ラーメンWalker

武蔵野・多摩地区で食べられるご当地ラーメン特集!〜前編〜【ZATSUのオスス麺 in 武蔵野・多摩】第106回

LINE

 本コラムの第100回・第101回にて、八王子ラーメン九州豚骨ラーメンと、ご当地ラーメンの特集をやりましたが、せっかくなのでこの2つ以外にも、武蔵野・多摩地区で食べられる全国のご当地ラーメンを紹介したいと思います。

 日本三大ご当地ラーメンと呼ばれる「札幌味噌ラーメン」「喜多方ラーメン」「博多とんこつラーメン」。

 一昔前の武蔵野・多摩地区ではこの三大ご当地ラーメンがある程度で、その他のご当地ラーメンは数えるほどしかありませんでした。

 しかし、次から次へと新しい味が生まれ新しい味を求める東京において各地のご当地ラーメンは逆に新鮮に感じられるようになり、ご当地ラーメンにインスパイアされたラーメンを提供するお店や各地からご当地ラーメンを引っ提げて東京に参入するお店も増えてきました。

 同じご当地ラーメンを扱っていても、そのままの味を楽しめるものもあれば、オリジナリティーを加えて独自の味に仕上げているお店もあります。

 ここ十数年で一気に盛り上がってきて、武蔵野・多摩地区でも有名なご当地ラーメンからローカルなご当地ラーメンまで色々なお店があり、とても面白い事になっています!

 かなりのボリュームがあるので、前編・後編の2回に分けて紹介したいと思います。

 前編の今回は、北海道から東北のご当地ラーメンを食べられるお店!

《札幌味噌ラーメン》

 日本三大ラーメンのひとつでもある、北海道札幌市のご当地ラーメン。

【札幌味噌麺 優】

京王線「つつじヶ丘」駅から徒歩2分

「味噌味玉」

 北海道発の超人気味噌ラーメン店「さっぽろ純連」出身の方が味作りをされたお店。分厚いラードの層によって蓋をされた超熱々のスープは、十数種の食材を合わせた特製の味噌ダレとスープを一緒に火にかけて作られ、スパイシーさにも似た芳醇な味噌の風味と濃厚な味わいの本格派な札幌味噌ラーメンを楽しめる!

【めんや 蔵】

京王線・京王高尾線「北野」駅中央南口から徒歩2分

「味噌らーめん」

 札幌ラーメンでお馴染みの黄色い縮れ麺を『多加水熟成製法』という独自の製法で生み出した西山製麺の麺を使用し、その味わいを存分に楽しめる濃厚な味噌スープと合わせた一杯を堪能出来る!

《旭川ラーメン》

 北海道旭川市のご当地ラーメン。

【味噌蔵らーめん まるしゅう】

JR中央線「武蔵小金井」駅北口から徒歩15分

「旭川らーめん(醤油)」

 旭川ラーメンの名店「こもり」で修業した後に独立し、最初は「旭川らあめん まるしゅう」という屋号でした。現在は「味噌蔵」の屋号となってメインメニューも変わりましたが、実は旭川ラーメンも食べられます!

 オープン当初とは味わいは変わりましたが、芳ばしく濃厚な醤油感を楽しめる一杯がいただけます!

《津軽ラーメン》

 青森県津軽地方のご当地ラーメン。

【中華そばムタヒロ 国立店】

JR中央線「国立」駅南口から徒歩5分

「こくにぼ中華そば」

 津軽ラーメンを代表する名店「長尾中華そば」の人気メニューをリスペクトした「こくにぼ」は、ムタヒロならではのオリジナルテイストを加えた超濃厚な煮干し感を楽しめるガツンとした一杯!

