第155回 名店ちゃぶ屋仕込みの絶品麺!
北浦和『柳麺 呉田』

2016年10月 初回放送

『ラーメンWalker 2017』埼玉版が絶賛発売中ということで、今回は『ラーメンWalker グランプリ 2016』埼玉新人賞ランキングで金賞を獲得した、北浦和の『柳麺 呉田』をご紹介。伝説の名店で修業を積んだ店主が理想を追い求めて作り上げた究極の激ウマ自家製麺とは!?ゲストに百麺人の加藤昌史さんをお迎えして、埼玉新店ナンバーワンの一杯を味わい尽くします!

Highlight

JR北浦和駅から徒歩2分の立地に2015年2月にオープンした『柳麺 呉田』。柳麺というこの屋号を見てピンとくる方も多いはず。そう、店主はあの伝説の名店『柳麺 ちゃぶ屋』で修業を積んだ人物で、コダワリの自家製麺がとにかく絶品と大評判なんです。新人賞ランキングの埼玉金賞だけでなく、なんと全国でも9位入賞という栄誉に輝いたコチラのお店。新店ながら早くもラーメンフリークを惹きつけて止まないその理由とは!?

こちらが定番の一杯『醤油らーめん』。湯浅の生醤油や三種類の関西地鶏など、店主の愛する地元・関西の食材を可能な限り使用し、ちゃぶ屋仕込みのテクニックで仕上げた一杯。国産小麦のポテンシャルを最大限に引き出した自慢の自家製麺は、麺肌なめらかな極上の啜り心地!スープが主張しすぎるのではなく、かといって麺が飛び抜けているでもなく、とにかく両方のバランスがピタリとはまった一杯。驚きの完成度です!!

「ラーメンWalkerグランプリは、大切な人に食べてもらいたいラーメンを投票するもの!」と語る加藤さん。優しくじんわりとした奥深さの醤油らーめんを堪能しながら、「何度でも食べたくなる味わいだ!」と大絶賛。極上の自家製麺を無我夢中で啜っているうちに、3人ともあっという間に完食。気がつけば最後の一滴まで飲み干している…この事実が『柳麺 呉田』の実力の証!

神戸に生まれ、地元ではだんじり男としてならした店主・中野 憲さん。店名の『呉田』とは慣れ親しんだ地元の祭り『呉田地車(ごでんだんじり)』からとったもの。神戸の『もっこす』、東京の『ちゃぶ屋』という名だたる店で修業を重ね、満を持して独立した途端に獲得した埼玉新人賞!その確かな腕を存分にふるい、今日も人々を虜にする一杯を作り続けています!

この番組で紹介した店舗詳細はこちら

柳麺 呉田

※ラーメン店の情報は2016年10月時点のものです。