ラーメンWalker

武蔵野・多摩の名店のラーメンを自宅で堪能! お取り寄せ麺特集【ZATSUのオスス麺 in 武蔵野・多摩】第57回

LINE

 今回のオスス麺は、「お取り寄せ麺」!

 突如襲ってきた新型コロナウイルスの脅威によって、私たちの生活様式はガラリと変わりました。

 ラーメン屋さんにフラリと食べに行き、家族やパートナーや仲間たちと楽しく会話をしながらラーメンを食べる、そんな当たり前の事が出来なくなり、マスクをしての入店、マスク無しでの会話はしない、ソーシャルディスタンス、お酒は提供しない、営業時間は短縮……。

 何が必要な事で何が不要な事なのか、納得が出来ない思いのお店の人も多数いらっしゃると思います。ただ、立場が違うと見えるものも違うので、何が正しいかは分かりませんし、私ごときが語る事では無いのでその話はしません。

 私は、ただただ大好きなラーメンをこれからも美味しく楽しく食べていきたい、そしてそのラーメンを提供して下さるお店を応援したいという思いだけです。

 「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」などによって、食べたくても食べに行けない大好きなお店や、売り上げの減ったお店の助けになりたい。

 最近ではテイクアウトやデリバリー、通販などを活用し、自宅でお店の味を楽しむ事が出来るようになりました。

 その中でも今もっとも注目を浴びているのが「通販」や「お取り寄せ麺」と呼ばれるもの。

 通販と言っても、スープは濃縮タイプをお湯で割って作るものを始め、麺も生麺もあれば乾麺もあるなど多種多様ですが、今回は実際のラーメン屋さんで提供しているそのままの味を楽しめる「ストレートスープ」と呼ばれるタイプの「お取り寄せ麺」を提供している武蔵野・多摩のお店を何軒かご紹介しようと思います。

 基本的には、どのラーメン・つけ麺・油そばもパックに入った冷凍スープを湯煎し、麺を茹でるだけの簡単調理で、チャーシューやメンマなどの具材も一緒に入っている事が多いのでそのままでお店の味と殆ど変わらないラーメンを楽しむ事が出来ますが、さらにお店に寄せたトッピングを用意して実店舗のラーメンに限りなく近いものを再現してみたり、全く違うトッピングを用意してお店では食べられない新しいラーメンに仕上げたりする事が出来るなど、色々な楽しみ方があります。


【ムタヒロ(東京・国分寺ほか)】

国分寺を中心に多店舗展開を行う、ハッピーな大人気店

「銀鱗のワハハ煮干そば しょうゆ味」(調理例)

 カタクチイワシの煮干を大量に煮込んだという魚介系の醤油味スープに、粗めの背脂がたっぷりと浮かんだ、ガツンとパンチの効いた荒々しさのある一杯!

 ※「ムタヒロオンラインストア」「RAMEN STOCK」「宅麺.com」などで購入出来ます。


【らーめん いつ樹(東京・小作)】

「海老つけ麺」「鯛塩らーめん」の二枚看板のほか、多種多様な限定麺を提供する行列店

「海老つけ麺」(調理例)

 ドロドロの超粘度を持った濃厚な味わいと芳ばしい風味のつけ汁に、香り豊かな麺を楽しめる他では味わえない最高のつけ麺!

 ※「五ノ神製作所 公式サイト」で購入出来ます。


【つけ麺 えん寺(東京・吉祥寺ほか)】

ベジポタのパイオニアで、常に行列の絶えない人気店

「ベジポタつけ麺」(調理例)

「ベジポタ辛つけ麺」(調理例)

 濃厚な魚介豚骨に野菜ペーストをたっぷり加えたベジポタスープに、極太の胚芽麺が合わさったオンリーワンなつけ麺!

 ※「宅麺.com」で購入出来ます。


【中華そば しば田(東京・仙川)】

全国1位の称号を得た事もある、仙川が誇る大行列店

「中華そば」(調理例)

 合鴨と地鶏を合わせたという清湯系の醤油味スープ。丸鶏のふくよかな風味とやわらかな旨味に、鴨のギュッとした力強い旨味を感じる出汁とこだわり抜いた醤油を合わせた上質な一杯!

 ※「中華そば しば田-BASE」「お家ラーメン」「宅麺.com」などで購入出来ます。


【吉祥寺武蔵家(東京・吉祥寺ほか)】

20年間変わらぬ製法でファンに愛される、多摩地区における家系のパイオニア的存在

「家系MAX」(調理例)

 こちらの商品は、麺硬め・味濃いめ・油多め・海苔多めの「MAX」と呼ばれるもので、豚骨臭漂うゴリゴリした骨感のある濃厚な豚骨スープに、ガツンとしたパンチのある醤油感が合わさったインパクトのある一杯!

