ラーメンWalker

【ラーメン女子☆さーちゃんの ~イケ麺に恋して~】第1回 鯛塩そば 灯花 本店(東京・曙橋)

 皆さま初めまして!華月 咲(かづき さき)と申します。

 外食はお洒落なカフェで優雅にパスタランチ!ラーメン屋に一人でなんて絶対無理!だった私が、約2年前にとあるラーメン屋さんで食べた一杯に衝撃を受け、今では週4ペースで色々な店舗を一人ですすり歩いています。

 それぞれの「一杯」の中に努力、こだわり、熱い想い…一言で語れないストーリーが詰まっているラーメンの世界。まだまだ少数派の「ラーメン女子」「ラーメンデート」を増やすべく、女性ならではの視点から発信していきたいと思います☆

 さて、記念すべき第1回目はこちら!

 曙橋駅&四谷三丁目駅から歩いてすぐの『鯛塩そば 灯花』さん。

 2015年4月オープン。もうすぐ5年が経つとは思えない綺麗なウッド調の外観はまるでカフェ。外から店内が見えるのも気軽に入りやすいポイント。

 こちらは『ラーメンWalkerTV2』でも紹介されるなど、メディア露出も多数あるのでご存知の方も多いはず。実際に女性一人でふらっと来られたり、SNSの口コミ等で海外からのお客様も多いのだとか。

 そんな超人気店の店長を務めているのが関口さん(37歳)!

 趣味はボクシング観戦で、自らやったりもするというワイルド系な彼ですが、なんと前職はパティシエ。

 「もともと何かを作るのが好きで。一見違うジャンルに見えますが、繊細な所や奥深さはケーキもラーメンも似ている気がします。灯花の綺麗な盛り付けに惹かれてこのお店に入りました」

 好きな女性のタイプは宇賀アナウンサーで、乱暴じゃない人(笑)関口さんの穏やかな人間性にほっこり。

 そんな店長のオススメポイントは下記の3点。
 

①ビジュアル

 なんといっても見た目の華やかさ!

 丼にロゴを使用しない代わりに、花麩が灯花の象徴に。麺線の美しさも職人気質の店長ならでは。
 

②絶品茶漬け

 マストで頼んで欲しいという鯛茶漬けセットは、自慢の鯛出汁を2回楽しめる。活き〆の鯛刺身は海鮮丼として食べたいレベルで美味しい!食べ方講座のメモが卓上にあるので初オーダー時も安心。

 「ごまタレも全部投入して欲しい」とのこと。
 

③低カロリー

 女性にラーメンを躊躇う理由を聞くと「太るから!」という声が圧倒的に多い。しかし灯花さんのスープに使用しているのは昆布×真鯛のみ。

 「食材的に太る理由が見つからない」と断言してくれて涙が出そうになった。心置きなく完飲できる。
 

 最後に一言、とお願いしたところ「この記事見たと直接伝えてくれたら味玉サービスしますよ。男性も女性も大歓迎!たくさんのご来店お待ちしてます」と太っ腹な関口店長。

 今夜の一杯は灯花さんで決まりでは?美味しさと温もり灯るお店にぜひご来店あれ♪

鯛塩そば 灯花 本店

東京都新宿区舟町 12-13 石原マンション1F
11:00~22:00
年中無休

華月 咲 Saki Kazuki

 モデル・イベントコンパニオンとして活動する傍ら、週4ペースでラーメンを食べ歩くラーメン女子。要町にある『中華そば 六感堂』でも働いている。特に細麺が好き。

本人Twitter @sachan_0109
Instagram @ramenxgirl

最新記事

ラーメンレビュー一覧へ