ラーメンWalker

黒トリュフを使った担々麺がすごい! 注目すべき多摩の気鋭店 豪虎担々麺(東京・昭島)【ZATSUのオスス麺 in 武蔵野・多摩】第51回

LINE

JR青梅線・昭島駅近くの注目店「豪虎担々麺(ごうこたんたんめん)」

 今回のオスス麺は、昭島駅南口から徒歩3分ほどの線路沿いにある担々麺の専門店「豪虎担々麺」。

 オリジナルの黒トリュフペーストを用いた担々麺を提供するお店で、徐々に話題を集めてきて、これから人気店となりそうな注目のお店!

 ご主人は、元々はグラフィックデザイナーとして飲食チェーン店の販促や商品宣伝、新業態プランニングに5年ほど携っていました。そこで色々な人と出会い、いつしか自分も「『美味しい』を提供して笑顔をもらう仕事」をしたいと思うようになり、そんな時期に国分寺の名店「つけ麺 紅葉」の湯沢店主と出会い意気投合し、色々な話をしている内に店を立ち上げる決意をしたとの事。

 担々麺は昔から好きで、よく都内の有名店に通っていたというご主人ですが、いざ自分が担々麺専門店を出店すると考えた時に「多摩地区には担々麺専門店が少ないので、需要がないのかもしれない」という不安があり、逆に言えばそれはチャンスでもあり、ある意味バクチにも近いものがありながらも確固たる決意をもって2018年3月21日にオープンしました。

「黒トリュフ豪虎担々麺」

 看板メニューである「黒トリュフ豪虎担々麺」は、「つけ麺 紅葉」の湯沢店主と一緒に作り上げたというもの。【スープを飲み干す担々麺】をコンセプトに、昆布からグルタミン酸、鰹節や鶏肉からイノシン酸、黒トリュフからグアニル酸という旨味の三大成分を掛け合わせた相乗効果を意識していて、鶏骨・鶏肉を炊き上げたコクのあるガラスープに、さらに鶏肉を加えて旨味を高めたというもの。正に飲み干したくなる、飲み干してしまうスープに仕上がっています。

 麺は、八王子の岩本製麺の細ストレート麺を使用。しっかり茹でる事でモチモチした食感が楽しめ、シビカラスープもたっぷり絡みついてきます。

 挽き肉はゴロッとした粗挽きにして、甜麺醤などを使用した奥深い味付けがなされていて噛むほどに味が滲み出るような旨味がたっぷり感じられ、花椒など香辛料の風味のアクセントと痺れ感もあって、担々麺の美味しさをグッとアップさせてくれます!

この一杯の魅力をグッと引き上げる「黒トリュフペースト」

 お店の一番のウリである「黒トリュフ」は、担々麺に合う具材を求めて何回も試作を重ね、どんなトリュフが一番合うか、また同じトリュフを使うにしてもトリュフオイルでも無い…… 削って出すとコストが合わない…… など試行錯誤を重ねた結果完成したのが、現在提供しているソテーして熟成させたペースト状のもの!

 この香りと旨味が堪らない感じで、スープに溶かしても良し、直接麺に絡めながらより顕著に黒トリュフの風味や旨味を楽しむのも良しと、色々な楽しみ方が出来ます。

「海老味玉の黒トリュフ豪虎汁なし担々麺」

海老の風味を纏った人気トッピング「海老味玉」

 個人的にオススメなのが「汁なし」!

 スープが無い分、ゴマの濃厚なコクを強く感じる事ができます。ゴマのまろみがありながらも味付けは穏やかで、甘みも抑えてあるので重さやしつこさが無く、味にまとまりがある中に麻辣のアクセントがキッチリつけられていて、黒トリュフの存在感も力強く感じられます!

 より濃厚感を楽しみたい方には、この「汁なし」がオススメです!

 春にピッタリな桜色した「海老味玉」は、白だしと海老で味付けされたもので、担々麺の味を邪魔せずに楽しめる優しい味わい!

 「汁あり」も「汁なし」も、黒トリュフの無いメニューも用意されているので、苦手な方は通常の「豪虎担々麺」がオススメですが、大丈夫な方は是非とも黒トリュフが付いたものを試して貰いたいです!

 また、辛さの段階も「小辛」「並」「中辛」「大辛」「超辛」「鬼辛」と6段階用意されていて、黒トリュフだけで無く「パクチー」「味玉」「ザーサイ」「高菜」などのトッピングもあるので、自分の好みに合わせて辛さを選んだり追加トッピングしてカスタマイズする楽しみもあります。

「野菜たっぷり黒トリュフ豪虎担々麺」

 「野菜たっぷり黒トリュフ豪虎担々麺」は、既存の担々麺の概念を覆すようなガッツリ系担々麺!

 本来の味が抑え込まれてしまう面があることは否めないですが、野菜の旨味が移る事によって新たな味わいが楽しめ、キャベツともやし330gという一般的な担々麺では摂ることの出来ない野菜をたっぷり食べられるのが嬉しい!

タレ・挽肉・水菜・ネギ・辛味粉とともに提供される「和え玉」

 もう少し食べたいな…… という方にオススメなのが「和え玉」。

 博多ラーメンなどでよく見かける「替え玉」の具沢山バージョンで、そのまま「汁なし担々麺」として食べる事も出来る逸品!

 レギュラーの「汁なし豪虎担々麺」とはまた少し違った味わいを楽しむ事ができるもので、これを200円というお手頃価格で提供してくれるのが嬉しい♪

1周年記念限定メニュー「豪虎クアトロ」

 頻繁に限定メニューを出すお店では無いですが、ご主人が研究熱心なので日々試行錯誤を重ねています。

 そんな中、1周年記念として販売されたのが「豪虎クアトロ」!

 通常の「黒トリュフ担々麺」の麻辣感やトリュフの味わいを残しつつもガラリと印象を変えて、クリームシチューやクラムチャウダーを思わすような濃厚なスープに4種類のチーズを合わせた洋風なテイストが加わったオンリーワンな一杯で、凄く印象的でした。

限定メニュー「鶏チャーシュー担々麺」

 一時期限定で提供された「鶏チャーシュー担々麺」は、他の鶏チャーシューとは違った薫香と鶏の旨味を存分に楽しむ事ができるもので、そのアクセントが担々麺の味わいも少し変化させてくれるような一杯でした。

 通常のラーメンや一品料理を提供せずに、「担々麺」一本で勝負するのは中々難しく、勇気が必要だと思いますが、その分「担々麺」にかける思いと反映された味わいは一般的なラーメン店や中華料理店とは一線を画すものとなっていて、黒トリュフを使った担々麺・汁なし担々麺を一度は食べてみてハマってもらいたいオススメのお店です!

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策により、営業日・営業時間・営業形態などが変更になる場合があります。詳しくはお店の公式サイト(https://gooko-jp.com/)をご確認ください

ZATSU

2006年に開設したブログ「ZATSUのラーメン」の管理人。武蔵野・多摩地区を中心にしたラーメン食べ歩きを始めて15年以上。現在は年間400〜500杯程度を食べ、新店コレクターでありながらも老舗店やリピートするお店も多数あり。チェーン店からファミレス、カップ麺までも愛する真性の「ラーメン好き」で、基本的に何でも美味しく食べられる幸せ者。「自分の好みのラーメンを見つけて欲しい」と言う思いをモットーに色々なラーメンを紹介していきます。

本人ブログ(https://zatsu-ke.blog.jp/

本人Twitter @zatsu_ke

ラーメンレビュー一覧へ