第53回 超ド濃厚豚骨のストロングな一杯!
神保町『東京神田 角中中華そば店』

2013年09月 初回放送

『2013年オープン限定!東京のオススメ 中華そば』特集第二弾!今回ご紹介するのは、オープンするや否やフリークの間で話題沸騰となった神保町の大注目店『東京神田 角中中華そば店』。従来の中華そばのイメージを大きく変える、トロットロの超ド濃厚ストロングスープの秘密に迫ります!

Highlight

神保町駅のすぐ近く。奥に細長〜い作りが特徴の『東京神田 角中中華そば店』。2013年の6月にオープンし、その個性的なスープで瞬く間に人気店となりました。実はこのお店、長野県安曇野市のラーメン店『きまぐれ八兵衛』のセカンドブランド店なんです。長野とは違う超ド濃厚スープで東京進出を果たしました!

こちらが話題沸騰!超ド濃厚の『中華そば』。トロトロポテポテとしたデミグラスソースのようなスープに、低加水の細ストレート麺を合わせるという、まさに唯一無二の『中華そば』なんです。この濃厚さ伝わりますか?撮影中は全員箸が止まらず、思わず替玉もしちゃっても〜う大満喫なのでした!

20代の若さでこの店を任された、店長の青柳俊宣さん。彼のひたむきな頑張りが超ド濃厚ストロングスープを産み出しました。大量の豚ゲンコツと鶏ガラ、鶏足をこれでもかとひたすらかき混ぜ続けて15時間!骨が砕けるほど煮込まれたスープには旨味が凝縮され、まさに個性際立つ驚きの味となりました!

この規格外の超ド濃厚スープ、正直「やっちまったな」と思ったという店主の百瀬博通さん。手間やコストなど、維持をしていく上で問題は色々ありましたが「でも旨いからOK!」とあっさりGOサインを出しちゃったんです。お互いを信頼しているからこそ生まれるこの関係、なんかいいですよね~。

※ラーメン店の情報は2013年09月時点のものです。