ラーメンWalker

キーマカレーもカルボナーラも絶品の油そばに!? 汁なし麺専門店 メンデザイン(東京・花小金井)【ZATSUのオスス麺 in 武蔵野・多摩】第13回

LINE

 武蔵野・多摩発祥の麺と言えば「油そば」。

 「油そば」とはスープの無いラーメンのことで、その発祥は国立の「三幸」や武蔵境の「珍々亭」と言われています。東小金井「宝華」や「一平ソバ」などによって広められ、吉祥寺の「ぶぶか」によって一気に知名度が上がりました。

 その後、時代と共に進化していき「スープオフ」「汁なし」「まぜそば」「和え麺」など色々な呼ばれ方をされ、味わいやビジュアルも複雑なものになっていきました。

西武新宿線・花小金井駅北口から徒歩3分「汁なし麺専門店 メンデザイン」

 そんな現在の進化系油そばのお店でオススメなのが、花小金井にある「汁なし麺専門店 メンデザイン」。

 洋食で料理修業をした店主による「油そば」はその経験を活かしたもので、多種の油そばメニューを揃えながらも「スープのあるラーメン」は頑なにレギュラーメニューに据え置かない、生粋の「汁なし麺専門店」。

 店内は一般的なラーメン店とは少し違った、ゆったりとしたカフェを思わすような空間。つい長居してしまいそうな居心地の良い雰囲気で、女性客やお子様連れまで幅広い層のお客さんが利用しやすくなっています。

 ターゲットが幅広い世代というのも考慮してか、油そばは予めタレと麺がしっかりと和えられていてマゼマゼする必要が無く、盛り付けも綺麗でパスタや他の料理を思わすようなビジュアル。

まずはここから!定番油そばメニューの「油そば 塩」

 定番の油そばは「醤油」「塩」「焦がしにんにく」が用意されていて、中でも「塩」は鶏の旨味が凝縮された濃厚な味わいなのに後味がスッキリしたもので、麺の味を最も引き立ててくれる一杯♪

まるでイタリアンのような洋風油そばメニュー「カルボナーラ」

 洋風油そばは「わさびクリーム」「カルボナーラ」「キーマカリー」などがあり、「カルボナーラ」は洋食出身の店主が得意とするもので、限りなくパスタに近い味わいでありながら中華麺ならではのモチモチ感を楽しめる、面白くも美味しい一杯♪

中華テイストの汁なし担々麺メニュー「汁なし担々麺 白」

 汁なし担々麺は「黒」「赤」「白」と用意されていて、それぞれ辛さの段階があります。

 「白」は辛さは無いものの、ゴマの旨味と風味がたっぷり詰まったネットリした濃厚な味わい。単純に辛さが上がるだけでは無いので、「黒」や「赤」も違った味を楽しむことができます。

汁なし名古屋めし「台湾まぜそば」

洋風油そば「わさびクリーム」

 他にも台湾まぜそば、創作系油そば、焼きそばなど多種多様な油そばを楽しめます。

 メンデザインの凄い点が、ただでさえ豊富なメニューなのにオープン以来7年以上に渡って毎月1つ以上の限定創作油そばを提供し続けていること。

 そして年末には「総選挙」と題し、その年に提供された限定で一番好きだったものをお客さんからアンケートを取り、1位だったものを翌年のレギュラーメニューにするというエンターテインメント性の高さも魅力の一つ。

レギュラーに昇格した人気メニュー「グラタンタン麺」

 総選挙によってレギュラー化された代表メニューが、こちらの「グラタンタン麺」。

 チーズにこんがり焼き目がついた「グラタン」の見た目そのままでありながら、中にはホワイトソースと芝麻醤が融合したようなソースとモチモチの太い中華麺があり、正に「グラタン」と「担々麺」が融合した、ここでしか食べられない一杯!

見た目は完全にカツ丼!? 「豚ロースかつの卵とじ油そば」

 「豚ロースかつの卵とじ油そば」も総選挙によってレギュラー化したもので、ロースかつは都度調理する揚げたてサクサクなものを使用。一見すると「カツ丼」的なビジュアルながら、これがしっかりと油そばな味に仕上がっているのが凄い!

 普通はオペレーション的にやらないでしょ? って感じの、他では見たことも無いような油そばがレギュラーメニューになっているのは、ここメンデザインならではです。

 ※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策により、提供に時間がかかるグラタン系と豚ロースかつは暫くの間お休みとのこと。

メンデザイン流の年末風物詩麺「年越し油そば」

 毎年年末に出す「年越し油そば」は、お正月の訪れを思わす年越しそばをイメージした純和風なもので、年の瀬にピッタリ!

花火で夏を演出した限定麺「イカスミ爆弾」

 月替わりの限定麺ではコーラをかけてパチパチする油そばや、花火が刺さって視覚的にパチパチする油そばなど、面白い演出があるものが沢山ありました。

 さらに面白いのが、スープが無いにも関わらず「替え玉」メニューも用意されていること。色々な味の細麺タイプの油そばをもう一杯楽しむこともできます!

「味付き替え玉(とんこつ)」

「味付き替え玉(ピリ辛)」

「味付き替え玉(ミートソース)」

「味付き替え玉(キーマカレー)」

 スープが無い分バリエーションに限りがありそうな「油そば」なのに、その可能性を無限大に広げてくれて、味覚だけで無く視覚的にも楽しませてくれる「汁なし麺専門店 メンデザイン」。オススメです♪

 ※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策により、営業日・営業時間・営業形態などが変更になる場合があります。詳しくはお店にご確認ください。

ZATSU

2006年に開設したブログ「ZATSUのラーメン」の管理人。武蔵野・多摩地区を中心にしたラーメン食べ歩きを始めて15年以上。現在は年間400〜500杯程度を食べ、新店コレクターでありながらも老舗店やリピートするお店も多数あり。チェーン店からファミレス、カップ麺までも愛する真性の「ラーメン好き」で、基本的に何でも美味しく食べられる幸せ者。「自分の好みのラーメンを見つけて欲しい」と言う思いをモットーに色々なラーメンを紹介していきます。

本人ブログ(http://blog.livedoor.jp/zatsu_ke/

本人Twitter @zatsu_ke

ラーメンレビュー一覧へ