「辛辛家」(調理例)

 「吉祥寺武蔵家」の代名詞である濃厚豚骨醤油と、「麺処 井の庄」の代名詞である辛辛魚が合わさった最強コラボ!

 お取り寄せだけの特別商品として期間限定で販売された貴重な一杯で、これからのラーメン屋さんの新しいスタイルの可能性を強く感じた一杯でもあります。

 ※「吉祥寺武蔵家-BASE」「RAMEN STOCK」「宅麺.com」などで購入出来ます。


【スタミナ満点らーめん すず鬼(東京・三鷹)】

リピーター続出!ジャンクラーメンの代表格となった三鷹の大人気二毛作店

「スタ満ソバ」(調理例)

 ガツンとしたニンニクの風味が効いた濃い口の醤油味で、小切りの豚バラ肉とザク切りの玉ネギがドッサリ入った、ジャンクでボリュームのある病み付きになる味わい!

 部屋中がニンニク臭で充満するような強烈さだけど、これが自宅で食べられるのは感動モノです!

 ※「宅麺.com」などで購入できます。(期間限定や数量限定販売となる事が多いです)


【麺創研 紅(東京・国分寺ほか)】

国分寺や府中に店舗を構える、ガッツリ系辛味噌ラーメンの人気店

「味噌らーめん」(調理例)

「紅らーめん」(調理例)

「鬼紅らーめん」(調理例)

 他には無い7種類の太さを持った「乱切り麺」に、濃厚な味噌スープとたっぷり入った豚バラスライスを楽しめます。お店と同様に、辛味の少ない「味噌らーめん」、基本の辛さの「紅らーめん」、激辛の「鬼紅らーめん」の3種類用意されているのが嬉しい!

 ※「麺創研 紅 楽天市場店」「アマゾン」などで購入出来ます。


【麺屋こころ(東京・立川ほか)】

多店舗展開する元祖・台湾まぜそば「はなび」の公認店。昨年初夏に立川ラーメンスクエアにもオープン

「台湾まぜそば」(調理例)

 コシとモチモチ感がある太麺に、ライトでスッキリした優しい甘味のタレと、ピリ辛でコクと旨味のある台湾ミンチが絡みついてくる濃厚な味わいを楽しめます!

 お好みでニンニクやニラなどを加えれば、ジャンクさがさらにアップ!

 ※「宅麺.com」などで購入出来ます。


【中華蕎麦 丸め(東京・東久留米)】

多摩地区でいち早く燕三条系ラーメンを提供したお店。濃厚な豚骨ラーメンも大人気

「背脂煮干ラーメン」(調理例)

「背脂煮干つけ麺」(調理例)

「和歌山中華蕎そば」(調理例)

 力強い煮干感と背脂のコクと旨味を存分に楽しめる燕三条系背脂煮干のラーメンやつけ麺、本場以上の濃厚感を楽しめるドッシリとした醤油豚骨の和歌山ラーメンなど、どれもハイクオリティな味わいを楽しめます!

 ※「RAMEN STOCK」「宅麺.com」などで購入出来ます。


【麺処 井の庄(東京・立川ほか)】

立川の人気ラーメン施設「たま館」内の「麺処 井の庄 立川店」

西武池袋線・保谷駅前の「INOSHOW」

 練馬区の石神井公園に本店を置き、多摩地区にも立川「たま館」や保谷に店舗を構える人気店。

 「辛辛魚」と呼ばれる濃厚魚介豚骨に強い辛味を加えたラーメンが有名で、カップ麺でもお馴染み。

「辛辛魚らーめん」(調理例)

 ドロッとした高い粘度を持ったどっしりした濃厚感と、魚介の風味が見事にマッチしたコクと旨味のあるスープ。そこに辛魚粉のガツンとした刺激的な強い辛味が加わって強烈なインパクトを出した一杯!

「辛辛イノジ」(調理例)

 保谷店の人気メニュー「鶏鶏イノジ」に特製ラー油が加わった「辛辛イノジ」は、円やかな鶏白湯魚介スープに強い辛味が加わった、アメとムチが同居したような一杯!トッピングの鶏チャーシューも絶品!

