ラーメンWalker

名前は“精肉店”でも主役はぶっとい麺です 麺 池谷精肉店(東京・秋川)【ZATSUのオスス麺 in 武蔵野・多摩】第15回

LINE

JR五日市線・秋川駅の北口から徒歩3分、味のある手書き看板が目印

 多摩地区屈指の極太麺を楽しめる「麺 池谷精肉店」。

 福生にあった「一番」の暖簾分け店として、1998年10月にオープンしました。

 当時は「一番」の屋号を使用していましたが、2002年3月に「一番」の看板をおろして心機一転。それまでの味の方向性を変え「麺 池谷精肉店」へと完全リニューアルし、2006年2月に現在の地に移転しました。

 「精肉店」という紛らわしくも思える店名は、店主の実家が精肉店だった事からつけられたもので、れっきとしたラーメン屋さんです。

 「麺 池谷精肉店」となった最初の頃は試行錯誤の連続で色々と変化し、行き着いたのが我流で生み出されたという超極太麺。

 「ぶっといめんのお店」という看板を店頭に掲げているように、その「ぶっといめん」が最大の売りであり、その麺をたっぷり食べてもらいたいという気持ちから「麺多め」が無料で選べるようになっています。

 ちなみに別料金で「大盛り」も用意されていて、初めての人は混乱してしまう事もあるようで、ここはちょっと注意が必要。「麺多め」は食券を渡す際に聞いてくれるので、ハッキリ「麺多めでお願いします」や「普通でお願いします」と答えるのが良いです。

フラッグシップメニュー「特つけそば」

 一番の看板メニューは、なんといっても「つけそば」!

 動物系の濃厚感と魚介のパンチがしっかりと効いたつけ汁と、インパクトのある極太麺が見事にマッチした一杯。

 ボヨンとしたような他には無い弾力が楽しめる麺で、その弾力の奥には噛み締める硬さを感じる強めの食感があり、麺の持つ味わいや風味を遺憾なく楽しめます!

「特我流つけそば」

「我流らーめん」

 一度食べたら抜け出せなくなるインパクトとジャンクさを持ったメニューが「我流」。

 雪が降り積もったかのように大量に振りかけられた背脂のこってり感とコクに、ニンニクの旨味が効いた魚介スープは、ジャンクで荒々しさのあるものでありながら意外にもしつこさの無い和風な味わいで、この背脂を受け止められるだけの強力な麺があるからこそ出来る一杯!

「中華そば」

 「中華そば」といっても昔ながらのあっさりタイプでは無く、「濃厚魚介豚骨」に近いもの。

 ただ、一般的なそれとは違ったオリジナリティがあるもので、濃厚なコクを感じさせながらも重くなく、魚介を強めに効かせた味わい。

 麺はつけそばほどの強い食感では無く、強めながらも優しさを感じる食感と豊かな味わいを楽しめます。つけそばを知っていると、この食感の違いもまた一興。

 そして、これだけぶっとい麺なのにスープをしっかりと持ち上げバランスが取れているのが素晴らしい♪

 同じメニューを食べても、麺もスープも常に変化しているような印象を受け、それがブレなのか進化なのかはわからないけれど一定の美味しさは保たれているので、その変化も楽しめて何度食べても飽きが来ません。

荒々しい煮干がガツンと押し寄せる限定メニュー「煮干らーめん ”にぼにぼ”」

 限定メニューも頻繁に提供され、これもまた他のラーメン店とは違った試みが多く、ここならではの個性的なラーメンを食べる事ができます。

 「煮干らーめん "にぼにぼ"」は、強烈な煮干感のあるスープに魚粉を練り込んだ極太麺を合わせ、更に煮干の唐揚げまでのせて突き抜けた煮干感を楽しませてくれる限定でした!

鉄鍋で提供された限定メニュー「ピリ辛味噌もつ鍋つけそば」

 個人的にツボに入った限定が「ピリ辛味噌もつ鍋つけそば」。

 鉄鍋に入ってグツグツと煮立った、まさに「もつ鍋」って感じのもので、濃厚な出汁にニラやニンニクの風味と強い辛味を持たせたインパクトのあるつけそばでした!

トロトロの牛すじが入ったレギュラーメニュー「牛すじカレーつけそば」

 レギュラーメニューにも「牛すじカレーつけそば」といったカレー味がありますが、店主がこういったスパイシー系を得意としているようなので度々限定でも登場し、色々な形で楽しむ事ができます。

スパイシーで独創的な限定メニュー「ドライカレーぴざーら」

 限定メニュー「ドライカレーぴざーら」は、オレガノ・バジル味のトマトソースと玉葱の旨味を活かしたドライカレーが合わさり、とろけるチーズがたっぷり加わったもので、その味わいはカレーとピザが合体した夢のような組み合わせ! 合わせる麺も通常のものよりもっと太い超極太麺でインパクトがあり、ご飯を頼めばカレーライスとしても〆られる楽しい限定でした!

 「つけ麺は麺が主役」という言葉はよく聞きますが、実際に麺が主役に感じるものって意外と少なかったりします。

 そんな中、ここは本当に麺の存在感が強く期待を裏切らないものとなっているので、是非「ぶっといめん」を噛み締めて楽しんで頂きたいと思うオススメのお店です!
 

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策により、営業日・営業時間・営業形態などが変更になる場合があります。詳しくはお店の公式ブログをご確認ください。

ZATSU

2006年に開設したブログ「ZATSUのラーメン」の管理人。武蔵野・多摩地区を中心にしたラーメン食べ歩きを始めて15年以上。現在は年間400〜500杯程度を食べ、新店コレクターでありながらも老舗店やリピートするお店も多数あり。チェーン店からファミレス、カップ麺までも愛する真性の「ラーメン好き」で、基本的に何でも美味しく食べられる幸せ者。「自分の好みのラーメンを見つけて欲しい」と言う思いをモットーに色々なラーメンを紹介していきます。

本人ブログ(http://blog.livedoor.jp/zatsu_ke/

本人Twitter @zatsu_ke

ラーメンレビュー一覧へ