麺屋 さくら井

Menya SAKURAI
麺屋 さくら井

Movie

Address

東京都武蔵野市西久保2-15-27
Nishikubo 2-15-27 Musashino-shi, Tokyo

Tel

非公開
非公開

Access

JR中央線・総武線「三鷹」駅 北口から徒歩12分
JR Chuo Line, Sobu Line "Mitaka" Station 12-minute walk from the north exit

Seats

8席(カウンター席のみ)
8 seats (counter seating only)

Website

http://www.io-sacra.com/MenyaSakurai.html

Twitter

https://twitter.com/menya_s

WeRamen

麺屋 さくら井のラーメンを食べた皆さんからの投稿
Menya SAKURAI Photos&Movies

SNSで投稿する場合は「#ramen_cp」と「店名」をつけてください。
Please post your ramen photos or videos with “#ramen_cp” and the ramen shop name.

View this post on Instagram

【磨き抜かれた超正統派醤油】 ☆Shop -お店- #麺屋さくら井 @武蔵野市・三鷹駅 ☆Menu -メニュー- #特製醤油らぁ麺 980円  ☆Caption -感想- インスタって便利ですよね。 足を運ばない地域のラーメンも、 写真で確認して気になるところを見つけられるから。 でも、これは!というのに限って 遠方なジレンマもあります。  ちなみに新宿から西に行くのはひと仕事。 そんな僕でも気になって来てしまった、 三鷹の住宅街の中の有名店がこちら。  11時30分開店の1時間前にPPで到着。 この日は開店待ちで行列が出来ていて、 11時20分に早開けしてくれて気分的に助かる。  醤油か煮干で迷ったが、左上の法則で醤油に。 過不足のない丁寧な案内で席に通される。  麺線、具材、スープの澄み具合。 どれを取っても美しきビジュアルに見惚れる。  醤油の香りを程よく生かし、 うるさ過ぎず静か過ぎずでまとめたスープ。 鶏が先行しているが、節系や昆布系の追い掛けもあり、 全体の調和が取れたハイスペックな仕上がり。  麺はスープの持ち上げが心地よく、 舌触りは滑らかに、歯応えもプツプツと 全てにおいて満足度が高い。  そしてお楽しみの具材。 レア仕上げのロースチャーシュー。 入念な下処理のお陰で柔らかながら、 しっかりと肉の旨味を噛み締められる。 スープの熱でしっかり目の硬さで楽しむのもまた正解。  鶏チャーシューだって淡白さは微塵も感じない、 柔らかしっとりな歯応えには、全米が涙すると思う。  メンマの歯応えも硬すぎず柔らか過ぎず。 This is メンマ  とでも言おうか。気持ちよ伝われ。  あえて言えばもの凄い派手さはない代わりに、 基本に準じた全てハイレベルに揃えられた、 そんな素敵な一杯に出会えた。  《Hash tags》 ☆Area -地域・沿線- #三鷹駅 #三鷹ラーメン #武蔵野市ラーメン  #中央線ラーメン #総武線ラーメン #MitakaRamen  ☆Category -タイプ- #醤油ラーメン #醤油清湯ラーメン #無化調  ☆Affiliation -所属- #ラーメン食べ歩き隊ッ #デカチリラーメン部 #wegger @wegweiser.official  #ramen_cp  ☆Others -その他- #ラーメン #らーめん #拉麺 #Ramen #라면 #🍜 #麺活 #麺スタグラム #ラーメンインスタグラマー #Japanesefood #noodle #noodles #さくら井

A post shared by Kazuma Kagaya【ラオタ】 (@k.kagaya1991) on

View this post on Instagram

そう!ラーメン ラーメン いろんな角度から麺を開拓魂!!三鷹 麺屋 さくら井「特製らぁ麺(醤油)」!!!それは、圧倒的繁忙期に取るラーメン休暇、通称“麺休”の素晴らしさを感じなぎら、先ずは性地・秋葉原にてめっちゃ好かれてる人へのラヴァの来週の平日イベントの片道切符をゲットして、毎度おなじみチンカス同行人と麺を想えば、「旨い醤油が吸いたい」との要望を受けて、前から気になっていたところも初訪問はミタカーチルドレン・さくら井を開拓魂!セクシービデオをカバンに詰め込んで秋葉原から向かうこと、閑静な住宅街に突如として現れた行列は13時20分店前到着で10人待ちに後続も続々と平日なのに恐怖体験!暫くしてスタッフの声掛けで中に入り先に食券購入で選んだは、王道の醤油の特製の終わりなき旅チョイス!再びの外待ちを経て中に入りカウンター左奥席に着席、ご主人のきっとサクライさんの麺捌きのシーソーゲームに見惚れること程なく!艶やかな醤油の色と肉々しい淡いピンク色のチャーシューが美しい一杯が登場!一口吸えば、鶏と醤油のいい意味でありふれた旨味が愛おしく思える旨さっ!コシがありつるやかな“麺の仕業”も秀逸に、肉厚な豚と鶏チャーが見せる仕草 僕に向けられてる旨さっ!もう何ひとつ見落とさず、夢中で吸って完食完飲イノセントワールド!!次は塩か煮干のしるしを吸いに再訪確定!旨いっ!!!!! #ramen_cp

A post shared by ウンちゃん (@the_jirorisings) on

more

ラーメンWalker東京2020