ラーメンWalker

「麺響 万蕾」が上品な味わいのG系ラーメンを創作!

LINE

 千葉の人気ラーメン店が、「ラーメンWalker千葉2022」(発売中)の読者のために限定麺を出す「プレミアム限定麺」。今回のテーマは「元気が出るパワーアップ麺」。スパイスの効いた刺激的なものや、ガッツリ系、または地元を元気にするような一杯など、店主の創造性あふれる至高の一杯が登場する。

 2回目となる22年2月は、オープンからわずか2年強にも関わらず県内外から多くのラーメン好きが集まる人気店になった「麺響 万蕾」だ。

【22年2月9日(水)~13日(日)開催】煮干しベースのスープと太麺がマッチ

「煮干のG系ラーメン」(900円)。生卵(100円)も用意  撮影/奥西淳二

「煮干のG系ラーメン」(900円)。1日15杯限定

 煮干しと貝をベースにした滋味あふれるラーメンで人気を博す「麺響 万蕾」が手掛ける限定麺は、煮干しベースのG系ラーメン。スープは店主が厳選した良質な煮干しと豚の背ガラをガッツリと炊き出す微乳化で、濃密なダシだけど味わいは上品だ。麺はこの限定麺のために用意するモッチリした太麺。スープと麺をワシワシと食べたい。また肉厚のチャーシューも食べ応え十分。噛むほどに肉の旨味があふれ出る。そして今回は煮干し粉とタマネギを入れた生卵(100円)も特別に用意。すき焼き風に麺につけて食べてもよし、卵をといでラーメンの中に入れてもよしと、さまざまな食べ方ができる。

洗練された上質な煮干しスープ  撮影/奥西淳二

 スープのベースとなる煮干しは、九十九里産のセグロなど2~3種を使用。苦味を出さないようにじっくりと炊き出す。そしてそこに豚の背ガラを加えてさらに炊き出すことで、上品な味わいのスープが完成するのだ。豚骨・鶏ガラの濃厚なG系スープが苦手な人や女性でも食べられるはず。

店主の高野 翼さん  撮影/奥西淳二

 店主の高野 翼さんは、神奈川の人気店「RAMEN渦雷」で修業をして、19年12月に独立。素材を生かしたスープの炊き方など、修業元のよさを受け継ぎながらも独自のラーメンを追求している。そんな高野店主渾身の限定麺を楽しみにしよう。

カウンターのみだが、広々とした店内  撮影/奥西淳二

レンガ造りが印象的な外観  撮影/奥西淳二

【実施日】22年2月9日(水)~13日(日)。1日15杯限定

【麺響 万蕾】
住所:千葉県松戸市稔台1-1-17
電話:非公開
時間:11:30~14:30、18:00~21:00、日曜11:30~14:30 (各LO)
※限定麺開催時期は「まん延防止等重点措置」期間中のため、11:30~14:30、18:00~20:30(限定麺のみ20:00)、日曜11:30~14:30 (各LO)に変更して営業
休み:月曜
席数:8席(カウンターのみ)※禁煙
駐車場:なし
交通アクセス:新京成線みのり台駅南口より徒歩2分

※限定麺を食べるには必ず「ラーメンWalker千葉2022」が必要です。食券購入時または注文時に店舗スタッフに提示してください(1人1冊、電子版不可)

【ラーメンWalker千葉2022プレミアム限定麺参加店舗】
21年12月「濃麺 海月」(終了)、22年2月「麺響 万蕾」、3月「らあめんclover」、5月「長男、もんたいちお」、7月「麺や 福一」、9月「とものもと」

【取材・文=瀧本充広、撮影=奥西淳二】

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

ラーメンニュース一覧へ