ガチで選んだ「ラーメンWalker山形グランプリ」!1位はラーメンフリークの心を掴んだあの店

2019年12月12日 00:00更新
Walkerplus編集部
毎年恒例の山形県内で一番うまいラーメン店をガチで決める「ラーメンWalkerグランプリ」。 今回は2年ぶりにあの店が総合1位に返り咲いた。2位以下も地元で愛されている店がずらり。今年の総合部門のグランプリを紹介する。<※情報はラーメンWalker山形2020より>

総合部門3位:「そばの店 ひらま」(米沢市浅川)





製麺所がルーツのラーメン店で麺が主役のラーメンを味わう

2018年2位、2019年3位と2年連続で総合ランキングトップ3にランクインしている名店。1960(昭和35)年に製麺所として開業し、1972(昭和47)年からラーメンの提供を開始した。店主の平間忠さんは、製麺所「平間製麺」を開業後、独学でラーメン店をオープン。現在も市内数店舗に麺を卸す製麺所としても活躍している。



味噌のコクや生ニンニクの香りを前面に押し出した「みそらーめん」

人気メニューは「中華そば」(600円)。麺の製法に一家言あり、その品質は折り紙付きだ。麺は製麺時に一度手もみし、2〜3日かけて熟成させ、茹でる前にもう一度手もみする。強めに縮れた麺はしなやかな弾力となめらかな舌触りを楽しめる。7〜8玉茹でるごとに釜の湯を替えるなど、麺へのこだわりはひとしおだ。合わせるスープは、豚骨・鶏ガラ・煮干しなどの旨味をじんわり引き出した滋味深い味わい。丁寧にアクを取って雑味を取り除いたスープが、麺の味と香りを際立たせている。「自慢の麺を食べてほしい」という店主の思いから、メニューはシンプル。「中華そば」のほか、「みそらーめん」(750円)や「つけめん」(700円)も人気だ。

<そばの店 ひらま 住所:米沢市浅川1314-16 / 時間:11:20〜15:00(LO)※スープがなくなり次第終了 / 休み:水曜>

総合部門2位:「ケンちゃんラーメン本店」(酒田市ゆたか)





41年間愛され続けている「ケンちゃん系ラーメン」

初代店主・堀健蔵さんの名が由来の「ケンちゃんラーメン」は創業41年。メニューは潔く「中華そば」(普通・800円)一択で、味は「油ぬき」「油ぽく」「うす口」「こい口」、量は「小盛」「大盛」と調整でき、プラス200円でチャーシュー麺になる。中華そばはワシワシとした食感がクセになる、強烈な縮れの中太麺を使用。スープは鮮度や質の高い煮干しを中心に、豚の脂や昆布の旨味を加えたスッキリ味で、自家製メンマなど含めた全要素が一杯の中で調和している。風味が際立つ七味唐辛子や胡椒での味変もおすすめだ。



2枚のモモ肉と4枚の肩ロースを使った「チャーシュー麺」

2019年3月、健蔵さんが亡くなり、息子の綱輝(つなき)さんが2代目に。強く意識するのは、20年間一緒に働く中で伝授された父の味を「変えないこと」という。コシの強い縮れ麺やプルプルの腹脂、煮干しのスープ、薄く細いメンマなど「ケンちゃん系」と称され、愛されてきた味。「総合2位は光栄です。父も喜んでいるかな」とはにかむ店主。先代の味を求める人々の期待に、今後も応え続けていくはずだ。

<ケンちゃんラーメン本店 住所:酒田市ゆたか1-6-1 / 時間:11:00〜14:00(LO) / 休み:月曜>

総合部門1位:「赤湯ラーメン 龍上海本店」(南陽市)





赤湯辛味噌ラーメン発祥の店の味の決め手は手作りの辛味噌!

ランキング上位常連である赤湯(あかゆ)辛味噌ラーメンの元祖店「龍上海(りゅうしゃんはい) 」が、総合1位の座に輝いた。1958(昭和33)年、初代店主の佐藤一美さんが創業。当初はベーシックな醤油ラーメンを提供していたが、仕込んだスープが残る日々が続き、家族総出で新作メニューの開発に取り組み、誕生したのが「赤湯からみそラーメン」(880円)だという。

豚骨や鶏ガラを6〜7時間かけて煮込んだスープは、さらっとした口当たりながらも濃厚な味わい。添えられるチャーシューは醤油ダレに漬け込んでトロトロに。磯の風味豊かな青海苔がスープにアクセントを与えている。辛味噌は、高畠町の木村醤油店の味噌と醤油を配合して作り上げたもの。少しずつ溶かして、好みの辛さに調節しながら食べよう。



鶏ガラ、豚ガラ、魚介をふんだんに使い、丁寧に仕込んだスープが旨味たっぷりの「赤湯ラーメン」

同メニューについて、3代目店主の佐藤元保さんは「毎日飲んでいる味噌汁をラーメンのスープにできないかと初代が思い付いたそうです。試行錯誤のすえに誕生した味噌ラーメンは、甘味があって誰でも食べやすい味わいだと好評でしたが、パンチ力をつけるために辛味噌を上にトッピングして今のスタイルになりました」と話す。佐藤さんは先代のもとで修行し、25歳のときに3代目として店を引き継いだ。「初代、2代目が研究を重ね完成させた味を大切に守り続けています。毎日、味をチェックし、常に今日が勝負だという気持ちでラーメンを作っています」と語る。手間暇を惜しまない真摯な姿勢がラーメンフリークの心を捉えて離さない。

<赤湯ラーメン 龍上海 本店 住所:南陽市二色根6-18 / 時間:11:30〜19:00(LO)※スープがなくなり次第終了 / 休み:水曜(祝日の場合は翌日)>

今年は「赤湯ラーメン 龍上海 本店」が1位に返り咲き。2位以下も魅力的な店がそろっている。県内はもちろん、県外からでも足を運ぶ価値があるので、「ラーメンWalker山形2020」を片手にぜひ訪れてみて。

※表記価格は消費税10%時の税込価格となります。

最新の記事

ラーメンWalker東京2020