ラーメンWalker

「飯田商店」公認の独立第一号! 間違いない“味わい”と“おもてなし” Ramen Feel(東京・日向和田)【ZATSUのオスス麺 in 武蔵野・多摩】第49回

LINE

JR青梅線・日向和田駅から徒歩10分、奥多摩へと続く吉野街道沿いにオープン

 今回のオスス麺は、話題沸騰中で今年一番の注目店「Ramen FeeL」。

 「飯田商店」公認の独立第一号として、吉野梅郷で有名な青梅市梅郷に2月28日にオープンしたばかりの新店です!

店主は湯河原の名店「らぁ麺 飯田商店」出身

 ラーメン好きならば知らない人はいないと言っても過言では無い有名店で、現在流行りの鶏清湯や昆布水つけ麺などを作り上げた第一人者である飯田商店。

 その飯田商店出身の方が青梅にお店を出すという噂が入ってきたのが半年ほど前。いくら飯田商店出身だと言っても飯田商店の2号店という訳ではないし、そこまでの混乱は起こらないだろうと高をくくっていました。

 ところが、2月下旬のオープンが近づくに連れてSNSなどがザワつき始め、オープン前日ともなるとお祭りが始まる前のような昂ぶりが伝わってきました!

 そしてオープン当日には徹夜組も発生し、混乱を避ける為に一時期の飯田商店と同様に朝7時から整理券を配布し、早い時間で売り切れてしまう事態になりました。

 予想以上の注目度の高さを目の当たりにし、私自身も「早く食べたい!」との思いが強くなり、オープンから一週間ほど経った日曜日の朝から並び、整理券を貰って実食することが出来ました。

長時間並ばずに食べられるよう、整理券を配布

整理券の番号によって再集合時間が管理されている

 この日は過去最高の人出だったようで、整理券配布開始時間である7時の時点で並んでいたお客さんで全てが売り切れてしまうという状態!

 もしかするとまた変化があるかもれませんが、現在は朝7時から10時まで1時間毎に整理券を配布し、空いている時間帯があれば好きな時間帯を指定出来る「FeeL Fastpass」という方式をとっていて、並んでいる1人につき5人分まで整理券を貰う事が出来るとの事。(仮に5人分で全員連食ならば10枚)

 そこで売り切れなかったら、普通に並んで食べるチャンスもあるようです。

ゆったりとした店頭。駐車場の他に自転車用のラックも完備

 以前はお蕎麦屋さんだったという店舗は、職人さんの手を借りながらご主人自らの手で解体から内装塗装まで携わって作り上げたもので、木をふんだんに使った暖かみのある落ち着いた居心地の良いアットホームな雰囲気となっています。

 カウンターからは広い厨房でラーメンを作っている様が見られ、厨房には飯田商店の文字が書かれた麺箱も置かれています。

 席には、予め木製のランチョンプレートとお箸がセットされていて、提供直前に温めたレンゲもセットされます。

「わんたん入り醤油らぁ麺」

「わんたん入り塩らぁ麺」

 らぁ麺は「醤油らぁ麺」と「塩らぁ麺」の2種類で、それぞれ「わんたん入り」が用意されています。(醤油は肉わんたん、塩はエビわんたんという組み合わせ)

 出汁の味わいを存分に活かした滋味に富んだもので、優しい味わいの「塩」、優しくもどっしりした味わいの「醤油」、どちらも甲乙付けがたい味わいで、間違いない美味しさ!

醤油らぁ麺用の麺鉢

塩らぁ麺用の麺鉢

 醤油と塩で2種類用意されている麺鉢は有田焼で、李荘窯さんによる手描きの絵付けがなされ、美しい盛り付けをより一層引き立てくれます。

醤油は、平打ちの細ストレート麺

塩は、特徴的な口当たりの細縮れ麺

 自家製の麺は、元々物件に置いてあったものと、師匠である飯田将太さんから譲り受けたという2台の製麺機を使用して作られているとの事。

 どちらも柔らかな食感とシルキーな啜り心地のあるものながら、醤油は柔らかな中にもハリを感じる食感を出し、塩には縮れが入り特徴的な口当たりを楽しめるなど、それぞれのスープに合わせた麺が作られています。

 同様に、トッピング類も醤油と塩では全く違うものを合わせて、一杯の丼の中にコース料理が入っているかのような仕上がり。

サイドメニュー「焼売飲茶セット」

サイドメニュー「日替わりおにぎり」

 サイドメニューの「焼売飲茶セット」は、蒸籠で蒸されたフワフワ食感の大きめな焼売2個と台湾茶がセットになっていて、おにぎりは竹ザルに盛り付けられて具材は日替わりになっています。

 「飯田商店」公認独立第一号という肩書きに相応しく、飯田商店イズムを感じる「味わい」と「おもてなしの精神」をしっかりと引き継いでいて、味だけで無くそのお店の雰囲気全てを感じて楽しむようなエンタテインメント性をもった、家族や友達などと一緒に楽しい一時を過ごせるオススメのお店です!

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策により、営業日・営業時間・営業形態などが変更になる場合があります。詳しくはお店の公式ツイッター(https://twitter.com/ramenfeel)をご確認ください。

ZATSU

2006年に開設したブログ「ZATSUのラーメン」の管理人。武蔵野・多摩地区を中心にしたラーメン食べ歩きを始めて15年以上。現在は年間400〜500杯程度を食べ、新店コレクターでありながらも老舗店やリピートするお店も多数あり。チェーン店からファミレス、カップ麺までも愛する真性の「ラーメン好き」で、基本的に何でも美味しく食べられる幸せ者。「自分の好みのラーメンを見つけて欲しい」と言う思いをモットーに色々なラーメンを紹介していきます。

本人ブログ(https://zatsu-ke.blog.jp/

本人Twitter @zatsu_ke

ラーメンレビュー一覧へ