ラーメンWalker

選べる豚骨ラーメンが楽しすぎる 上を向いていこう(東京・羽村)【ZATSUのオスス麺 in 武蔵野・多摩】第3回

 今回は、メディアでは殆ど紹介される事が無い隠れた名店「上を向いていこう」という羽村にあるお店。

 かつて、多摩地区でいち早く豚骨ラーメンを提供し、多摩地区で初めて替玉(麺のおかわり)や赤玉(唐辛子練り込み麺)等を提供したと言われている「一番」というお店が福生にありました。

 支店も数多く展開し、そこからは「池谷精肉店@秋川」「風味堂(現『ジャイアン』)@田無」「たまぞう@府中・八王子」「えんの助@西立川」等の名店も輩出されました。

 一番グループ解散後、店主は「吉法師@福生」を立ち上げ、「一番」の豚骨ラーメンのDNAは「上を向いていこう(旧『一番羽村店』)」というご子息ご息女がやられているお店に継承され、現在はその味を踏襲しつつ独自の進化を遂げています。

 スープの拘りはメニューを見るだけでわかる位で、「豚骨ラーメン」だけでも「かるめ・ふつう・おもめ・辛い」と濃度の違うスープを用意し、味も「しょうゆ」「しお」「みそ」があります。

 ラーメンには、「博多麺(白)」「博多麺(赤)」「熊本麺」の3種類、つけ麺には「黒麺」「白麺」「太麺ゴールド」「春よ恋」の4種類の麺から選ぶ事ができ、メニューによっては専用の麺を使用するという麺の拘りも抜かりなし。

 店内には「ビュッフェ」と題した薬味コーナーを設け、豚骨ラーメンに合う調味料「白ごま」「辛子高菜」「揚げネギ」「紅生姜」「にんにく」「こってり油」等が置かれていて、セルフサービスとなっています。

 数ある豚骨ラーメンメニューの中で、個人的に一番のオススメは「とんしおやさい」。

 多摩地区の中でもトップクラスの濃厚さを誇る豚骨スープは、ドロリとした高い粘度を持ち、豚骨の旨味を存分に引き出したものでありながら豚骨のクセや臭みを感じさせ無い食べ易さがあります。適度な油分でこってり感もありながら、不思議と重たいと感じるようなしつこさが無い上質な豚骨スープで、少しシャープな塩ダレが輪郭をクッキリとさせてくれていて、そこに炒めた野菜の香ばしい風味が移り込んだ味わいは堪らないもの!

 「熊本麺」は、中細サイズの低加水ストレート麺でモッチリ感があり、粉の風味と味をしっかり楽しめます。

 「博多麺(白)」は、極細サイズの低加水ストレート麺で、熊本麺とは口当たりも食感も違い、博多麺らしいザックリ感でスープの持ち上げが抜群に良く、濃厚スープを楽しむ麺。

 「博多麺(赤)」は、オレンジ色をした極細サイズの低加水麺。

 唐辛子を練り込んだもので、辛いって訳では無いけれど豚骨の旨味や甘味を引き立てる味わいで、辛くないけれど不思議と発汗作用があるような印象。

 同じ「博多麺」でも、白とは違ったポキポキしたような食感が楽しめるのも特徴の一つで、個人的には「替え玉」の時は必ずと言っても良いほどこの「赤」を頼みます。

 つけ麺も、よくある魚介豚骨では無く濃厚な豚骨を主役にしたもので、クリーミーさのある豚骨に強めの甘味を効かせ、酸味を程よく効かせた後味がスッキリした味に仕上がっています。

 「春よ恋」は、平打ちの太麺で軽くウェーブがかかり、優しい食感の中に豊かな風味と味わいを感じさせてくれます。

 「太麺ゴールド」は極太サイズで、ガッシリとした噛み応えがある強い食感のもの。こちらに関してはスープよりも麺が主役という感じで、味わいの豊かさや食感を楽しむ事ができます。

 「黒麺」は、くすんだ色づきの全粒粉を練り込んだ中太ストレートで、粉感が強く感じられるもの。風味の高さや味わい深さがあり、濃厚スープとのバランスがしっかりとれたもの。

 「白麺」は太めのストレートで、風味や味わいが穏やかでクセが無く、適度なモチモチ感を楽しめるオーソドックスなタイプ。

 ラーメンもつけ麺も、特製調味料・香味油・ライスがセットになった「とん茶」と言う〆のお茶漬け的なメニューも用意されていて、残った豚骨スープを最後まで楽しむ事ができます。

 「とん茶」の味も「お好みやき風」「カレー」「イタリア風」「和風」「洋風」「韓国風」「辛茶」「のり茶」「えび茶」「ウメ茶」等多数用意されて、好みのものを選ぶ事ができます。

「イタリア風」

「えび茶」

「のり茶」

「韓国風」

「洋風」

「和風」

 それぞれ特徴があって、同じ豚骨スープでも全く違った表情を楽しむ事ができます。 ランチタイムは、この「とん茶」か「替玉」のいずれかがサービスなので、是非試してもらいたい一品です。

 決して今風とは言えない佇まいですが、他のお店には無い試みが沢山あり、スープや麺にも妥協が無く、常に進化し続けていく魂のある豚骨ラーメンで、豚骨好きな人には是非食べに行ってみてもらいたいお店です。

ZATSU

2006年に開設したブログ「ZATSUのラーメン」の管理人。 武蔵野・多摩地区を中心にしたラーメン食べ歩きを始めて15年以上。現在は年間400〜500杯程度を食べ、新店コレクターでありながらも老舗店やリピートするお店も多数あり。チェーン店からファミレス、カップ麺までも愛する真性の「ラーメン好き」で、基本的に何でも美味しく食べられる幸せ者。 「自分の好みのラーメンを見つけて欲しい」と言う思いをモットーに色々なラーメンを紹介していきます。

本人ブログ(http://blog.livedoor.jp/zatsu_ke/

本人Twitter @zatsu_ke

最新記事

ラーメンレビュー一覧へ