迂直

UCHOKU
迂直
by k.kagaya1991

Address

東京都杉並区天沼3-10-16-102
3-10-16-102 Amanuma, Suginami-ku, Tokyo

Tel

非公開
private

Access

JR「荻窪」駅 北口から徒歩5分
5 minutes walk from JR "Ogikubo" Station North Exit

Seats

7席(カウンター席のみ)
7 seats (only counter seats)

Twitter

https://twitter.com/_uchoku

WeRamen

迂直のラーメンを食べた皆さんからの投稿
UCHOKU Photos&Movies

SNSで投稿する場合は「#ramen_cp」と「店名」をつけてください。
Please post your ramen photos or videos with “#ramen_cp” and the ramen shop name.

View this post on Instagram

【醤油清湯系つけ麺の完成系を荻窪に見る】 ☆Shop -お店- #迂直 @杉並区・荻窪駅 ☆Menu -メニュー- #特製醤油つけ麺 1,050円  ☆Caption -感想- SNS界隈で名前は沢山聞いていた、 昨年末に荻窪でオープンしたお店。  11時30分開店に対して10時15分に到着。 並ぶ位置に戸惑いながらも、 ほぼ1巡目に準ずるポジションを確保。 GW中で大行列になっていたことも手伝ってか、 11時10分頃の早開けで、少し助かった気分に。  事前情報にあった通り、回転はそこまで良くない。 しかしながら、丁寧な接客や諸々の作業の結果なので ストレスは感じないことを付記しておきたい。  結論から言って、相当にハイレベルな一杯。  鰹昆布水に浸けられた、しなやかな平打ち自家製麺を まずはそのまま何も浸けずに頂く。 乾物由来の繊細な旨味を纏う麺から、麦の香りがほんのりと。 えっと、これだけで完食しても良いですか?(良いわけない)  つけ汁は醤油のいい香りと、鶏の旨味が バランスよく交わった、清湯系での構成。 最初は確かに濃い目の味だが、 その分旨味も強く感じることができる。 麺をつければつけるだけ、鰹昆布水が溶け込み始め、 鶏・鰹・昆布の三位一体となったつけ汁が完成する。 最後は麺の丼に残った昆布水でスープ割りにして、 締めるのだが、ここまで完全に計算されたストーリーだとしたら、 直木賞でも芥川賞でも本屋大賞でも好きなの持っていって欲しい。  具材だって抜かりなく。 吊るし焼きを彷彿とさせるビジュアルのロース肉。 余分な油は全く感じられないが、柔らかさは理想そのもの、 厚みもあり肉感もしっかりと感じられて、 フリスクのケース大の世界にとんでもない満足が詰まっている。 味玉を取れば出汁の香りがふんわりと漂い、 メンマはコリコリとした歯ごたえの満足度が非常に高い。  老若男女楽しめる相当にハイレベルな体験ができる優良店。  《Hash tags》 ☆Area -地域・沿線- #荻窪駅 #荻窪ラーメン #杉並区ラーメン  #中央線ラーメン #丸ノ内線ラーメン #OgikuboRamen  ☆Category -タイプ- #つけ麺 #醤油つけ麺 #自家製麺  ☆Affiliation -所属- #ラーメン食べ歩き隊ッ #デカチリラーメン部 #wegger @wegweiser.official  #ramen_cp  ☆Others -その他- #ラーメン #らーめん #拉麺 #Ramen #라면 #🍜 #麺活 #麺スタグラム #ラーメンインスタグラマー #Japanesefood #noodle #noodles 

A post shared by Kazuma Kagaya【ラオタ】 (@k.kagaya1991) on

more

ラーメンWalker東京2020