ラーメンWalker

「ラーメンWalker東海2022」の限定麺企画第5弾! 3・4月は「麵屋 そにどり」の豚清湯に初挑戦した麺が登場

LINE

 東海エリアの人気ラーメン店が「ラーメンWalker東海2022」(発売中)の読者のために考案した、スペシャルコラボ企画「プレミアム限定麺」が2021年11月より始動中だ。参加店舗は、ラーメンWalkerのグランプリ受賞者や殿堂店でもある名店ぞろいの7店舗。今年のテーマは、東海の食材で作る「元気になれる一杯」。テーマの通り、銘柄豚や地鶏、牡蠣、ネギ、ニラといったスタミナ満点&栄養たっぷりな東海エリアの名産品を使い、各店主が考えた個性あふれるメニューの数々が登場する。

 5回目の開催店舗は、三重・四日市の人気店「麵屋 そにどり」。

【2022年3月24日(木)~4月3日(日)開催】

「菰錦豚煮干しらーめん」(1000円)
撮影/山本章貴

「菰錦豚煮干しらーめん」(1000円)。平日1日10杯、(土)(日)1日20杯限定

 三重県四日市市を代表する人気店の一つ、「麵屋 そにどり」が豚清湯を使ったラーメンに初挑戦!その豚清湯に煮干しをかけ合わせ、今回だけの醤油ラーメンに仕上げたプレミアムな一杯には、三重・菰野町産ブランド「御在所山麓 菰錦豚(こもきんとん)」で作ったチャーシューや肉ワンタンなどをトッピング。食べごたえ満点の豪華な一杯になっている。

「佐藤ピッグファーム」が誇るオリジナルブランド、菰錦豚(こもきんとん)
撮影/山本章貴

 使用素材は、三重県菰野町の養豚場「佐藤ピッグファーム」の最高級豚、御在所山麓 菰錦豚。肩ロースとバラの部位で2種類のチャーシューを作るほか、ワンタンに包む肉タネも菰錦豚のみにするという。

「いつもの“鶏×煮干し”のスープとは違い、土台を豚清湯にしました。重厚感のあるどっしりとした味わいの一杯です」と店主の北原 悟さん。“豚清湯×煮干し”のラーメンは、いつかトライしてみたかったテイストだったそうで、今回のスープに合わせてタレや麺、トッピングなども変更した。醤油ダレは、素材の味が生きるよう、ブレンドする醤油の比率を変更し、麺は平打ちの手もみ麺に。麺のすすり心地も含め、手もみ麺の不定期なウエーブがどっしりしたスープに合うそうだ。

店主の北原 悟さん 撮影/山本章貴

 店主の北原さんは、東京の「せたが屋」で8年、大阪の「えぐち」で2年修業し、2017年、自身の地元である三重の地で「麵屋 そにどり」を出店した。2つの名店で培ってきた技術をもとに、錦爽鶏(きんそうどり)ほか三重県産の素材などで作るこだわりの一杯は、鶏と煮干しの旨味が絶妙! 瞬く間にファンを獲得し、オープン以来、好評を博し続ける人気店となった。

 「ラーメンWalker東海」のラーメンWalkerグランプリでは、2018年に新店&総合1位をダブルで獲得。翌2019年にも総合1位に選ばれ、最短で殿堂入りした経緯も持つ。

カウンター席とテーブル席で構成された、清潔感あふれる店内
撮影/山本章貴

店舗は近鉄四日市駅から徒歩で10分ほどの位置、西浦通り沿いにある。車で訪れる人は店舗裏の駐車場に駐車しよう
撮影/山本章貴

【実施日】2022年3月24日(木)~4月3日(日)開催。
 平日1日10杯、(土)(日)1日20杯限定

【麵屋 そにどり】

住所:三重県四日市市堀木2-10-20
電話:059-336-6347
時間:11時~15時、18時~21時30分(LO21時)※売切れ次第終了
休み:火曜、月曜の夜
席数:18席(カウンター6、テーブル12)※禁煙
駐車場:8台(無料)
交通アクセス:近鉄名古屋線・湯の山線近鉄四日市駅より徒歩10分

※限定麺を食べるには必ず「ラーメンWalker東海2022」が必要です。食券購入時または注文時に店舗スタッフに提示してください(1人1冊、電子版不可)

【ラーメンWalker東海2022プレミアム限定麺参加店舗】

 2021年11月~12月「麵屋 白神 本店」(終了)、2021年11月「ニボチャチャ!!ラーメン あらき軒」(終了)、2022年2月・5月「麵屋さくら」(2月は中止)、2022年2月「鉢ノ葦葉」(終了)、2022年3・4月「麵屋そにどり」、2022年5・6月「ラーメン イロドリ」、2022年6~8月「らぁ麺 紫陽花」

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

ラーメンレビュー一覧へ