麺屋 歩夢
Menya AYUMU

by the_jirorisings

Address
神奈川県相模原市中央区淵野辺本町3-29-13
Fuchinobe Honcho 3-29-13 Sagamihara, Chuo-ku, Kanagawa Prefecture
Tel
非公開
private
Access
JR横浜線「淵野辺」駅 北口から徒歩15分
15 minutes walk from JR Yokohama Line "Fuchinobe" Station North
Seats
18席(カウンター10席、テーブル8席)
18 seats (counter 10 seats, table 8 seats)

麺屋 歩夢のラーメンを食べた皆さんからの投稿

Menya AYUMU's Photos&Movies

Instagram、Twitter、YouTubeで投稿する場合は「#ramen_cp」と「店名」をつけて投稿してください。

Please post your ramen photos or videos with “#ramen_cp” and the ramen shop name.

View this post on Instagram

そう!奴はとんでもないブタを盗んでいきました魂!!淵野辺 麺屋 歩夢「小汁無し」チーズニンニクアブラ!!!それは、今週も副業であるチンカス糞会社の糞仕事は片手間に、本業に専念するはクソリプ職人、通称“クソリッパー”の長い1週間が終わり、糞デスクの糞モニター下にスマホを置いてグラドルやセクシー女優が呟いたら5分以内にクソリプを送りつけるノルマもクリアしたかなと気分がいい華の金曜日!平成最後の満月の夜に相応しい麺を想えば、先日めでたく1周年を迎えた淵野辺の豚星。複製人間(ブタボシ。クローン)・歩夢に、祝賀の意を込めて約8ヶ月ぶりの訪問魂!!チンカス糞会社の終業間際にインスタの乳房の方にもクソコメを丁寧に送り、定時マモーして向かうもその圧倒的距離にほぼ19時到着で店内満席の後続も続々と大盛況!気になるテイストがありつつも、ここは未食の汁なしに王道のチーズトッピングと、私は個人の資格で歩夢めを追いますセットをチョイス!相変わらず殺気立ってんなぁ…歩夢っつあん…(嘘)と、その華麗なる麺捌きと、よりマモーよりの歩夢マザー(?)のアシストに見惚れること程なく!これが賢者の石かと錯覚する、ブタと脂の煌めきが神々しい一杯が登場!麺を持ち上げ一口吸えば、濃厚な豚の旨味と黒胡椒のキレの、アユモーの魔力に操られ我を失う旨さに感動!肉厚な賢者の石、もといブタも最高にウマモー!生卵とチーズでマイルドウマモー!俺ぁ、歩夢ぇ、盗まれて完食、汁というか脂は残すつもりも操られて完脂飲!お次は何味を盗もうかと考えなぎらも、本体の豚星。も吸いに行かなきゃぁ!めっちゃ旨いっ!!!!! #ramen_cp

A post shared by うんちゃん (@the_jirorisings) on

View this post on Instagram

そう!最後の冷やしに今年もなったな魂!!淵野辺 麺屋 歩夢 限定「冷やし」黒ウーロン茶ニンニクアブラ!!それは、真夏のピークが去った 天気予報士がテレビで言ってた、かどうかは知らないけれど、わい好みのめざましのお天気キャスター・かやちゃんこと“朝の膨らみ”は今週は夏休みということで、物足りない朝を過ごした死の第1週を終えた記念の麺に!今週の日曜日で終わってしまうという、歩夢の冷やしを求めて、再びの横浜線をひた走る!!2度目にして限定を吸うもどかしさも、淵野辺駅からお店までの果てしなさを考えれば止むを得ず!!2ヶ月ぶりの訪問は、ゆったりとした時間が流れる店内で、歩夢氏の冷やしあしらえに見惚れなぎら程なく!黒光りが眩い歩夢流アブラの海を泳ぐ、トマトの赤い季節色が涼しい一杯が登場!丼底から麺を救って一口吸えば、醤油のキレと豚出汁の甘味に、柑橘系はシークヮーサーの酸味が三位一体とまぐわり圧倒的な旨さを魅せて!!キンキンに冷えてやがるヤサイに平太麺が箸と顎を休ませない、これが歩夢氏のすべてか!!最後の冷やしとなりそうで、夏の終わりの淋しさを感じなぎらなんとか完食!!最後の最後の冷やしが終わったら 僕らは変わるかな 同じ豚を見上げているよ!!次こそは汁なしかな!また来よう!そろそろ、高田馬場の方にも行かないと!旨いっ!!!!! #ramen_cp

A post shared by うんちゃん (@the_jirorisings) on

『We♥Ramen』キャンペーンでは「麺屋 歩夢 」のラーメン写真・動画を募集しています。

English