 ※「井の庄公式ネットショップ」「RAMEN STOCK」「宅麺.com」などで購入出来ます。


【東京スタイルみそらーめん ど・みそ(東京・立川ほか)】

京橋に本店を置く味噌ラーメンの人気店。多摩地区ではグランデュオ立川や府中の東京競馬場内に出店

「特みそこってりらーめん」(調理例)

 不動の人気メニュー「特みそこってりらーめん」は、江戸甘味噌や信州味噌等5種類の赤味噌をブレンドしたもので、ピリッとした辛味やスパイシーな風味を感じるオリジナリティ溢れる濃厚な味噌スープと、プリプリの太麺が合わさった「東京スタイル」の味噌ラーメン!

 ※「東京スタイルみそらーめん ど・みそ-BASE」「RAMEN STOCK」「宅麺.com」「おうちラーメンバンク」などで購入出来ます。


【たけちゃんにぼしらーめん(東京・調布)】

煮干ラーメンのパイオニアで、今もなお調布を代表する人気店

「醤油らぁ麺」(調理例)

「塩らぁ麺」(調理例)

 煮干感をしっかり出しつつもニボニボし過ぎず、キッコーゴのキリッとした濃口醤油と合わせた「醤油らぁ麺」。

 それに対し、出汁感を主役にしながら煮干の味わいが顕著に感じられ、ほんのり甘味を感じるような優しい味わいの「塩らぁ麺」。この対比が面白く、是非2種類食べて貰いたいラーメン!

 ※「たけちゃんにぼしらーめん 通販サイト」で購入出来ます。


【支那ソバ 玉龍(東京・拝島)】

昭島市の拝島駅から徒歩10分、緑街道沿いに店舗を構える

 目黒の「支那ソバ かづ屋」出身で、シンガーソングライターでもある東野純直さんが店主を務めるお店。

 芸能人の片手間ではなく、仕込みから営業まで一人でこなし、「かづ屋」の味を受け継いだ本格派のラーメンが食べられるお店。

「支那ソバ」(調理例)

 スープは、鶏や豚等の動物系をベースに魚介を合わせた清湯系のあっさり優しい醤油味。

 シンプルながらも出汁の旨味をしっかり引き出したバランスの良いもので、グッと引き込まれる強さがありつつも飽きの来ない味わい!

 ※東野純直さんのオフィシャルグッズショップ「AZ WEB SHOP」で購入出来ます。


【油ソバ専門店 一平ソバ(東京・東小金井)】

武蔵野・多摩が発祥の油そばを「珍珍亭」「宝華」などとともに広めた、後発ながらも代表格の一店

「一平ソバ」(調理例)

 こちらの商品は具材が入っておらず、タレと麺だけのシンプルなものながら、それだけでもモッチモチの麺とこってりした醤油ダレの合わさったお店の味をしっかり堪能する事が出来ます。

 好みでチャーシュー・ネギ・メンマ・マヨネーズなどをトッピングすると、より一層「一平ソバ」らしさを楽しめます!

 ※「油ソバ専門店 一平ソバ 公式サイト」で購入出来ます。
 


 今回ご紹介したのはほんの一部のお店で、武蔵野・多摩地区に限らず他にもたくさんの「お取り寄せ麺」を楽しめるお店があります。

 私は一回目の緊急事態宣言の時にラーメン店で食べるのを自粛し、テイクアウトやお取り寄せのみでラーメンを食べる毎日を送り、そこでお取り寄せの魅力に気づき継続して利用し続け、現在150杯以上のお取り寄せ麺を食べています。

 お店で食べるのはやっぱりその雰囲気も含めた「味」を楽しめるので、それの代わりになるものはありませんが、お取り寄せだからこそ普段行けないお店の味を楽しむ事が出来るのも事実なので、「ストレートスープ」の「お取り寄せ麺」は、是非試してもらいたい「オスス麺」です!

※ご紹介した商品は取材時のもので、現在は売り切れになっている場合があります。詳しくは各販売先にお問い合わせください。

ZATSU

2006年に開設したブログ「ZATSUのラーメン」の管理人。武蔵野・多摩地区を中心にしたラーメン食べ歩きを始めて15年以上。現在は年間400〜500杯程度を食べ、新店コレクターでありながらも老舗店やリピートするお店も多数あり。チェーン店からファミレス、カップ麺までも愛する真性の「ラーメン好き」で、基本的に何でも美味しく食べられる幸せ者。「自分の好みのラーメンを見つけて欲しい」と言う思いをモットーに色々なラーメンを紹介していきます。

本人ブログ(https://zatsu-ke.blog.jp/

本人Twitter @zatsu_ke

ラーメンレビュー一覧へ