第33回 醤油のふるさと和歌山を訪ねて
『湯浅の醤油蔵・角長&和 dining 清乃』

2013年02月 初回放送

和歌山遠征のラストを飾るのは“醤油のふるさと”として名高い湯浅の老舗醤油蔵『角長』と、その絶品極上醤油を使ったラーメンが食べられる『和 dining 清乃』をご紹介!和歌山の魅力がぎっしりと詰まったラーメンフリーク垂涎のスペシャルコースです!

Highlight

天保十二年創業。170有余年の時を刻んだ老舗醤油蔵『角長』。数ある湯浅の蔵元の中で唯一、昔ながらの手作り製法を守っています。今回は特別に蔵の中へご案内頂き、角長の六代目当主・加納 誠さんに醤油作りの秘密を伺いました!

醤油のふくよかな香りとともに、奥ゆかしくも力強いオーラが漂っている蔵の中。入った瞬間に思わず「わっ」と声が出てしまうほど、その歴史の重さを肌で感じました。出来たての醤油の美味しさにえみちゃんもニコニコ。これが本物の醤油なんですね!

そしてその角長醤油を贅沢に使った極上ラーメンを味わいに突撃したのが湯浅のお隣、有田市の名店『和 dining 清乃』。角長の醤油の中でも3年熟成させて仕上がるスペシャルな『濁り醤<匠>』を大フィーチャーしたこの一杯のお味とは果たして?

和ダイニングということで、多彩な料理を手がける店主の原田さん。中でもラーメンへの情熱は凄まじく、角長の醤油スープ以外にも5種類の麺を使い分けるコダワリぶり。いや~ラーメン王国・和歌山の実力を改めて知ることが出来た大満足の遠征でした!

この番組で紹介した店舗詳細はこちら

和 dining 清乃

※ラーメン店の情報は2013年02月時点のものです。