だ。

【21年10月5日(火)~8日(金)開催】新鮮なホルモンでパワーチャージ!

「和牛ホルモンラーメン」(1100円)  撮影/高嶋佳代

「和牛ホルモンラーメン」(1100円)。1日20杯限定

※誌面掲載時から価格が変更になっております。

 動物系の素材を使わず、煮干し100%スープが自慢の「中華そば 児ノ木」。そんな煮干しの名店が挑むのは、牛骨、モミジ、鶏ガラをじっくりと炊き出したスープに、和牛の上質ホルモンから出る脂が溶け出る脱・煮干しの濃密な動物系スープ。ひと口飲むと、牛や鶏の程よい甘味とコクが体中に染み渡るのがよくわかる。そしてそこに、パワーチャージの源である新鮮でプリプリのホルモンがたっぷりと入る。ホルモンは和牛のさまざまな部位を使うので、食感や旨味が味わえて飽きることなく食べられる。また、麺はこの限定麺のために特別に作る多加水麺。濃密なスープやホルモンとの相性を考え、プルンとした舌ざわりとモチっとした食感が楽しめる仕様になっている。スープ、麺、ホルモンを一緒に一気に食べたくなる逸品だ。

プリっとした触感と濃い目に味付けされ、食欲がわくホルモン  撮影/高嶋佳代

 和牛のホルモンは、醤油ダレと塩ダレで絡めたパンチのある味付け。濃密なスープに負けない存在感抜群の仕上がりになっている。ホルモンならではの触感も楽しもう。

店主の木内克典さん  撮影/高嶋佳代

 店主の木内克典さんは、母親の出身地である新潟のご当地ラーメン、燕三条系ラーメンを独自にアレンジしてメニュー開発を行ない、現在では純煮干しの名店としてラーメン業界のさまざまな賞も受賞する凄腕。気心がしれたスタッフと共に店を切り盛りする。今回の限定麺に関しては、「栄養豊富なホルモンを食べて元気になってください」とコメント。実力派店主の渾身の一杯はぜひとも食べたいところだ。

落合駅4出口より徒歩4分の早稲田通り沿いにある  撮影/高嶋佳代

【実施日】21年10月5日(火)~8日(金)。1日15杯限定

【中華そば 児ノ木】
住所:東京都新宿区上落合1-5-3
電話:非公開
時間:11時~14時30分(LO)
   17時30分~21時30分(LO21:00)
休み:土曜、日曜
   ※21年10月16日(土)に再開予定
席数:10席(カウンター6、テーブル4
   ※禁煙
駐車場:なし
交通アクセス:東京メトロ東西線落合駅4出口より徒歩4分

※限定麺を食べるには必ず「ラーメンWalker東京2022」が必要です。食券購入時または注文時に店舗スタッフに提示してください(1人1冊、電子版不可)

【ラーメンWalker東京2022プレミアム限定麺参加店舗】

 21年10月「中華そば 児ノ木」、11月「スタミナ満点らーめん すず鬼」、12月「味噌っ子 ふっく」、22年1月「中華ソバ ちゃるめ」、2月「三ん寅」、3月「三鷹らーめん酒場 SAL」、4月「中華そば 西川」、5月「神保町 黒須」、6月「RAMEN GOTTSU」、7月「塩生姜らー麺専門店 MANNISH神田本店」

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

ラーメンニュース一覧へ