第108回 極太手揉み麺で味わう新機軸の味噌テイスト!
武蔵境『東京味噌らーめん 鶉』

2015年03月 初回放送

今回のラーテレは中央線に揺られて武蔵境へ!2015年1月に彗星の如く現れた気鋭の新店『東京味噌らーめん 鶉』をご紹介します。なんとこのお店は味噌専門店。江戸味噌の風味と野菜の甘さが織り成す優しい味のスープに、官能的食感の極太手揉み縮れ麺を合わせるという稀有なスタイルで激戦区・武蔵境に参戦。味噌復権の年とも言われる2015年のトップを飾った、大注目の新店に迫ります!

Highlight

JR武蔵境駅の北口から徒歩5分、すきっぷ通り商店街を抜けた辺りに店を構える『東京味噌らーめん 鶉』。街並みに溶け込むようなレトロでシックな外観が目を惹くこちらのお店。ラーメンフリークだけでなく地元のお客にも早くも馴染んでいるようで、常連には年配のご夫婦も多いのだとか。

今回頂いたのはもちろん『味噌らーめん』。すっきりとした美しい顔をしていると思いませんか?いわゆる “純すみ系” とは対極をなす、あっさりで優しい味のスープが懐かしくも新鮮なこの一杯。そこに合わせるのはなんと、官能的食感の極太手揉み縮れ麺!この滅多にお目にかかれない組み合わせ、気になる気になる〜!

こちらが店主の近藤さんご夫婦。寡黙に一杯一杯のラーメンを作り上げる龍臣さんと、明るく接客をする理絵さんのコンビネーションがとても素敵でした!『麺や 七彩』をはじめ、数々の名だたる名店で修行を積んだ龍臣さん。そんな彼がなぜ味噌専門というスタイルを選んだのか?その真相はぜひ番組をチェックしてくださいね!

実は今回のお店、ラーメン官僚・田中一明さんが編集部・近松のために “ある想い” を込めてセレクトしました。染み入るような味わいの身体に優しいスープ、たっぷり摂れる野菜、そして近松が大好きな極太手揉み縮れ麺!まさに大満足の一杯となりましたが、官僚が込めた想いとは果たして!?

この番組で紹介した店舗詳細はこちら

東京味噌らーめん 鶉

※ラーメン店の情報は2015年03月時点のものです。