3、4店舗目は旨いの証!愛知で人気拡大中の注目ラーメン店3選!!

2019年11月01日 00:00更新
Walkerplus編集部
店舗が増えるということは味に定評があり、人気を博している証拠。独創性あふれる店や、1つ1つ厳選した素材を使う店だからこそ、誰もが認める確かな味を打ち出すことができる。そんな実力派ラーメン店の極上の一杯をご堪能あれ!

洋食出身シェフの腕が光る、独創的なラーメンが魅力!/「麺屋 はやぶさ 黒川店」(名古屋市北区)





濃厚さとキレを併せ持つ「オマール海老湯(タン)」(税込 950円) / 麺屋 はやぶさ 黒川店

3店舗目となる「麺屋 はやぶさ 黒川店」(名古屋市北区)には、洋食出身シェフによる個性豊かなメニューがそろう。なかでも「オマール海老湯(タン)」(税込 950円)は、オマールエビそのものを飲んでいるかのような濃厚さ。エスプーマ仕立てのオマールエビのスープに、トリュフやチーズなどの独創的な具がトッピングされた名物だ。



愛知で勢力拡大中!旨さが光る、注目の新店舗はこちら!!「豊潤はやぶさ」(税込 890円) / 麺屋 はやぶさ 黒川店

「豊潤はやぶさ」(税込 890円)は、煮干しや貝類などの魚介ダシと豚骨スープをブレンド。トッピングされた貝のペーストを混ぜながら食べると磯の風味がさらにアップする。こちらも、ぜひ試してほしい一品。

■麺屋 はやぶさ 黒川店
住所:愛知県名古屋市北区黒川本通4-47
電話:052-913-0391
時間:11:30~14:30、17:30~23:00、金土祝前は11:30~、~23:30
休み:月曜 ※祝日の場合翌日

名古屋初進出のこだわり麺が食べられる!/「HANAMICHI(ハナミチ) 新栄店」(名古屋市中区)





奥深さとあっさり感が両立した「まぜそば」(税込 890円) / HANAMICHI 新栄店

岐阜の人気店が名古屋に初進出した「HANAMICHI 新栄店」(名古屋市中区)。ダントツ人気の「まぜそば」(税込 890円)は、秘伝の醤油ダレ、自家製チャーシュー、野菜、海鮮で仕上げた香り油、自家製の全粒粉太麺のすべてが主役の逸品。



丁寧に素材を選びぬいて作られた「醤油ラーメン」(税込 790円) / HANAMICHI 新栄店

「醤油ラーメン」(税込 790円)のスープは鶏、豚、ソウダ節、アサリ、岐阜県産生引醤油など素材選びに手を抜かず、丁寧に仕上げた一品。自家製全粒粉細麺と相性も抜群だ。

■HANAMICHI 新栄店
住所:愛知県名古屋市中区新栄2-1-6
電話:052-684-4405
時間:11:00~14:00、17:00~23:00
休み:水曜

厳選した粉を使う手もみ麺が人気!/「手もみラーメン 来楽軒(らいらくけん) 赤池店」(愛知県日進市)





丁寧に抽出されたダシを旨味が自慢の「手もみラーメン」(税込 780円) / 手もみラーメン 来楽軒 赤池店

「手もみラーメン 来楽軒 赤池店」(愛知県日進市)で使用される麺は、程よい食感があり、豚骨と鶏ガラの旨味が引き出されたスープがよく絡む。「手もみラーメン」(税込 780円)は、豚骨のゲンコツと鶏ガラを5、6時間炊いてダシを抽出するため、しっかりとした旨味がある。オーブンで焼いた香ばしいチャーシューと共に味わえるのも、また魅力的。



挽き肉の脂と旨味が溶けた濃厚な味わいの「辛味噌大三郎」(税込 950円) / 手もみラーメン 来楽軒 赤池店

また、赤池店では平日限定で辛味噌を使った「辛味噌大三郎」(税込 950円)が登場。辛味噌とニンニク入りのスープに、豆板醤(トウバンジャン)などで味付けした挽き肉の脂と旨味が溶けた濃厚な一杯。1日約10食限定のネコをかたどったかわいい煮玉子も評判だ。

■手もみラーメン 来楽軒 赤池店
住所:愛知県日進市浅田町茶園78-1
電話:052-805-7300
時間:11:00~14:00、18:00~22:00 (LO 21:45)、日 11:00~、~21:00 (LO 20:45)
休み:水曜

各地で多くのファンに愛されてきたそれぞれの店舗が、新たなファンを作るべく勢力を拡大している!ぜひ足を運んで、その確かなおいしさを実感してみては?

最新の記事

ラーメンWalker東京2020