ラーメンWalker

「担々麺 麺山椒」がカキの旨味を凝縮した限定麺を創作!

LINE

 神奈川の人気ラーメン店が、「ラーメンWalker神奈川2022」(発売中)の読者のために、月に1回ずつ限定麺を出す「プレミアム限定麺」が開催中。今回のテーマは「高級食材」。普段はあまり使わない食材を使い、店主の創造性あふれる至高の一杯にしていく。

 2022年4月の開催は、追浜にある担々麺専門店「担々麺 麺山椒」だ。

【2022年4月25日(月)・26日(火)、28(木)~30日(土)開催】生ガキとカキ煮干しを使った濃密だが上品な一杯

「牡蠣の醤油らぁめん」(940円)
撮影=奥西淳二

「牡蠣の醬油らぁめん」(940円)。1日20杯限定

 毎朝石臼でひく3種の山椒が味のポイントとなるハイスペックな担々麺で人気を誇る「担々麺 麺山椒」。今回の限定麺では、生ガキとカキ煮干し、カタクチ煮干しで炊いたスープに、生ガキを丁寧にペーストにしたものを加え、さらにカキを引き立たせるために仕上げにキノコ油を足して完成させる、店のレギュラーメニューとは全く違うまさに特別な一杯だ。濃密なカキのスープは、ひと口飲むと口の中でじんわりと旨味が広がり、なんとも上品な味わいに。トッピングにも焼いたカキがのるなど、カキをとことん味わえる。

新鮮な生ガキ(手前)とカキ煮干し(奥)がスープの決め手
撮影=奥西淳二

 今回は生ガキとカキ煮干しの2種のカキを使用する。生ガキはスープに入れるほか、丁寧にペーストにして、それを最後に手鍋でスープと合わせる。妥協をいっさいしない加々美店主の創造性あふれる渾身の限定麺になる。

店主の加々美達也さん
撮影=奥西淳二

 店主の加々美達也さんは、「麺屋庄太 六浦本店」で創業者の故・下里庄太さんの元で修業をしたほか、イタリアンやフレンチなどの経験もある実力派。今回の限定麺は、加々美店主のこれまでの経験が存分に活かされた一杯になる。

追浜駅から国道16号線沿いのアーケードをまっすぐ歩くと到着する
撮影=奥西淳二

【実施日】2022年4月25日(月)・26日(火)、28日(木)~30日(土)。1日20杯限定

【担々麺 麺山椒】
住所:神奈川県横須賀市追浜町2-64
電話:080-2243-4990
時間:11時~16時(LO)
休み:水曜
座席:7席(カウンターのみ)※禁煙
駐車場:なし
交通アクセス:京浜急行線追浜駅より徒歩6分

※限定麺を食べるには必ず「ラーメンWalker神奈川2022」が必要です。食券購入時または注文時に店舗スタッフに提示してください(1人1冊、電子版不可)

【ラーメンWalker神奈川2022プレミアム限定麺参加店舗】

2021年11月「Ramen Free Birds」(終了)、12月「麺屋 ぬまた」(終了)、2022年1月「麺屋づかちゃん」(終了)、2月「創作麺処 スタ★アト」(4月30日(土)・5月1日(日)に延期)、3月「ハイパーファットン」(終了)、4月「担々麺 麺山椒」、5月「麺酒処 ふくろう」、6月「自家製麺 麺屋 利八」、7月「TOKYO BAY FISHERMAN’S NOODLE」、8月「らぁ麺 桃の屋」

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

ラーメンニュース一覧へ