• TOP
    >
  • ニュース
    >
  • 百麺人とガチの読者投票で全国の旨い店を決定!『ラーメンWalkerグランプリ2019』結果発表!≪岐阜編≫

百麺人とガチの読者投票で全国の旨い店を決定!『ラーメンWalkerグランプリ2019』結果発表!≪岐阜編≫

2019年12月27日 18:15更新

ラーメンWalker読者・WEBユーザー、そして「百麺人」と呼ばれる本企画のために結成されたラーメンのプロ集団によるガチの投票で日本一のラーメン店を決定!

全国の旨い店を決定する「ラーメンWalkerグランプリ2019」結果発表!

投票期間:2018年9月18日~2019年5月31日。2018年12月31日までにオープンした店舗が対象です。

【北海道・東北・関東】
北海道 宮城 山形 福島 新潟 東京 神奈川 千葉 埼玉 茨城 栃木

【東海・関西・九州】
愛知 三重 岐阜 大阪 兵庫 京都 福岡 熊本 大分 佐賀 長崎 宮崎 鹿児島

岐阜

《総合部門》

1位:岐阜市『ラーメン イロドリ』



百麺人からのレコメンド:

奥美濃古地鶏や鶏節、煮干しなどを用いたスープは、部位ごとに炊く時間を変え、それぞれのよさを出していて美味!(はんつ遠藤)

地鶏を使った鶏白湯をベースにしつつ、魚介系の旨味もプラス。そこに鶏節を加え、ここにしかない奥行きある味わいに(山本剛志)

 

2位:羽島郡『ニボチャチャ!!ラーメン あらき軒』



百麺人からのレコメンド:

力強い煮干しのスープに背脂と言う燕三条系のラーメンが岐阜にも。自家製麺のモチッとした太麺がとてもよく合う。(小林孝充)

ラーメンの味は言わずもがなですが、店内の煮干しのオブジェやイラストなど、店主のセンスが随所に光っています。(ラーメンWalker編集部)

 

3位:瑞穂市『麺切り 白流』



百麺人からのレコメンド:

焼干しを加えた醤油そばは、多加水平打ち太縮れ麺。中華そばは、低加水細ストレート麺と対照的な2つのメニューが魅力(山本剛志)

日替わりで自家製の焼き干しスープを楽しめる画期的なスタイルで、今日は何のダシ?というワクワク感が味わえます!(ゆうき)

 

4位:岐阜市『らぁめん りきどう』

5位:岐阜市『麺坊 ひかり』

6位:各務原市『らーめん Nageyari』

7位:多治見市『信濃屋』

8位:岐阜市『丸デブ 総本店』

9位:本巣市『ぶっと麺 しゃにむに』

10位:羽島郡『焼豚ラーメン 三條』

《新店部門》

1位:瑞穂市『麺切り 白流』



百麺人からのレコメンド:

日替わりの焼干しベースのスープに自家製平打ち太縮れ麺を合わせた『醤油そば』は、既に名店と呼べるほど完成度が高い。(山本剛志)

2位:岐阜市『家系ラーメン 稲葉家』



百麺人からのレコメンド:

東海エリア初登場の王道家系グループのお店!クドそうだなと思っている人は食べたら価値観が変わります!(ゆうき)

3位:本巣郡『Hino担担麺【kokuu】



百麺人からのレコメンド:

本巣市にある『胡食』の姉妹店!しっかりとゴマを感じる担々麺は辛さが6段階から選べ、刺激を求める女性に特に人気(ゆうき)


最新の記事

ラーメンWalker東京2020