「ラーメンWalker北海道」プレゼンツ!名店「飛燕」1日20杯限定メニュー

2019年12月09日 00:00更新
Walkerplus編集部
北海道の人気ラーメン店が「ラーメンWalker北海道2020」の読者のために、2020年7月までラリー形式で限定のラーメンを作る「限定麺ラリー」。北海道のラーメンシーンをにぎわす精鋭店主たちが、『北海道愛あふれる一品』『見た目が豪華』『初登場のオリジナル』をテーマにスペシャルメニューを考案している。第3弾は「我流麺舞 飛燕(がりゅうめんぶ ひえん)」による中華そば。期間は12月15日(日)までとなっているので、「ラーメンWalker北海道2020」を持って今のうちに店へ急いで。

白醤油と小樽地鶏であっさりとしつつもコクがある一杯に




小樽地鶏を使ったあっさりスープは絶品

ラーメンWalkerの総合ランキング上位に登場することも多い、言わずと知れた名店「我流麺舞 飛燕」。油を極力控えたヘルシーなラーメンで、男性だけでなく女性も魅了している。素材の風味を極限まで引き出した優しい味わいの絶品スープは、幅広い年齢層から指示されている。

そんな同店が考案した限定メニューが、「北の白中華そば」(900円/1日20杯限定)。白醤油のあっさりした味わいとスープのコクがマッチ。北海道産小麦を使用した麺や、トッピングのナメコにも注目だ。2019年12月1日(日)~15日(日)の期間限定で食べられる特別な一杯をお見逃しなく!

ここが北海道愛!のポイント





限定麺のポイントとなる小樽地鶏を贅沢に使用したスープ

小樽地鶏のみを贅沢に使って旨味を取ったスープは、あっさりしつつもしっかりとコクがある。仕上げ油の鶏油(チーユ)にも小樽地鶏を使用。「スープ・麺・トッピングと北海道産にこだわりました。小樽地鶏の旨味を堪能してください!」と店主の本間剛樹さんはコメントしている。



「我流麺舞 飛燕」店主・本間剛樹さん

<我流麺舞 飛燕: 住所:札幌市豊平区中の島1−9−4−14 / 時間:11:00〜20:00(LO) / 休み:木曜>

限定麺ラリーは2020年7月まで開催。続く2020年1月は「ふじ屋NOODLE」が登場するので要チェック!食べる際に各店からもらったシールを台誌に貼り、10店舗すべてのシールをコンプリートしたら、抽選で50名にラーメンWalkerプレミアムレンゲが当たるプレゼントキャンペーンに応募可能だ。ラーメン好きにはたまらない本企画に、ぜひこの機会に参加しよう。詳細は発売中の「ラーメンWalker北海道2020」をチェック!

※今回の限定麺を食べるには「ラーメンWalker北海道2020」の持参が必要(1人1冊、電子版不可)。開催時当日まで店主がブラッシュアップを重ねるため、メニューの内容、金額、食べられる杯数(売切れ次第終了)が変更になる可能性あり。

最新の記事

ラーメンWalker東京2020