鶏をとことん堪能できる濃厚つけ麺がイチオシ!「らーめん つけ麺 喜竹」

2019年06月20日 12:56更新
Walkerplus編集部
刈谷にある「肉汁つけうどん 喜竹」が岡崎に2号店をオープン。ここでは、濃厚な鶏の旨味にこだわったラーメンとつけ麺を味わえる。ラーメン作りに対する思いを、店長の梅木周平さんに伺ってきた。





3種類の鶏肉から抽出し、鶏の味に奥行きを持たせる



「とにかく鶏のおいしさを感じてほしい」と話す梅木さん。ラーメンもつけ麺も、ベースとなるスープは同じく濃厚鶏白湯だ。ポイントは、材料に3種類の鶏肉を使用することと、高火力で炊き込むこと。旨味の強い親鳥、柔らかい若鶏に脂の強いボンジリを加え、さらに魚介節、野菜、豚肉などを投入して濃度の高い白湯スープに仕上げる。「ここでは火力が足りないので、仕込みは刈谷の1号店で」と話すように、早朝から刈谷で仕込みをしてから岡崎で開店準備にとりかかる。毎朝スープを仕込み、前日に使用したスープは持ち越さないのが旨さの秘訣だ。





ラーメンは濃厚鶏白湯と和ダシを1:1でブレンドしたダブルスープ。節系をメインに抽出した和ダシを加えることで、魚の旨味もしっかりと感じられる仕上がりになっている。「玉子の風味にこだわった」という細縮れ麺ともよくなじむ。



オリジナル調味料「うま辛」を加えて味わいたい!


もう一つの自慢は、オリジナル調味料「うま辛」(¥120)。これは、つけ麺にもラーメンにも加えることができる。エビと4種類の唐辛子、ニンニク、ネギ油などを使用している。「これを加えるだけで、味にグッと深みが出ます。途中から徐々に加えると、味の変化も楽しめます」と、そのおいしさに自信をのぞかせる。

また、6月からまぜそば(¥820)もスタート。こちらは「うま辛」と醤油のかえしで味付けをしたシンプルな仕上がりになっている。「夏に向けて、ピリ辛でさっぱりとした味を意識した」という。気になる人は店へ急げ!



2019年4月9日オープン
らーめん つけ麺 喜竹(きたけ)
住所:愛知県岡崎市西本郷町社口39-3
電話:0564-32-3139
時間:11:30~14:00、18:00~21:00
休み:月曜
席数:7席【禁煙】
駐車場:10台(無料)
交通:名鉄名古屋本線宇頭駅より徒歩20分

最新の記事