ラーメンWalker

「Ramen Free Birds」が魚介の魅力あふれる限定麺を創作!

LINE

 神奈川の人気ラーメン店が、「ラーメンWalker神奈川2022」(発売中)の読者のために、月に1回ずつ限定麺を出す「プレミアム限定麺」がいよいよスタート! 今回のテーマは「高級食材」。普段はあまり使わない食材を使い、店主の創造性あふれる至高の一杯にしていく。

 1回目となる21年11月は素材のよさを引き出す淡麗ラーメンが人気の本郷台「Ramen Free Birds」だ。

【21年11月11日(木)~14日(日)開催】鯛や車エビの優しいダシに癒される

「真鯛と車海老の塩ラーメン」(1600円)。当日は写真のウニの変わりに、フランス産のキャビアが添えられる  撮影/奥西淳二

「真鯛と車海老の塩ラーメン」(1600円)。1日15杯限定。

 スープの旨味を前面に押し出した淡麗ラーメンで人気を博す「Ramen Free Birds」。この限定麺は店主・宮本 智さんの実力を存分に堪能できる一品だ。今回のポイントとなる食材は、真鯛と車エビ。その上品な食材から丁寧にダシを取り、そこに名古屋コーチン、みつせ鶏の丸鶏や鶏ガラのスープを合わせるダブルスープで、真鯛や車エビのダシを鶏スープがしっかりと支えるようななんとも上品な味わい。飲むごとに体に染み渡っていく優しいラーメンだ。

車エビで作ったしんじょう。まるで高級和食店で出てきそうな逸品  撮影/奥西淳二

 スープのほかに注目は、やはり色鮮やかに盛り付けされたトッピング。特に車エビを丁寧にすりつぶして作ったしんじょうは特筆もの。車エビの甘味のある風味と、上品な食感が絶品だ。またあえて車エビのぶつ切りも入れて、車エビ本来の食感も楽しめる工夫も施している。スープのダシを一緒に食べると、まるで高級和食店の懐石料理を食べているような感覚になりそう。

 そのほかにも、真鯛を低温調理し炙った切り身や、この時季しか出回らない山形産のもって菊、フランス産のキャビアなど貴重な食材がおしみなく盛り付けされている。

店主の宮本 智さん  撮影/奥西淳二

 店を切り盛りする店主の宮本さんは、県内の淡麗ラーメンの名店で腕をふるっていた実力派。2018年6月のオープン後も多くのラーメン通をうならせているほか、住宅街にあるため近所のファミリーにも愛されている店だ。

アメリカンダイナーのようなオシャレな店内  撮影/奥西淳二

青い扉が目印。徒歩1分ほどのところにある駐車場の場所が書いてある看板もあるので車で来たらチェックしよう  撮影/奥西淳二

【実施日】21年11月11日(木)~14日(日)。1日15杯限定。

【Ramen Free Birds】
住所:神奈川県横浜市栄区桂町181-12
電話:045-392-6379
時間:11:00~15:00、17:30~20:00、火曜11:00~15:00(各LO)
休み:水曜
座席:11席(カウンター7、テーブル4)※禁煙
駐車場:5台(無料)
交通アクセス:JR本郷台駅より徒歩12分

※限定麺を食べるには必ず「ラーメンWalker神奈川2022」が必要です。食券購入時または注文時に店舗スタッフに提示してください(1人1冊、電子版不可)

【ラーメンWalker神奈川2022プレミアム限定麺参加店舗】
2021年11月「Ramen Free Birds」、12月「麺屋 ぬまた」、2022年1月「麺屋づかちゃん」、2月「創作麺処 スタ★アト」、3月「ハイパーファットン」、4月「担々麺 麺山椒」、5月「麺酒処 ふくろう」、6月「自家製麺 麺屋 利八」、7月「TOKYO BAY FISHERMAN’S NOODLE」、8月「らぁ麺 桃の屋」

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

ラーメンニュース一覧へ