ラーメンWalker

若手俳優・佐藤峻輔が着こなす

「天下一品×MONO-MART」コラボ商品ついに発売開始! 天下一品大好き俳優・佐藤峻輔が着てみた

LINE

 2021年11月10日に創業50周年を迎えた「天下一品」。これを記念して創業記念日である同日に「天下一品Walker」も発売され、天下一品の歴史はもちろんのこと、メニューや店舗限定メニューの紹介、そして木村勉会長が語る「天下一品50年の歩み」が掲載されています。この本でも紹介されている50周年記念グッズの「天下一品×MONO-MART」コラボ商品を、天下一品をこよなく愛する俳優・佐藤峻輔さんがご紹介。 

流行のカレッジロゴプリント

 フロントには、どんぶりに描かれている龍のモチーフを中心に「天下一品」と「こってり」のロゴをローマ字プリントでカレッジ調に表現。背裏部分にも、さり気なく目を引く天下一品ブランドロゴをプラスしたトレンド感ある仕上がりです。 

「ラーメン大好き小泉さん」鳴見なるさんコラボ

 どんぶりの中に創業当時に使用していた提灯と、鳴見なるさんの代表作「ラーメン大好き小泉さん」の主人公を中華テイストに描き下ろした限定イラストをバックプリントに。 

 フロントには「拉麺」「KOTTERI」をイラスト刺繍した、通にはたまらない1着です。 

イラストレーター・青木健さんコラボ

 天下一品の「天」をイメージして再構築した大胆で存在感バツグンなロゴをバックプリントに。左胸には拉麺のイラストと天下一品50周年の記念も込めた中華風サークルロゴをプラスされています。 

ビアジャーナリスト・イソガイヒトヒサさんコラボ

 「楽しくみんなと食事がとれる光景がまたくる日を願って」の意味合いも込めて描き下ろした、大勢でラーメンを食べているイラストのバックプリントと、フロントにはアイコニックなラーメンを持つデザインと「KOTTERI」を刺繍、アイキャッチでユニークなイラストデザインです。 

「細部にまで天下一品愛を感じられるコラボグッズは日常使いしたいです」 

 ドラマや舞台、MVなど幅広く活躍中の佐藤峻輔さん。現在、ウェブドラマ「ゴーイング・ジェシー」の主演を務める彼も天下一品フリークの一人。 

「初めて食べたのは高校生の頃。屋台の味とかあっさりも食べましたが、こってりにはかなわない。こってり一筋です!」 

 天下一品愛を強く語る佐藤さんのおすすめの食べ方は?

「ラーメンはこってり、チャーハン定食を頼みます。最初、ラーメンのスープをいただき、チャーハンは2口。麺を食べるまではチャーハンはそのまま放置、ラーメンのスープと合わせて食べます。その時、チャーハンにラー油を5周かけるのがポイント。僕、辛いのが好きだけど得意ではないので、5周がちょうどいいんです。こってりラーメンのスープを際立たせます」 

 仙台出身の佐藤が上京したのは2018年。当時、東京でも天下一品に通って手に入れた自慢の「天下一品祭り」のグッズを紹介してくれました。  

2018年「天下一品祭り」のこってりどんぶりメジャー(非売品)

「今回着用したアイテムもそうですが、ちょっと抜け感があるデザインが気に入っています。よく見ると『天下一品』とわかるのですが、4名のイラストレーターの方の個性が際立っていて、どれも普段使いしたいです」 

 昨年デビューをした佐藤さん。最近では俳優として、目下、演技と向き合っているそうです。

「今はとにかくお芝居のお仕事に挑戦したい気持ちが強いです。楽しいことばかりではないですが、悩み苦しんだ後に感じるものがあり、その感覚こそが楽しいです。いろんな作品を見ていても、なんとなく作品を見るのではなく、いろんなことを深く考えて見るようになったらますます楽しくて学ぶことが多いです」 

 現在も主演ドラマを撮影中の佐藤さん。どんな俳優を目指しているのでしょうか? 

「人間としても、役者としても説得力を持たせたいです。この人が出演しているから間違いないと思われたいし、この役はこの人しかできない、と言われるような俳優になりたいです。その物語のキーマンとして見てくださった方の印象に残るような演技ができるようになりたいです」 

 モデル、MV、舞台、ドラマ、あらゆる表現に挑戦する佐藤さんにとって、「演じる」という意味で何か違いはあるのでしょうか? 

「全て表現方法は違うと思うのですが、僕の場合、そのお仕事をさせていただく時期が重要だなと思うことが多いです。最近は演技のことを考えすぎたり、悩まなくていいことで悩んでしまう自分がいます。昨年、舞台に挑戦させていただきましたが、当時は良くも悪くも怖いものがなくて、先輩方に必死についていくだけでした。あの時の自分の気持ちは大事にしなければいけないと思っています。モデルでのランウェイ出演も、うれしすぎて興奮であっという間に終わってしまったので…。きっと今だったらデザイナーさんにお話をお伺いしたり、もっとその作品について聞いてみてから表現すると思います」 

 仕事がひと段落すると決まって天下一品に行くという佐藤さん。 

「天下一品50周年、おめでとうございます! 50周年って本当にすごいです。いつか京都本店に絶対に行きたいので、仕事で行けるように日々精進します!」 
 

【プロフィール】佐藤 峻輔(さとう しゅんすけ) 
1999年5月15日生まれ、宮城出身。EX系「あざとくて何が悪いの?」、official髭男dism「アポトーシス」MVなどに出演。ウェブドラマ「ゴーイングジェシー」(主演:大月慧)https://www.youtube.com/channel/UC-ujrcx02GZa9V498l1baeQに出演中。 

ラーメンニュース一覧へ