ラーメンWalker

個性豊かなラーメンとつけ麺、チャーシューも絶品な福生市の人気店 麺や 田むら(東京・牛浜)【ZATSUのオスス麺 in 武蔵野・多摩】第60回

LINE

JR青梅線・牛浜駅から徒歩6分「麺や 田むら」

 今回のオスス麺は、福生駅と牛浜駅の間、多摩橋通り沿いにある人気店「麺や 田むら」。

 青梅線沿線の拝島以西では少なかった淡麗系ラーメンを持ち込み、着実に認知され、現在は行列の出来る店となっています。

 カウンターのみの小ぢんまりした空間ながら、和を感じるお洒落で落ち着きのある雰囲気なので、女性客も多く来店。横田基地がすぐ近くにある福生市という土地柄もあって、外国人のお客さんもよく見かけます。

2017年10月撮影、オープン当初の様子

 ご主人は、元々は大手企業のエリートサラリーマンとして長く働いていたようですが、そのキャリアを捨ててラーメンの世界に入ったとの事。

 ラーメンが大好きで「自分で作りたい!」という思いから、“神の舌を持つ男”として有名な石神秀幸氏が塾長を務め、数々の名店店主が講師に名を連ねる合宿型のラーメン学校「食の道場」へ入門。そこで「いずれは自分の店を出したい」との思いが生まれ、町田の名店「白河手打ち中華そば 一番いちばん」などでの修業を経て、2017年9月29日に「麺や 田むら」をオープンさせました。

チャーシューが5枚、味玉ものった特製の「中華そば 極」

 「田むら」の基本メニューと言えば、醤油味の「中華そば」。

 鶏を主体としたふくよかな旨味と風味がたっぷりと感じられる出汁に、まろやかで厚みが有りほんのり甘味を感じる醤油がバランス良く合わさった、王道且つ上質な味わいのスープ。そこにしなやかな啜り心地と優しくもコシのある三河屋製麺の平打ち細ストレート麺が合わさる至高の一杯!

「塩 中華そば」+味玉トッピング

 塩味の「塩 中華そば」は、スッキリした旨味の和出汁感を楽しめ、オリジナルブレンドの「だし塩」によって魚介やスパイスなど複雑な風味と旨味を楽しめる「田むら」ならではの一杯に仕上がっています!

「つけ麺」+味玉トッピング

 人気ランキングNo.1は「つけ麺」! 中華そばとは違った平打ちの太麺は、トロミと旨味を持った昆布水に浸かっています。

 一般的なつけ麺のように「麺」と「つけ汁」だけではなく、「フルーツ酢」と「だし塩」も用意されているので、まずはこれらのシンプルな味付けで麺の美味しさを楽しみます。

滑らかな啜り心地の平打ち太麺

「フルーツ酢」と「だし塩」もセットで提供

 よく「麺だけ食べても美味しい」という事がありますが、実際のところそれだけずっと食べ続けて美味しい訳ではないとは思います。しかし、旨味とスパイシーさを兼ね備えた旨味たっぷりな「だし塩」と、酸味のキツさが無く甘味の効いたフルーティーな風味の「フルーツ酢」があれば本当にそれだけで完食してしまいそうな位に美味しく、麺の味わいをしっかりと楽しむ事が出来ます。

 麺そのものの味を堪能した後、つけ汁につけていただくと、鶏感満載で醤油の香り高さを楽しめる純和風な味わいが麺に絡みつき、味だけでなく麺の食感もふんわりと変化し、また違った表情を楽しめるので、一杯で色々な味を堪能できます!

少し強めの辛味が心地よい「辛 つけ麺」

別皿で提供の味変アイテム「辛肉味噌」

 「辛 つけめん」は、別皿で辛肉味噌を提供してくれるので好みのタイミングで味変することができ、ツンとしたシャープで刺激的な辛味と旨味を楽しむ事が出来ます。

スープオフタイプのガッツリ系「まぜそば 極」

旨味の全てを最後まで満喫できる「追い飯」付き

 「まぜそば」は、強い辛味がある濃厚な味わい。肉味噌を主軸に、チャーシュー・魚粉・ニラ・おろしニンニク・フライドガーリック・卵黄・刻み海苔など多種の具材の味が合わさった「台湾まぜそば」のような雰囲気を持ちながらもオリジナリティのある味に仕上げられていて、クセになるジャンクな一杯!

 「追い飯」が付くので、最後はライスを丼に投入し、残ったタレや具材と混ぜ合わせて食べると堪らないです!

「濃厚味噌担々麺」+味玉トッピング

別皿で提供される、和歌山県産の「香山椒」

 「濃厚味噌担々麺」は、淡麗系の「中華そば」とは打って変わって濃厚感を楽しめる一杯!

 濃厚ではあるけれど、しつこい重さは皆無で赤味噌の風味をしっかり楽しめ、一般的なピリ辛な味わいの担々麺とは一味も二味も違ったもの。

 さらに、別皿で提供される和歌山の「香山椒」を振りかけると香り高い風味が広がり、優しい痺れ感を楽しむ事が出来ます。

 トッピング一つ一つも丁寧に作られていますが、「田むら」と言えばチャーシュー!と言っても過言ではない位にチャーシューの美味しさが光ります!

 豚肩ロース・豚バラ・鶏ムネ・内モモと4種類のチャーシューが用意されていて、それぞれの肉に合わせた味付けと製法で作られています。通常の中華そばやつけ麺では2種類ですが、特製の「極」を頼めば、それらのチャーシューを存分に楽しむ事が出来ます。

チャーシューがサービスされることも!

 チャーシューの美味しさをもっと知って欲しいとの思いからなのか、単純なサービス精神からなのかはわかりませんが、必ずと言っても良いほど「塩をつけて食べて下さい」とサービスのチャーシューが小皿で提供されるのも嬉しい。

 「麺や 田むら」は、流行りのラーメンの要素を取り入れつつオリジナリティも加え、幾重にも重なった旨味を感じる味わい深さのある中華そばと、味わいだけでなくエンタテインメント性もあるつけ麺など、存分に“食事”を楽しめるオススメのお店です!

 ※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策により、営業日・営業時間・営業形態などが変更になる場合があります。詳しくはお店の公式ツイッター(https://twitter.com/menya_tamura)をご確認ください。

ZATSU

2006年に開設したブログ「ZATSUのラーメン」の管理人。武蔵野・多摩地区を中心にしたラーメン食べ歩きを始めて15年以上。現在は年間400〜500杯程度を食べ、新店コレクターでありながらも老舗店やリピートするお店も多数あり。チェーン店からファミレス、カップ麺までも愛する真性の「ラーメン好き」で、基本的に何でも美味しく食べられる幸せ者。「自分の好みのラーメンを見つけて欲しい」と言う思いをモットーに色々なラーメンを紹介していきます。

本人ブログ(https://zatsu-ke.blog.jp/

本人Twitter @zatsu_ke

ラーメンレビュー一覧へ