《味噌カレー牛乳ラーメン》

 青森県青森市の「味の札幌」が発祥。B級グルメとして広がったご当地ラーメン。

【北の台所 おんじき】

JR各線「八王子」駅北口から徒歩3分

「みそカレー牛乳ラーメン」

 今年の5月に23周年を迎えた、青森の郷土料理を提供する居酒屋さん。

 ラーメン店ではありませんが、青森を感じる雰囲気の中で、クリーミーで円やかで優しい甘味や懐かしいカレー風味にバターのコクが合わさった一体感のある「みそカレー牛乳ラーメン」を楽しむ事が出来る!

《酒田ラーメン》

 山形県酒田市のご当地ラーメン。

【ワンタンメンの満月 三鷹店】

JR中央線「三鷹」駅南口から徒歩10分

「煮たまご入りワンタンメン」

 酒田でも指折りの人気店である「満月」が、東京初進出となる支店を2020年2月に三鷹でオープン!

 スープのベースは山形地鶏などの動物系。そこにアゴ(トビウオ)や数種の煮干し等の魚介系を合わせた清湯系のあっさり醤油味のスープに、ふわふわトロトロな唯一無二のワンタンを楽しめる!

《喜多方ラーメン》

 福島県喜多方市のご当地ラーメン。

【まんてん】

JR五日市線「熊川」駅から徒歩5分

「ラーメン」

 喜多方市で地元の方に愛されるお店として営業されていたご夫婦が、移転という形で2013年9月に福生市の熊川でオープンしたお店。

 かなり限られた営業時間でハードルは高いですが、東京とは思えないくらいのアットホームな雰囲気と本格派の喜多方ラーメンを楽しむことが出来る!

《白河ラーメン》

 福島県白河市のご当地ラーメン。

【一番いちばん】

小田急線「町田」駅北口から徒歩11分

「特中華そば」

 白河手打ちラーメンの始祖である「とら食堂」で修業を積んだ後に独立し、今では激戦区の町田でトップクラスの人気を誇るお店となっています。

 白河ラーメンを礎としながらも独自の技術を加えて進化した一杯となっていて、スープ・醤油・麺・具のそれぞれにこだわりを感じさせながら一体感のある味に仕上がった最上級の醤油ラーメン!

【白河中華そば 孫市】

JR中央線「国立」駅北口から徒歩14分

「中華そば」

 「とら食堂」の孫弟子にあたることから名付けられた「孫市」。

 手打ちのモチモチ麺と優しい味わいのスープを合わせたその味わいは、本場の白河で食べているかのように思わせてくれる本格派の白河ラーメン!

【らーめん 大村庵】

JR中央線「日野」駅から徒歩3分

「特製ラーメン」

 福島県出身で、白河ラーメンのお店で修業された方が昨年11月11日にオープンさせた新店!。

 ピロピロとした自家製麺の美味しさに、多摩地区が誇る近藤醸造の醤油「キッコーゴ」を使用することで、白河と多摩地区との融合を図った一杯が楽しめる!


 現地で食べるご当地ラーメンと比べるのはナンセンスですが、現地の雰囲気を楽しめる美味しいラーメン店が武蔵野・多摩地区にはたくさんあります!

 是非とも北海道・東北のご当地ラーメンの雰囲気とその美味しさを楽しんでください。

 次回の後編では、北陸・関東以西のご当地ラーメンを提供している武蔵野・多摩地区のラーメン店を紹介しますのでお楽しみに!


 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策により、営業日・営業時間・営業形態などが変更になる場合があります。詳しくは各店舗にご確認ください。

ZATSU

2006年に開設したブログ「ZATSUのラーメン」の管理人。武蔵野・多摩地区を中心にしたラーメン食べ歩きを始めて15年以上。現在は年間400〜500杯程度を食べ、新店コレクターでありながらも老舗店やリピートするお店も多数あり。チェーン店からファミレス、カップ麺までも愛する真性の「ラーメン好き」で、基本的に何でも美味しく食べられる幸せ者。「自分の好みのラーメンを見つけて欲しい」と言う思いをモットーに色々なラーメンを紹介していきます。

本人ブログ(https://zatsu-ke.blog.jp/

本人Twitter @zatsu_ke

ラーメンレビュー一覧へ