ラーメンWalker

地元で愛され続ける一杯を楽しむ 名店揃いの府中市特集 〜老舗店編〜【ZATSUのオスス麺 in 武蔵野・多摩】第93回

LINE

 クラシカルなものから最先端の味まで多種多様なラーメン店が混在する、ラーメン好きにとっては堪らないエリアの「府中市」。

 2月の本コラムは【名店揃いの府中市】と題し、府中市にあるオススメのラーメン店を「新店」「淡麗系」「ガッツリ&濃厚系」「老舗店」とカテゴリー別にピックアップして、4週に渡って紹介させていただいております。

 最終週となる今回は「老舗店」。

 旅館などでは「老舗」というと創業100年など古くからのものを指しますが、10年続くお店は5%を切ると言われる現在のラーメン業界において、20年近く営業し愛され親しまれているラーメン店は「老舗」と呼んで良いのではないかと私は思っています。

 そこで、今回は府中市のラーメンを牽引してきた20年選手の老舗名店を紹介します!

【らいおん 府中本店】

京王線「府中駅」から徒歩1分

 1981年創業の「らいおん 府中本店」は、40年以上も続く府中を代表する老舗店。国分寺や日野にもその流れを汲むお店があり、いずれも地元の方に愛されています。

「らいおんらーめん」

 「らいおんらーめん」は、比内地鶏をベースに豚骨や魚介・野菜などをたっぷり加え、ぽってりした口当たりで濃厚ながらも濃厚すぎない厚みのある味わいを楽しめるスープに、モッチモチ食感の中太麺が合わさった一杯! こってりめではあるけれどバランスが良いので、老若男女問わず親しまれる味となっています。

 そして、ライオンの鬣(たてがみ)に見立てた味付け白髪ネギがトッピングされるのが「らいおんらーめん」の特徴で、ゴマ油やスパイスを加えたその味がスープに溶け出す事によって、オリジナリティ溢れる味わいを楽しめる!

【やすのたまぞう】

JR武蔵野線「北府中駅」から徒歩10分

 「やすのたまぞう」自体は2016年4月創業という比較的若いお店ですが、その前身である「たまぞう」は2002年の創業。

 「たまぞう」は、「次男坊」「なぶら」「がんま」「ぐうたら」「どらいち」「ばかたれ」「十八製麺」など数多くの人気店を輩出した名店でした。

前身の「たまぞう」(2011年撮影)

 「たまぞう」はリニューアルを重ね、オープン当初とは別の味を出したり、八王子に支店を出すなどしましたが、2016年にこの店舗をスタッフに譲る形で「やすのたまぞう」がオープン。

 「たまぞう」元祖の味を受け継ぐお店として、現在も地元の方に愛される人気店となっています。

「黒豚めん」

 「黒豚めん」は、粗めの背脂がたっぷり浮かべられた醤油豚骨味。食欲をそそる背脂やニンニクの風味とクリーミーで優しい豚骨と濃厚な醤油の味わいが見事に融合したスープに、「鈴めん」製の中細縮れ麺がマッチした一杯!

 どのメニューも食べやすいバランスに仕上げられており、幅広い層の方に楽しんで貰えるラーメンで、明るくアットホームな雰囲気の接客も「味」の一つとなっている名店!

【いつみ屋】

JR南武線・武蔵野線「府中本町駅」から徒歩3分

 2001年創業の「いつみ屋」は府中街道から少し入った路地にあり、基本的には「らーめん」と「つけざる」のシンプルなメニュー構成ながらも常に行列の出来る人気店。

 最近になり、跡継ぎの二代目がラーメン作りをするようになりましたが、その人気は衰えることを知りません。

「わんたんめん」

 多くのお客さんが頼むという名物の「わんたんめん」は、煮干しの味と風味がふんわりと広がる魚介テイストのものながら、最近流行りのガツンと煮干しを強く効かせたものではなく優しい味わいで、五臓六腑にじんわりと染み渡るようなスープ。

 麺は「山正食品」の平打ち中太縮れ。ポコポコした特徴的な口当たりで、煮干しスープとのマッチングもバッチリ!

 「いつみ屋」の代名詞とも言える「わんたん」は、ツルッとした滑らかな口当たりの皮に旨味溢れる肉餡がたっぷり詰まっており、「わんたんが主役」と言っても過言でない味わいでオススメの逸品!

【中華そば ふくみみ】

京王線・JR南武線「分倍河原駅」から徒歩7分

 「府中で有名なお店は?」と聞かれたら、このお店を真っ先に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

 それ程までに定着した人気を誇る名店の「中華そば ふくみみ」は、2003年6月にオープン。

 「家族との時間を大切にしたい」という思いから営業時間は昼のみというスタイルを貫き、独学ながらも多くの方に愛される名店となっていて、昨年12月に少しだけ場所を変えて移転オープンされました。

移転前の旧店舗(2011年撮影)

「特製中華そば」

 たっぷり入ったスープは、動物系と魚介系をバランス良く合わせた優しくやわらかな出汁感に濃いめで厚みのある甘めな醤油ダレが合わさったもので、ネギの芳ばしさをまとったような香味油の風味とコクが食欲をかき立てる!

 自家製の細ストレート麺も特徴的で、このハリのある多加水麺がスープと合わさる事によって「ふくみみ」の味が完成する!

 分厚くカットされた、ホロホロとやわらかな豚肩ロースチャーシューも絶品!


 4週に渡って紹介した「府中市のラーメン」は、いかがでしたでしょうか。

 今回のような地元に馴染んだ老舗店は勿論ですが、東京都の中心に位置する府中市だからこそ色々な物を取り入れる懐の深さがあり、排他的にならず新しいお店や新しい味も良ければ受け入れられて人気店となる事ができます。

 そして、人気店となったお店は更により良いお店になるよう切磋琢磨するという好循環で、沢山の良いラーメン店が増えていっています。

 これからも良いお店が数多く生まれ、既存店も愛され続けていくであろう府中市のラーメンを、ぜひ食べ歩いてみてください!

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策により、営業日・営業時間・営業形態などが変更になる場合があります。詳しくは各店舗にご確認ください。

ZATSU

2006年に開設したブログ「ZATSUのラーメン」の管理人。武蔵野・多摩地区を中心にしたラーメン食べ歩きを始めて15年以上。現在は年間400〜500杯程度を食べ、新店コレクターでありながらも老舗店やリピートするお店も多数あり。チェーン店からファミレス、カップ麺までも愛する真性の「ラーメン好き」で、基本的に何でも美味しく食べられる幸せ者。「自分の好みのラーメンを見つけて欲しい」と言う思いをモットーに色々なラーメンを紹介していきます。

本人ブログ(https://zatsu-ke.blog.jp/

本人Twitter @zatsu_ke

ラーメンレビュー一覧へ