第203回 2号店は貝とカツオの二刀流!味の変化も楽しい鮮烈麺!
方南町『CLAM&BONITO 貝節麺RAIK』

2018年05月 初回放送

前回に引き続き『人気店のセカンドブランド特集』第二弾!今回は方南町に誕生した話題店『CLAM&BONITO 貝節麺RAIK』をご紹介します。店名にも掲げられた、貝とカツオが織り成す絶品麺の秘密とは!?百麺人ゲストはラーメン王の山本剛志さん&ラーメン官僚の田中一明さん!

Highlight

ラーメン王、ラーメン官僚、そしてラーメンベーシストというラヲタ男3人でやってきたのは、今やラーメン的にホットなエリアとなった方南町。駅からすぐという好立地に誕生した、あの大人気店のセカンドブランド店に突撃します!山本さんと官僚の熱い解説バトルにも要注目ですよ!

丸ノ内線・方南町駅から徒歩1分という好立地に店を構えた超話題店『CLAM&BONITO 貝節麺RAIK』。永福町の大人気店『Bonito Soup Noodle RAIK』の2号店として2018年3月にオープンしました。本店はカツオ、そしてこの2号店は貝とカツオの魅力を全面に押し出した味作りということで、もう期待感が高まりまくり!

こちらが2号店の看板メニュー『貝節潮そば』。蛤・あさり・ホンビノス貝を大量に使った淡麗スープは、動物系食材は一切使っていない “アニマルオフ仕様” の優しい味わい。さらに丼の一角には貝のペーストオイルがのっており、途中で溶かしながら食べ進めることで、貝の風味を段階的に増幅させるという仕掛けが施されているんです!

店主の郡山一成さんは鹿児島出身の九州男児。ラーメン職人として独立するにあたり、当初は地元の鹿児島でと考えていましたが、せっかくならと一念発起し、東京で勝負をかけることに決めたんです。う〜ん男らしい!巧みなカツオ使いとして名を馳せる郡山店主が “貝” という食材をどのように昇華させたのか!?必見の内容ですよ!

この番組で紹介した店舗詳細はこちら

CLAM & BONITO 貝節麺 RAIK

※ラーメン店の情報は2018年05月時点のものです。