ラーメンWalker

「ラーメンWalker2022神奈川」限定麺企画第10弾。夏の味覚をたっぷり使った「らぁ麺 桃の屋」の華やかな一杯

LINE

 神奈川の人気ラーメン店が、「ラーメンWalker神奈川2022」(発売中)の読者のために、月に1回ずつ限定麺を出す「プレミアム限定麺」が開催中。今回のテーマは「高級食材」。普段はあまり使わない食材を使い、店主の創造性あふれる至高の一杯にしていく。

 2021年11月から開催してきたラリーのラストを飾るのは、小田原で女性店主が営む「らぁ麺 桃の屋」だ。

【2022年8月1日(月)・2日(火)、4日(木)・5日(金)開催】シャインマスカットとフルーツトマト使用の冷やし麺

「シャインマスカットとプチぷよトマトの冷製麺」(1800円)。シャインマスカットとフルーツトマトがたっぷり入る  撮影=奥西淳二

「シャインマスカットとプチぷよトマトの冷製麺」(1800円)。1日15杯限定

 塩と醤油で味付けが変わる煮卵や、塩漬けのレモンを入れるなど、さりげないこだわりが散りばめられた淡麗ラーメンが人気の「らぁ麺 桃の屋」。この限定麺ラリー企画では初となる女性店主の店だ。今回の限定麺は猛暑が続くこの夏にピッタリの冷やし麺。高級ブドウとしても人気が高いシャインマスカットと、小田原産のフルーツトマト「プチぷよトマト」を丼いっぱいに入れた、華やかな見た目が印象的な一杯だ。スープは鶏ガラ、豚肉、煮干しをじっくりと炊き出し、そこに存在感のある塩ダレとオリーブオイルを入れて仕上げる。スープの塩気とシャインマスカットとトマトの甘味が絶妙なバランスで融合をするクセになる限定麺になっている。

店主の隅田真代さん  撮影=奥西淳二

 店主の隅田真代さんは、東京・新宿御苑の「小麦と肉 桃の木」で初代店長を務めた実力派。2019年8月1日に地元の小田原で独立オープンしてからも、地元の人を中心に多くの人が訪れる人気店になり、「ラーメンWalker神奈川グランプリ2020」で新店部門3位に入った。温かみのある店内など、女性1人でも気軽に入れる雰囲気作りも秀逸だ。今回の限定麺は、「らぁ麺 桃の屋」のちょうど3年という記念すべき日からスタートするだけに、隅田店主のこの一杯にかける思いはそうとうなもの。楽しみに待とう!

木を使ったナチュラルな雰囲気でまるでカフェのよう  撮影=奥西淳二

木とオレンジ色の入口がキュートな外観  撮影=奥西淳二

【実施日】2022年8月1日(月)・2日(火)、4日(木)・5日(金)開催。1日15杯限定

【らぁ麺 桃の屋】

住所:神奈川県小田原市栄町2-10-8
電話:0465-25-5485
時間:11時~20時、金曜・土曜~21時(LO各30分前)
休み:水曜
座席:7席(カウンターのみ)※禁煙
駐車場:なし
交通アクセス:JR東海道線、小田急線、箱根登山鉄道、伊豆箱根鉄道小田原駅東口より徒歩5分

※限定麺を食べるには必ず「ラーメンWalker神奈川2022」が必要です。食券購入時または注文時に店舗スタッフに提示してください(1人1冊、電子版不可)

【ラーメンWalker神奈川2022プレミアム限定麺参加店舗】
2021年11月「Ramen Free Birds」(終了)、12月「麺屋 ぬまた」(終了)、2022年1月「麺屋づかちゃん」(終了)、2月「創作麺処 スタ★アト」(4月30日(土)・5月1日(日)に延期)、3月「ハイパーファットン」(終了)、4月「担々麺 麺山椒」(終了)、5月「麺酒処 ふくろう」(終了)、6月「自家製麺 麺屋 利八」(終了)、7月「TOKYO BAY FISHERMAN’S NOODLE」(終了)、8月「らぁ麺 桃の屋」

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

ラーメンレビュー一覧へ