「ラーメンWalkerグランプリ2019」で三重県の新店部門トップ3に輝いた注目店を紹介!

2019年12月13日 00:00更新
Walkerplus編集部
ラーメンに精通した知識人「百麺人」とラーメンWalkerの読者により、全国の本当に旨いラーメン店を決定する「ラーメンWalkerグランプリ」が2019年も開催。今回は、2018年に三重県にオープンした店のなかからトップ3に輝いた注目店を紹介する。

3位 「麺やBar 円 ~MARU~」



「麺やBar 円 ~MARU~」は、“ラーメンバー”というユニークなコンセプトを持つ隠れ家的なお店。有名チェーン店に勤めたこともあるオーナーが考案するラーメンは本格派の味で、ラーメン目当てにバーを訪れる人も増えているのだとか。担々麺と鶏白湯が味わえ、豊富なサイドメニューも絶品。



「麻辣担々麺 優-YU-」(税込 880円)。スープは、花山椒と唐辛子の辛さが立つが芝麻醤が効いていてまろやか / 麺やBar 円 ~MARU~

おすすめは「麻辣(マーラー)担々麺 優-YU-」(税込 880円)。花山椒と唐辛子の辛さが立つが、芝麻醤が効いたスープはまろやか。スープに合わせて特注したモチモチな麺との相性も抜群だ。

■麺やBar 円 ~MARU~
住所:三重県伊勢市宮後2-25-3
電話:0596-63-9777
時間:17:00~翌2:00(LO翌1:00)
休み:火曜、第2月曜

2位 「麺匠 粋や(めんしょう いきや)」



鶏白湯の注目店としてオープンした「麵匠 粋や」。錦爽(きんそう)どりと名古屋コーチンの丸鶏を7時間かけて炊いたスープは、あとをひく味わい。麺は低加水の細麺ながら、モッチリとした食感で食べ応えがある。



「濃厚鶏ラーメン」(税込 750円)は、まろやかでクリーミーな口当たりが印象的なスープがあとをひく味わい / 麺匠 粋や

おすすめは「濃厚鶏ラーメン」(税込 750円)。まろやかでクリーミーな口当たりが印象的な泡立てられたスープは、彩りにあられが添えられる。もう1つの看板メニュー「真鯛らぁめん」(税込 880円)も1度は試したい。

■麺匠 粋や
住所:三重県津市藤ヶ丘町2572
電話:059-253-7707
時間:11:00~14:30、18:00~22:00 ※スープが無くなり次第終了
休み:火曜、月1回不定休

1位 「minesora(みねそら)」



「minesora」は、オーガニック食材にこだわるカフェながら、うまみ調味料不使用のラーメンが評判を呼んでいる。利尻昆布と貝だけで出汁をとる「貝出汁」(税込 880円)、和風テイストで仕上げる「カレーつけ麺」(税込 880円)などラーメンは全8種類。鴨ダシなど、ここにしかないアプローチの1杯が多い。タレは、淡口醤油を使用。天然醸造らしい丸みのある甘さが特徴だ。



1位に選ばれた「minesora」の「極鴨」(税込 880円)。鴨ガラだけで抽出した澄んだスープは、あっさりとしている / minesora

おすすめは「極鴨」(税込 880円)。鴨ガラだけで抽出した澄んだスープは、あっさりとした味で細麺と良く合う。低温調理した鴨ロースもたっぷり3枚のり食べ応えがある。

■minesora
住所:三重県名張市上小波田1814-3
電話:0595-44-6521
時間:11:00~16:00、ランチは ~14:00、カフェは 14:00~
休み:なし

最新の記事

ラーメンWalker東京2020