ラーメンWalker

ホルモンでまぜそば! 「サンマ水」のつけめん! 幅広いメニューがうれしい 麺や 清流(大阪府・東大阪市)【大阪の麺スタグラマーによる「ラーメンの時間ですよ」】第6回

LINE

 はいはーい、ラーメンの時間ですよ♪

 ラーメンの美味しさに魅了され食べ歩くようになって数年経ちますが、気付かされたのは多種多様なラーメンが存在するということ。

 ラーメンと一口で言っても実際には細かくジャンル分けされており、また同じジャンルの中でも店毎に味は大きく異なるわけで。

 よく「毎日ラーメン食べてて飽きないの?」と言われますが、毎日食べ歩いても飽きないのはこの為かな、と。

 前置きが長くなりましたが、今回ご紹介するのは東大阪にある「麺や 清流」さん。

 近鉄長瀬駅から徒歩4分、近畿大学に向かう通称「近大通り」にあります。

2018年2月に大東市から移転した「麺や 清流」

ゆったり広々とした造りの店内

店長の武田幸人さん

 大学が近くにあることから、この通りには飲食店が林立しており、ラーメン店も多数存在している激戦区。

 以前は大東市にある商業施設内に店舗を構えていた清流さんが、この激戦区に移転オープンしてきたのは2年ほど前。

 自家製麺にも磨きをかけ、スープも進化し続けて、今や学生さんだけでなくラーメン好きにも幅広く支持される人気店に。

 支持される要因はいろいろとありますが、まずは幅広いメニュー構成。

 その名の通り「あっさり」という名の中華そば、「鶏白湯」、「サンマ水つけ麺」、「ホルモンまぜそば」などなど幅広いメニューがあり、ご飯ものも充実。

メニュー一覧。この他に限定メニューが追加されることも

 冒頭にも述べたように、ラーメンと言っても多種多様であり、人それぞれ好みが分かれるところ。でもいろいろなジャンルのメニューがあれば、家族や友達と訪れて好みが分かれても大丈夫。

 2つ目は見た目の美しさ。

 いわゆるインスタ映えという表現がピッタリで、とにかく見た目から美味しさが伝わってきます!

 そして何より、美味しいこと! 正直どれを食べても感動もので、記憶に残る美味しさなんです!

 ということで、個人的おすすめをいくつかご紹介。

 まずは「サンマ水つけ麺」。

「サンマ水つけ麺」850円

 昆布水ならぬサンマ水に浸かった麺が美味しくて、ついつい麺だけで食べ進んでしまうほど(笑)。濃厚な鶏白湯スープのつけ汁に弾力のある平打ち麺がしっかりと絡み、これまた格別な美味しさ。この美味しい麺が300gまで同一料金なのも素晴らしい! もちろん300g一択です(笑)。

 麺を食べ終わった後は、残ったサンマ水をつけ汁に入れてスープ割り。至福のひとときです!
 

 お次は「塩つけ麺」。

 今自分が一番ハマっているのがこれ!

「塩つけ麺」900円

 綺麗に整えられた麺に散りばめられた柚子皮がキラキラと輝いて見え、こちらも見た目から楽しませてくれます。

 やや塩分濃度の高いつけ汁なんですが、麺を浸けて啜ると計算し尽くされた絶妙な美味さに感動します。

 食べ終わった後のサンマ水でのスープ割りがまた格別です。
 

 次にご紹介するのは「ホルモンまぜそば」。

 不動の一番人気だそうですが、ぷりっぷりのホルモンがとにかく美味しい!

「ホルモンまぜそば」850円と「辛ニラ(無料)」

 ニンニクの有り無しを選べるだけでなく、麺量も200g、250g、300gまで同一料金。

 なのでついつい300g頼んでしまいます(笑)。

 清流さんでは辛ニラをセルフサービスで無料提供しているんですが、ホルモンまぜそばにトッピングすると辛ニラの刺激も相まって美味さの相乗効果が。

 〆ごはんも付いているので、腹パン必至になること間違いなし。
 

 最後にご紹介するのは、夏季限定の「冷やし中華」。

 こちら、見た瞬間にロックオンしてしまうほどの美しいビジュアル。

「冷やし中華」*夏季限定

 黒酢を使用し、さっぱりとした中にもコクも感じられる「冷やし中華」は、見た目の美しさも相まってSNSでも話題の逸品。

 この他にも、「猫舌中華そば」や「あっさりしょうゆ」など、どれもが推しのラーメンばかり。

 インスタ映えする見た目に記憶に残る美味しさの清流さん。イチオシのお店ですので機会があればぜひチェックしてみてくださいね。

<店舗データ>

 【店名】麺や 清流
 【住所】大阪府東大阪市小若江1-4-3
 【営業時間】
 平日
 11:00~22:00(L.O 21:30)
 日曜日
 第1.2の日曜日のみ営業
 11:00~15:00(L.O 14:30)
 【定休日】土曜日、第3,4,5日曜日
 【最寄り駅】近鉄大阪線「長瀬」駅から徒歩約4分

 ※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策により、営業日・営業時間・営業形態などが変更になる場合があります。詳しくはお店の公式ツイッターをご確認ください。

<ライタープロフィール>

 だいち Daichi

 大阪府在住。年間300食以上を食べ歩くラーメンインスタグラマー。普段はバイク移動をしており、美味しいラーメンを求めて気の向くままにラーメン店巡り。仕事柄出張が多いことから、Instagramには全国のラーメンをポストしている。

 本人Instagram @ramentimes
 Twitter @elground7s

ラーメンレビュー一覧へ