ラーメンWalker

ラーメンWalker発!「未来を輝かせるラーメンストーリーズ」第17話

じゃぐら高円寺&ど・みそスペシャルコラボ!ど・みそ創業者・齋藤さんに捧げる、最強コッテリ楽しいラーメンで日本を元気に!

LINE

 ラーメンWalkerがテーマを決めて名店店主とともに新たなラーメンをお届けする企画。2022年6月15~20日は、『じゃぐら高円寺』千代田英司店主と『ど・みそ』宮本堅太店主がコラボ出店! 梅雨のジメジメを吹き飛ばす「最強コッテリ味噌ラーメン」をテーマに、それぞれの店の持ち味を活かし、融合させた限定麺を創り上げた。2020年9月に惜しまれつつこの世を去った、ど・みそ創業者の齋藤賢治氏に捧げるラーメンと、味噌ラーメン界を牽引してきた故人への想いを伺った。

『じゃぐら高円寺』店主・千代田英司さん、『ど・みそ』店主・宮本堅太さんの初コラボ

『ど・みそ』創業者・齋藤賢治さん。大手証券会社からラーメン業界へ転身。独自のス タイルで繁盛店を創り上げた、東京みそラーメン界の立役者。

味噌ラーメンを極める店主たちのラーメンヒストリー

 『じゃぐら高円寺』千代田店主と『ど・みそ』宮本店主は、同業のラーメン店主同士としてだけでなく、家族ぐるみでも仲の良い間柄だという。そんな二人のラーメンヒストリーを、まずは千代田店主から伺った。

「最初は別の業態で、2008年にカラオケボックスからスタートしたんです。もともとラーメン屋の仲間が多かったこともあって、いつかラーメン屋をやりたいと思っていたところに機会をいただいて 2013年に『じゃぐら高円寺』を開店しました。他業種からの参入だったので、ちゃんとやらないとラーメン仲間に恥かかしちゃうから、そういうプレッシャーがあって最初はすごく生真面目すぎるぐらいにやってましたね」と千代田さん。ラーメン屋仲間からアドバイスをもらったり助けられながら、豚骨味噌ラーメンを看板に人気店へと成長していった。

『じゃぐら高円寺』。高円寺の商店街に店を構え、地元の人に愛されるラーメン店

看板メニュー「豚骨みそラーメン」。豚のゲンコツや鶏のモミジなどを10時間炊いたスープに、4種の味噌を合わせて濃厚とろとろ

 ラーメン店を含めて4店舗を経営する千代田さんだが、どの業界よりもラーメン業界はパワフルだと語る。

「ラーメン業界の人って、他の業界の人は勝てないんじゃないかっていうくらい体力ありますね。特に、ど・みそ軍団とイベントで一緒になると、齋藤さんも堅太もみんなイベントが終わっても、寝ずに朝まで飲んで、朝からまたイベントでラーメンを何百杯も作るんですよ。仲間思いで結束力があって、すごく元気なんです」

「同じ味噌ラーメン屋として、齋藤さんには常に気にかけてもらってました」と千代田さん

 一方、宮本さんは、以前は輸送警備の仕事をしながら毎日ラーメンを食べ歩き、年間500杯くらいとかなりのラーメンマニアだった。『ど・みそ』が2006年にオープンした頃、すぐに食べに行ったという宮本さん。「ただ、食べた時の印象があまり美味くないなって(笑)。それが1年ぐらいしたらすごくメディアに出るようになって、もう一回食べに行ったら全く違う美味しいラーメンに変わってたんですよ」。それから何度も通うようになった宮本さんは、齋藤さんとも親しくなり、ある時、「ラーメン屋やりたいんですって話したら、『うちに来なよ』って言ってくれたんです」。毎日食べられる味噌ラーメンの味と、楽しそうに仕事をする齋藤さんの姿に魅かれて、2008年から宮本さんのラーメン修業がスタートした。

『東京スタイルみそらーめん ど・みそ 京橋本店』。2022年3月22日、創業店舗をリニューアルして心新たに再出発

看板メニュー「特みそこってりらーめん」。動物魚介のWスープに5種の味噌を使った味噌ダレを合わせた豊潤な香り漂う一杯

 1年で独立するつもりだった宮本さんだが、気づけば十数年が経ち、会社のナンバー2として店のこともほぼ任されるようになっていた。2020年9月16日、齋藤さんの訃報が届く。大切な人を亡くした悲しみのなか、『ど・みそ』は宮本さんへと引き継がれた。

「万が一のことを考えて僕にすべてを託して引き継がれるよう準備していた時も、何言ってるんですか冗談やめてくださいって言って、まさか本当にこんな日が来るとは思ってなかった…。いま、スタッフも安心して運営できていることに感謝しています」

