第32回 和歌山ディープ篇!食堂スタイル&県民ソウルフード
『山為食堂&グリーンコーナー』

2013年02月 初回放送

前回に引き続き和歌山遠征!今回は和歌山ディープ編と題して、和歌山ならではの食堂で味わえる絶品ラーメンと県民ソウルフード的な一杯をご紹介!これを観ればあなたも“和歌山ラーメン通”間違いなしです!

Highlight

和歌山では食堂で絶品のラーメンが味わえるということで、60年以上も地元和歌山県民に愛され続けている『山為食堂』へ突撃!看板メニューは30時間以上煮込んで抽出する濃厚豚骨スープに、和歌山では珍しい極太麺を合わせた一杯だそう。いや~期待が膨らみますね!

これが『山為食堂』自慢の中華そば。こだわりは「素材」と言い切る店主の友石さん。国産品のみを厳選し、しかも冷凍モノは一切使わないとのこと。二代目としてこの店の暖簾を守る情熱とラーメンへの熱い想いが詰まった一杯。食堂でこの味が食べられるなんて和歌山が羨まし過ぎます!

そして2店舗目は、抹茶ソフトクリームの発祥店と言われている『グリーンコーナー』へ。「ラーメン番組なのにソフトクリーム?」と思った皆さん、安心してください(笑)ここでしか食べられない名物ラーメンももちろんご紹介します!

ラーメンには珍しい天かす・ワカメ・紅ショウガなどがトッピングされたグリーンコーナー自慢の一杯、それがこの『てんかけラーメン』です。お値段なんと360円!どこか懐かしさを感じる和風スープの味わいにえみちゃんも大満足でした!

この番組で紹介した店舗詳細はこちら

山為食堂

※ラーメン店の情報は2013年02月時点のものです。