「どんな時も全力でやりなさい」。齋藤さんから受け取った言葉を胸に店を守る宮本さん

開始4分前に味がバシッと決まった奇跡のコラボ「最強コッテリ味噌ラーメン」

 今回の初コラボで、ラーメンWalkerキッチンのために創り上げたのは「最強コッテリ味噌ラーメン」。なんと、開店4分前に完成したという奇跡の一杯だ。「味はほぼできているから、前日の夜にキッチン入りして軽く下ごしらえして、当日の朝に合わせようということになって。そうしたら朝、お互い思ってる感じと違ったんですよ。もうね、それぞれ無敵の存在感。それが開始4分前に味がバシッと決まって。きっと前もって合わせていたら、この味にならなかったと思います。本当にいい勉強になりました」(千代田さん)。

「特製 最強味噌ラーメン」。豚バラの味噌や背脂が混ざることでパンチのある味わいに。特製には鶏チャーシュー、味玉付き

 こちらは、『ど・みそ』の味噌ダレを軸にスープを仕上げ、『じゃぐら』の味噌ダレで味付けた豚バラをトッピングした一杯だ。食べ進めるにつれて豚バラの味噌とバター、ニンニクがスープに溶けていき、どんどんまろやかになる。「ど・みその味噌ラーメンって、背脂がもともと入ってるんですけど、あえて入れずに二層にしたんです」と宮本さん。食べ進めると背脂がとけて、豚バラが混ざり、想像以上の最強コッテリとなった。

「齋藤さん、入りますー」とキッチンに飛び交う限定ラーメンで、みんなに齋藤さんを思い出してほしい

 同じ時期、YouTubeチャンネルのコラボ企画で齋藤さんに捧げる一杯「齋藤フェニックス」を発表していた。『ど・みそ』の「みそオロチョンらーめん」と『じゃぐら』の「ファイヤージャグラ」を融合させたこのラーメンは、「齋藤さんに蘇ってほしいという思いを込めてフェニックスとつけました。せっかくキッチンに出るなら、齋藤フェニックスもここでお披露目したいとお話したところ、ラーメンWalkerも快く承知してくれて感謝しています。コロナ禍でお別れ会もできなくて、僕らも前を向いていかないといけないっていう、いいタイミングでした」と千代田さん。

「齋藤フェニックス」。『ど・みそ』の鶏白湯×『じゃぐら』のタレと、他にも2店の持ち味が様々な表情を見せる楽しい一杯

「食券にも“齋藤さん”って書いてあって、注文が入る度にみんなが齋藤さん、齋藤さんって言うから、二人で話してたんですけど、齋藤さんもみんなに思い出してもらって喜んでるんじゃないかなと。『齋藤さん、入りますー』って、これだけ言われたらね(笑)」(宮本さん)

 『ど・みそ』の鶏白湯スープに『じゃぐら』の辛味噌を合わせて、チャーシューはど・みそ、味噌ダレはじゃぐら3種類、ど・みそ5種類の計8種類で構成。最初は辛味スープを味わい、肉味噌を溶かして旨味に変わっていく味を楽しみ、丼底に隠れている炙りチーズライス、さらにカレーも仕込んであるという楽しさや驚きのある一杯だ。客席から「うわぁ!」と驚く様子を何度も目にした。

「齋藤さんって、こういう楽しいのが好きな人なんですよ。美味しいのは当たり前なんで、そこに楽しさもある一杯にしようと。皆さんが驚いて楽しんでくれる顔、それが僕らも見たいんです」(千代田さん)

両手にテボを持ち、フェニックス麺上げ! お客様に楽しんでもらう演出も

 初コラボながら二人のあふれるパワーに圧倒されっぱなしの1週間だった。なぜ、これほどまでに妥協せず、全力で臨むのか。千代田さんに伺うと、「全国のラーメン仲間がラーメンWalkerキッチンに出たいって思ってくれるように、僕らが元気に、それも楽しんでやる義務があるから」。宮本さんも、「中途半端なものを出してしまうと、次に繋がんなくなってしまうんですね。食べに来てくださったお客様にも申し訳ない。ラーメン業界を背負って出店してるぐらいの気持ちでやってます」と真剣そのもの。

 妥協せず、齋藤さんの大好きな楽しい美味しいラーメンを、故人に贈ることができたという両店主。梅雨の気持ちが落ち込む時期に、ラーメンWalkerキッチンをパワフルな楽しい美味しいラーメンで盛り上げてくれた二人を、齋藤さんも笑顔で見守っているだろう。

これからのラーメン業界を盛り上げていく二人をよろしくお願いします!

じゃぐら 高円寺
東京都杉並区高円寺南2-21-7 千代田ビル
月~木11時30分~16時/18時~21時30分 金11時30分~16時/18時~24時 土・日・祝11時30分~20時30分
不定休
https://twitter.com/jagurakoenji/

東京スタイルみそらーめん ど・みそ 京橋本店
東京都中央区京橋3-4-3 千成ビル1F
月~金 11時~22時30分 土・日・祝11時~21時
無休
https://twitter.com/domiso_official

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止策により、営業日・営業時間・営業形態などが変更になる場合があります。臨時休業など、詳しくはお店の公式ツイッターをご確認ください。

ラーメンWalkerキッチン
埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3-205
04-2968-7786
JR武蔵野線「東所沢」駅徒歩10分
https://ramen.walkerplus.com/kitchen/

ラーメンレビュー一覧へ